壁に生えたカビも重曹で落とせる!?重曹でカビを取る方法

知らない間に壁にカビが生えていた。しかし、家には小さい子供がいるのでなるべくなら市販の塩素系のカビ取り剤を使いたくない...そんな経験を持つ方は多いかも知れません。

お風呂場だったらカビキラーをシュッとひと噴きで済みますが、室内だとそうはいきませんよね?

漂白剤は正しく使わないと危険な薬品。お子さまがまだ小さいうちや、ペットを飼われている方はなおさらです。そこで安心安全なナチュラル洗剤として知られている重曹を使って、壁に生えたカビを除去することができるのか解説していきます。

1.重曹のカビ取り効果

1-1.重曹とは

重曹とは正式名称が炭酸水素ナトリウムと呼ばれるものです。使用用途はさまざまで、料理、掃除、他には入浴剤や歯みがきにも。そしてお掃除に安心して使える、エコ洗剤としても注目されています。

そんな重曹の特徴は以下の通りです。

  • 安心・安全で環境にもやさしい
  • ごく弱いアルカリ性でタンパク質を緩める効果がある
  • 軽い研磨作用がある
  • 酸性のニオイを消臭する

1-2.カビ取りにはお掃除用の重曹を使おう

重曹には、薬用、食品用、掃除用の3種類あり、どれも基本的に成分は同じものになります。ただ気を付けるポイントとして、掃除用の重曹を掃除以外の用途では使わないことです。

口に入れる薬用・食用の重曹と、掃除用の重曹は品質管理基準が違うというのは想像に難くないと思われます。逆に薬用・食品用の重曹を掃除に使用する場合は問題ありません。

1-3.重曹には漂白効果はないが研磨作用はある

カビの細胞はタンパク質、脂質、糖質、酢酸などの化合物が集まって成り立っています。重曹にはカビの漂白効果はありませんが、弱アルカリ性によってタンパク質を緩め、カビの働きを弱めてくれます。さらに、重曹には研磨作用があり、壁についたカビをこすり落とす際にも役立ちます。

2.重曹を使って壁に生えたカビを落とす方法

2-1.準備するもの

重曹でカビ取りをする際に準備するものは以下の通りです。

  • 重曹(お掃除用)
  • ふきんorタオル(スポンジでもOK)
  • マスクとゴム手袋
  • (あればスプレーボトル容器)
  • 仕上げ用の消毒用エタノール

カビが酷いようであれば、水の代わりにお酢を使ったり、重曹でパックするためにラップを使います。

2-2.重曹を使ったカビ取りの手順

①重曹水をつくる

重曹で壁のカビを落とすには、まず重曹:水=1:2の重曹スプレーを用意しましょう。カビ汚れが強い場合、この段階で重曹+酢でスプレーをつくるとより効果的です。

②重曹水を布に染み込ませて壁に塗布する

次に重曹水もしくは重曹+酢混合液をしっかりとタオルに含ませ、カビの生えた壁に塗りながらこすりましょう。細かい部分に届かない場合、使わなくなった歯ブラシでこするのが有効です。

③頑固なカビには重曹ペーストでパック

それでも落ちない、汚れが強い部分には重曹ペースト(重曹:水=3:1)を散布し、ラップで覆って30分〜1時間まちましょう。

ラップが壁にくっつかない場合は、粘着力の弱いマスキングテープで四方をとめると落ちません。その後再度タオルや歯ブラシでこすり、残った汚れをとります。

④消毒用エタノールで仕上げ

そして最後に重要なことが、仕上げです。エタノールスプレーで仕上げ拭きすることを忘れないようにしましょう。そのときは消毒用エタノール(濃度80%)を使います。無水エタノール(濃度100%)の方が消毒効果が高いように思えますが、これは間違いで、70〜80%の濃度が1番消毒効果を高めてくれます。これをしないと再度カビが発生する危険性がでてくるので、しっかりとおこないましょう。

2-3.重曹を使ってもカビが落ちない場合は?

重曹を使っての掃除でカビが落とせない場合、塩素系の除菌漂白剤(カビ取り剤)で落とす方法があります。

カビ取り剤はカビ汚れに対し最も効果的な方法ではあるのですが、強力なアルカリ性を持つ危険な薬品であることは忘れてはいけません。また酸性タイプの洗剤と混ざると有毒な塩素ガスが発生します。壁面自体へのダメージも大きいのであくまで最終手段としましょう。

なお、塩素系漂白剤を使用する際は、小さなお子さまやペットがいない環境で、防護メガネ、防護マスク、手袋を着用して作業を行うようにしてください。

軽い壁のカビは重曹水、少し頑固なカビは重曹酢。それでも落ちない場合は塩素系のカビ取り剤も検討しましょう。ただし、塩素系のカビ取り剤は柄のある壁紙や色のついた壁紙に使うと変色の恐れもあります。ラベルをよく確認して、チェックしてから目立たないところで試してみて使いましょう。

3.重曹と組み合わせると効果がアップするもの

3-1.重曹+水

重曹は粉のまま使ってもシンクの汚れや食器のこびりつきを落とすのに効果がありますが、壁に使うときは水と組み合わせて、重曹スプレー、重曹ペーストを作るとなお良しです。

重曹スプレーは重曹:水=1:2、重曹ペーストは重曹:水=3:1で作りましょう。

(重曹をスプーンでよく混ぜて水に溶かしましょう)

3-2. 重曹+酢

重曹と酢を合わせると化学反応によって発泡します。その泡が壁の細部まで浸透することで、汚れを浮き上がらせることができます。重曹:酢=2:1の割合で混ぜましょう。

↑こんな感じで重曹と泡を混ぜると、泡が発生します。

4.重曹でカビを落とす際の注意点

4-1.重曹はどんな壁に使っても大丈夫なの?

比較的お手入れのしやすいビニールクロス、織物壁紙の場合は上記の方法でお掃除することができます。ただ、はじめは目立たない部分でシミにならないか確認した方がよいでしょう。

紙の壁紙、木製壁、珪藻土壁紙(ぬり壁)の場合は、基本的に水拭きをするとシミのもとになってしまいます。また紙、珪藻土壁は摩擦にも弱く、お掃除ではがれてしまう場合もあるので、これらの壁の場合は一度専門業者に聞いてみる方がよいでしょう。

カビ取りの専門業者

4-2.広範囲にカビが広がっている場合

壁に生えたカビは、重曹を使った掃除でも除去することができます。ただし、目視でカビが見えるようになってからしばらく時間が経っている場合や、広範囲にカビが発生している場合は、カビが壁にしっかりと根を張って落としにくくなっている可能性があります。

その場合はより強力な漂白剤(カビ取り剤)の使用や、カビの専門業者に依頼するといった方法を考えてみるのがよいでしょう。

4-3.重曹を入れるボトルを工夫して使い勝手とオシャレ度をUP

重曹は、今回ご紹介した壁紙のカビだけでなく、床の掃除や焦げ落とし、キッチンのお掃除、衣類や靴消臭にも使えます。

ドラッグストアなどで売っている市販の重曹は袋に入っていることが多いですが、家中のお掃除で使うのでしたら、ボトルに詰め替えた方が使い勝手が格段に上がります。写真にあるような100均の洗濯洗剤用ボトルに詰め替えると、フタをさっと開けて、サラサラと重曹をかけて使うこともできますし、予め重曹水を作ってスプレーボトルに入れておけば、床や机、コンロ周りにシュッとしてお掃除に使えます。

(ちなみにスプレーボトルは3coinsで購入しました)

重曹を日ごろのお掃除にも活用して、カビを生やさないよう清潔に保ちましょう。

5.壁のカビ再発を防ぐために

重曹でカビをしっかりと落とすことができても、カビにとって生息しやすい環境であれば再発する恐れがあります。そのためにできることは壁の湿気対策と、除菌です。例えば以下のことを意識して、カビの発生を防ぎましょう。

  • 壁の結露はこまめに拭きとる
  • 窓を開けるなど換気をこまめに行う
  • 寝具や家具を壁にびっしりと付けて置かない
  • 手垢やホコリなど汚れはこまめにとり除く
  • 漏水や水漏れがある場合は早めに修理する
  • 定期的に消毒用エタノールで除菌する

また、以下のことを徹底しているのにカビが再発するようでしたら、カビが菌糸を奥深くに伸ばして表面だけのカビ取りでは解決しない場合があります。再発を繰り返す場合には、カビ取り業者に相談して、根本的なカビの処理をお願いしましょう。

まとめ

壁にカビが生えていた場合、軽度のカビや色素の沈着していない上程であれば重曹を使ってカビを落とすことができます。また、重曹でカビを落とすことのできる大きな理由はその研磨効果によるもので、殺菌効果はさほど高くはありません。

そのため、軽度のカビであれば重曹を使って落とすことができますが、菌糸を深く伸ばしている場合などには再発するため、塩素系のカビ取り剤を使うかカビ取りの業者に依頼しましょう。

カビを除去できたあとは、カビが再度生えないよう換気をこまめにするなど、湿度管理をおこない、カビから大切な住環境を守りましょう。