壁紙を変えただけではカビの再発リスクが高い!

壁にカビが生えるとさまざまな健康被害を引き起こすことにつながります。ですので、カビが生えてしまったら早急に除去する必要がありますが、壁紙を張り替えただけでは再発してしまうことも。その原因と再発予防のためにできることをまとめました。

1.壁紙のカビは要注意

壁紙は室内でカビが発生しやすい場所の一つです。室内に生えたカビは健康に悪影響を及ぼすため、発見したら早急に対策を取ることが重要です。

カビ取りのプロに相談

1-1.壁紙にカビが生えやすい理由

壁際は室内の温度と外気温との温度差によって結露が生じやすい場所となっています。

また、風通しが悪くなると室内の湿気が溜まってしまい、カビが発生しやすくなります。特に部屋の四隅には湿気が集まりやすいので、カビの発生率が高くなります。暖房をよくかけるリビングや寝室、留守がちで昼間換気ができない部屋などは、カビが生える可能性が高いといえます。

皆さんのおうちにも、換気がおろそかになっているカビ予備軍の部屋はありませんか?

1-2.見えないけれどカビはとても恐ろしい

室内のカビは住む人の健康被害につながります。喘息やアレルギー、場合によっては肺炎などの症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。

「夜になると急に咳が出る、寝る前に鼻がムズムズする」という場合には、カビによる健康被害かもしれません。

2.壁紙に生えたカビを除去するには?

壁紙に生えたカビを除去するには、カビの程度に合わせた方法を用いる必要があります。

2-1.軽いカビなら拭き取るだけでOK

壁紙のごく一部にうっすらとカビが生えているだけなら、消毒用エタノールなどをスプレーして拭き取ってしまえばOKです。早めの対処なら、これで済みます。

created by Rinker
健栄製薬
¥820 (2019/01/21 12:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

消毒用エタノールの良いところは壁の色を脱色しない点です。エタノールの効果を失わないように「乾いた布」で拭きとるようにしましょう。

なお、市販のカビ取り剤は基本的に壁紙には使えないので注意しましょう。使用してしまうと、壁紙が退色・変色する恐れがあります。万一使用可能な場合でも注意書きをよく読み、見えないところでテストしてから使用するようにして下さい。

2-2.カビが広範囲に及んでいる場合は壁紙を張り替える

カビ菌の菌糸は目に見えず、深く根を張る性質があるため、黒い点々がすでに広範囲に出ている場合は、かなりカビが広がってしまっている可能性が高いといえます。このような場合は、壁紙の張り替えを行いましょう。

自分で行う方法もありますが、業者に委託して壁のカビを根こそぎ除去してもらう方が良いかもしれません。

カビ取りのプロに相談

3.壁紙を変えただけでは安心できない

カビが生えた壁紙を張り替えても、まだすぐカビが生えてしまうことは少なくありません。それは次のような2つの理由があるからです。

3-1.カビは思っているより根深い

カビは根を張る性質を持っており、見えない部分にまで広がっていることも少なくありません。壁紙を取り替える必要があるほどカビが広範囲にわたってしまっている場合、壁のコンクリートや石膏ボード・合板ボードなどまで浸透してしまっていることもあります。そうなってしまうと、壁紙を取り替えてもカビが再発する可能性があります。

3-2.環境を変えなければ再発する

新しい壁紙にしても、カビが生えやすい環境そのものを改善しなければ、またすぐカビが生えてしまいます。部屋の湿度や換気をきちんとカビが生えないようにコントロールすることが重要です。

4.カビの再発防止のためにやるべきことは?

せっかく壁紙を取り替えるなら、カビが再発しないようにしたいものです。カビの再発を防ぐ方法としては、次のようなものがあります。

4-1.壁紙は広い範囲で交換する

カビは見えている部分だけでなく、見えない部分にも菌糸を伸ばして広がっています。ですから、壁紙を張り替えるなら、カビが生えている(見えている)範囲だけではなく、できるだけ広い範囲で取り替えるようにしましょう。

4-2.壁のクリーニングをしてから新しい壁紙を貼る

カビの菌糸が壁に残っていると、壁紙を張り替えても新しい壁紙に菌糸が伸び、ほどなくカビが発生してしまいます。ですから、新しい壁紙を貼る前に、壁そのもののクリーニングをしっかり行ってください。古い壁紙をはがしたら、壁を消毒用エタノールできれいに拭き取り、風通しを良くしてしっかり乾燥させ、その後に新しい壁紙を貼るようにします。

created by Rinker
健栄製薬
¥820 (2019/01/21 12:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

4-3.天井もきれいにする

カビの胞子が部屋の中の気流に乗って天井にも広がっていることがあります。壁紙を張り替える際は、付近の天井もしっかりクリーニングしておきましょう。

4-4.新しい壁紙に防カビ処理をする

新しい壁紙にカビが再発しないよう防カビ処理を施すことも効果的です。壁紙にも使える防カビコーティング材が市販されています。

また、壁紙自体に調湿機能がありカビや結露を防止してくれる壁紙もあります。張り替えるなら、こうした壁紙を選ぶのもよい方法です。

4-5.カビが生えやすい環境を改善する

カビの予防には、カビが生えないような環境づくりも重要です。一般的に、20〜30度の気温で湿度60%以上になるとカビが発生するといわれていますから、室内の温度・湿度を管理することがカビ予防にとっては非常に重要となります。

気をつけたいのは、同じ室内でも場所によって湿度が変わってくるということです。壁際や窓際、カーテンがある場所や四隅などは部屋の中でも湿度が高くなりやすい場所です。

こうしたところは特に結露や換気に気を払い、除湿器を置くなどして意識的に湿気を取り除くことが大事です。また。

部屋のホコリにはカビ菌が繁殖しやすいので、室内はこまめに掃除しましょう。

5.まとめ

壁に生えたカビに対し、壁紙を張り替えただけではカビ再発のリスクも。カビの程度がひどい場合は、壁そのもののクリーニングや室内環境の改善など、さまざま防カビ対策をしっかり行うようにしましょう。

こまめな清掃や換気をしつつも、壁そのもののクリーニングを行って根本的にカビを除去したい場合にはカビ取り専門の業者に相談するという方法もおすすめです。

関連記事

  1. トイレの壁にカビが生えた…その原因とは

  2. 天井のカビを放置すると危険!除去と予防法について解説

  3. 書籍に生えたカビを除去し、再発を防ぐ方法

  4. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

  5. 壁紙に生えたカビの除去方法・再発防止法

  6. 地下室にカビが生えやすい原因とは?対処・予防法を解説

  1. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

    2019.01.19

  2. ゴキブリの種類と退治する方法とは?!

    2019.01.12

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅…

    2019.01.12

  4. 家庭内で発症するカビアレルギー!予防のための5つの方法!

    2018.12.29

  5. カビを生えにくくするための整理収納法

    2018.12.23

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ