ティーシャツのカビにカビキラーや塩素系漂白剤を使っても良い?

ティーシャツにカビが生えてしまったときにカビキラーやキッチンハイターなどの塩素系漂白剤を使用しても良いのか迷った経験はありませんか?

今回はティーシャツにカビが生えた場合に塩素系漂白剤を使用しても良いのか?という疑問やティーシャツにカビが発生する原因や対処法から予防方法までをご紹介していきます。

ティーシャツにカビが発生する原因とは?

カビが発生する条件は、温度20℃~30℃、湿度60%以上の環境で栄養源となるホコリや皮脂、汗、アカなどがあると大量発生します。

ティーシャツにカビが発生すると、見た目が悪いだけでなくティーシャツの生地を劣化させたり、カビが生えたまま着用しているとアレルギーなど健康に影響を及ぼす恐れがあります。

ティーシャツは着用すると汗や皮脂が付着

そのまま放置してしまうとカビが発生する原因となりますので着用したあとはすぐに洗濯をして干して乾かしましょう。

また、服にカビが発生する原因というと見落としがちなのが洗濯機本体のカビです。

洗濯機を使用したあとにふたを閉めたままにしたり、洗濯が終わってもすぐに洗濯物を取り出さずにいたり、洗濯機を脱いだ服を入れるカゴ代わりにしていたり、糸くずのフィルターにゴミをためていると洗濯槽にカビが発生することがあります。

カビが生えた洗濯機で洗濯すると服にカビの菌を付着させることになってしまいます。

■関連記事■洗濯槽の黒カビを防ぐには?

ティーシャツを保管する際にも注意が必要です。

クローゼットやタンスは閉め切っていると湿気がこもりカビの原因となります。

さらにデンプン糊をつけて長い間しまっておいてもカビが発生します。

新品のティーシャツをそのままクローゼットやタンスで長期保管する際には注意が必要です。

■関連記事■クローゼットのカビ取り術

漂白剤の種類と用途

漂白剤には塩素系漂白剤と酸素系漂白剤があります。

カビキラーやキッチンハイターは塩素系漂白剤です。

ワイドハイターやオキシクリーンは酸素系漂白剤です。

白い衣類やピンポイントでのカビ取りには塩素系漂白剤を使用しましょう。

■関連記事■カビキラーとカビハイターの違いって?!

しかし、塩素系漂白剤は漂白力が強いので、素材を傷めてしまうことがあります。

色柄物の衣類や服全体を漂白したいときには繊維を傷めにくい酸素系漂白剤を使用します。

■関連記事■酸素系漂白剤を使うときに注意点

漂白剤は漂白したいときにだけ使用するようにしましょう。

ティーシャツのカビにカビキラーは使用できる!ただし条件あり!

ティーシャツのカビにカビキラーは使用できますが、色柄のない白いティーシャツのみで使えるのは木綿や麻、ポリエステル、アクリル、レーヨンに限ります

白色の服でも蛍光剤が使用されている場合には、カビキラーを使用することで黄色く変色することがあるので、カビが発生している箇所にだけカビキラーを使用するようにしてください。

心配な場合には、カビキラーを水で10倍に薄めた液をティーシャツの目立たない場所につけ、5分ほど放置して変色するものには使用しないようにしましょう。

ティーシャツに生えたカビの落とし方

その1:白いティーシャツの場合

用意するもの

  • カビキラー
  • 綿棒
  • 白いタオルまたはペーパータオル
  • ゴム手袋
  • マスク
  • ぬるま湯
  • バケツや洗面器など

①ゴム手袋をして、汚れの裏側にタオルを敷きます。

②綿棒にカビキラーをつけて、汚れの部分に塗り、10分放置します。

③カビが取れたら、ぬるま湯でカビキラーを洗い流し、洗濯機で普通に洗い仕上げます。

※注意点※

最初に目立たない場所につけてテストをすると安心です。

必ず換気をしながら作業してください。

カビキラーは他の洗剤と混ざると有毒なガスが発生しますので絶対に混ぜないでください。

その2:の他のティーシャツの場合(ウールや絹以外)

用意するもの

  • 酸素系漂白剤(ワイドハイターやオキシクリーンなど)
  • ぬるま湯
  • バケツや洗面器など

40℃くらいのお湯に酸素系漂白剤をよく溶かします。

②カビが生えた服を浸け込みます。

③30分程度放置したあと通常の洗濯をして完了です。

※注意点※

必ず換気をしながら作業してください。

ウールや絹などタンパク質の繊維や木製ボタンなど自然素材の飾りがついた衣類には使用できませんので外せるものは外すなど注意してください。

カビの程度によって放置時間を調整してください。

ティーシャツの頑固なカビや汚れはつけおきを

服のカビや黄ばみ、黒ずみなどが洗濯してもくり返してしまうときには、粉末の洗濯洗剤と粉末の漂白剤が効果的です。

固形石けんは、ウタマロ石鹼などがおすすめです。

created by Rinker
ウタマロ
¥940 (2021/04/21 11:54:07時点 Amazon調べ-詳細)

用意するもの

  • 粉末の洗濯洗剤
  • 粉末の酸素系漂白剤
  • 固形石けん
  • 歯ブラシ
  • ぬるま湯
  • バケツや洗面器など

①汚れが気になる部分を濡らし、固形石けんをこすりつけます。

②歯ブラシを使用して汚れをこすり、汚れが薄くなってきたらすすぎます。

③ぬるま湯に粉末の洗濯洗剤と粉末の酸素系漂白剤を溶かし、服をつけ置き洗いします。

つけ置きする時間は1時間を目安に汚れ具合をチェックして適宜調節してください。

④汚れが落ちたら通常の洗濯をして乾かして完了です。

※注意点※

ぬるま湯を使用する際に、白い服は約40℃くらい、色物は約30℃くらいにしてください。

服の洗濯にお風呂の残り湯を使用していませんか?

お風呂の残り湯を捨ててしまうのがもったいなくて洗濯に使用しているというご家庭も多いのではないでしょうか?

しかし、お風呂の残り湯には、体の汚れであるたんぱく質が混ざっています。

そのお湯で洗濯すると、服にたんぱく質が付着し汚れをつけてしまうのです。

お風呂の残り湯使用OKという洗剤もありますが、服をきれいにするためには残り湯を使うことはあまりおすすめできません。

しかし、お湯と洗剤が合わさると汚れが落ちやすくなるので残り湯を使用する場合には、すすぎのときだけはきれいな水を使用するようにしましょう。

カビは目に見えないうちから対処を

カビは5マイクロメートル(0.005ミリメートル)という小さい胞子を作り、繁殖する場所を求めて空中をさまよい落下します。

そのときに水滴や水分を含んだものがあるとそのまわりに付着し、目に見えるカビへと成長していくのです。

一度黒カビとなって成長するとティーシャツの場合には取り除くのが難しいため、目に見えないうちからの対処がとても大切です。

■関連記事■カビは見えないところでも生えている?!

ティーシャツのカビ予防方法

1、高温多湿を避ける。

クローゼットやタンスは湿気がこもりやすく、高温多湿はカビにとって居心地の良い環境なのです。

ときどきクローゼットやタンスを開放して空気を入れ換えたり、除湿剤を使用しましょう。

除湿剤は大容量タイプやコンパクトタイプ、シートタイプ、吊り下げタイプなどがあるので、場所に合ったものを選びましょう。

2、ティーシャツの素材によって収納場所を変えましょう。

湿気は上から下にこもっていきます。

湿気に強く、洗濯しやすい綿や麻の素材の服をタンスや収納の下段に収納すると良いでしょう。

3、洗濯した服と汚れた服を一緒に収納しないようにしましょう。

汚れた服はカビや湿気、虫などを持ち込むことがあるため、洗濯した服と汚れた服を一緒に保管しないようにしましょう。

ティーシャツのカビを防ぐ工夫

カビが発生する条件は20℃以上の温度、湿度60%以上、栄養分となる汚れでしたね。

このどれかひとつを断つことでカビの発生のリスクを減らすことができます。

湿度と栄養分を与えないようにするのは工夫することで簡単にできます。

服を洗濯したらすぐに干してなるべく速く乾かすようにしましょう。

速く乾かすことで雑菌が繁殖するのをおさえることができます。

部屋干しをする際には、扇風機やエアコンのドライ機能、除湿機も上手く活用しましょう。

洗濯物同士が密着しないように間をあけて干すのも乾くスピードアップにつながります。

梅雨の時期など湿気の多い時期には、コインランドリーの乾燥機を使用するのもおすすめです。

コインランドリーの乾燥機は、80℃以上の高温で乾かすので菌を死滅させられます。

洗濯機の掃除方法

ティーシャツにカビが発生する原因のひとつが洗濯槽のカビです。

きちんと洗濯もしているのにティーシャツにカビが生えてしまうという場合には洗濯槽のカビを疑ってみましょう。

用意するもの

  • お湯(40℃~50℃くらい)
  • 粉末タイプの酸素系漂白剤
  • 網またはストッキングと針金ハンガーで代用もできます。
  • 歯ブラシ

①洗濯機の満タンの水位までお湯(50℃くらい)を入れます。

②5分程度洗濯機を回して一時停止します。

酸素系漂白剤を500グラム~600グラムくらいお湯の中に入れます。

④洗いモードで一番長い時間を設定し、10~15分くらい洗濯機を回し、排水する前に一時停止します。

⑤そのまま2時間つけ置きし、汚れがひどい場合には5時間程度放置します。

⑥その後、洗濯槽のまわりの汚れを歯ブラシでこすり取り、浮いている黒いカスを網ですくいます。

⑦排水するまで洗濯機を回し、さらに水を入れ換えて排水まで回します。

※注意点※

お湯を使用するのでやけどに注意しましょう。

部屋の換気をしながら作業をしてください。洗濯機の掃除後は、フタを開けて中を乾燥させましょう。

ティーシャツのカビはクリーニング店に依頼しましょう。

ティーシャツにカビが広範囲についている場合には、技術の確かなクリーニング店に依頼しましょう。

また、クリーニング店によっては、防カビ加工を実施している店舗もあります。

ご家庭でできるカビ防止対策と併せておこなうとより効果的です。

まとめ

・ティーシャツにカビが生えるのは湿気と汗や皮脂などの栄養分となる汚れが原因です。

・ティーシャツにカビキラーが使用できるのは白物のみで条件があります。

・ティーシャツに黒カビが生えると対処が難しいので発生する前に予防しましょう。

・洗濯をしてカビ予防しているのにカビが生える場合には洗濯槽をチェック!

・自力で落とせない場合にはクリーニング店への依頼も検討しましょう。

<参考文献>

・松本忠男『カビ・ホコリ・菌を撃退!家の「正しい」掃除ワザ』2019年、宝島社

・中村祐一『おうちで簡単洗濯上手』2010年、大泉書店

・三田村美保『お気に入りを長く着る衣類のお手入れ洗濯・しみ抜き・つくろい・しまい方』2016年、NHK出版

・本橋ひろえ『ナチュラル洗剤で安心・ラクチンおそうじ虎の巻』2016年、ディスカバー

・幕内和博『今すぐ役立つ!「洗い方・乾かし方」の早引き便利帳』2012年、泰文堂

・池田豊『洗濯・衣類のきほん』2007年、池田書店

【ひどいカビにお悩みの方へ】

  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない

このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!

安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

カビ取りのプロに相談

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→

 

【参考】東京都福祉保健局「食品衛生の窓」

【参考】文部科学省「カビとは」