家中カビだらけになった場合、どこから手を付けたら良いの?!カビの応急処置方法をカビ取りのプロが伝授

日当たりが悪い部屋があったのですが、放置していたら気が付いたら、壁や天井、家具や押入れの服までも、家の中がカビだらけになっていました。まず、どこから手をつけて良いのか分かりません。何からカビ対策を始めたら良いのでしょうか?

湿気が多い家や、漏水、日当たりの悪さ、また季節などによってあっという間にカビが広がることがあります。特に昨今は気候による影響もあり、雨が多い年や湿度の高い日が続く年など、気が付いたときには家の中がカビだらけで手の付けようがないこともあります。

お風呂や寝室にカビが生えていると、身体も休まりませんよね。また、そのままカビを放置していると、カビがもっと奥まで浸食し、耐久性にも問題が出たり、人体への影響も否めません。

そこで、この記事では”カビだらけになってしまった際にすべきこと”について解説していきます。

  • 気が付いたら家の中にカビが発生していてどこから手を付けて良いのか分からない
  • どんなカビ取り剤を使って良いのか分からない
  • 業者に依頼すべきか、自力でカビ取りすべきか迷っている

このような方に読んでいただきたい記事です。

家の中がカビだらけになった時の対処方法

では家の中がカビだらけになった場合には、ひとまず何をすれば良いのでしょうか。

家の中のカビが広範囲に広がっている場合

先に結論から申し上げますと、カビの規模が1㎡以上に広がっている場合や、天井や壁の高い部分など手の届かない場所にカビが生えている場合には、自力での除去が難しいため、業者へ依頼した方が良いでしょう。

そのままカビを放置すると、さらにカビが家中に広がり取り返しのつかないことになるばかりか、カビによる健康への影響が出る恐れがあります。

また、広範囲にカビが生えている場合、市販のカビ取り剤では除去しきれないケースも多く、また市販のカビ取り剤に長時間触れることで、ケガの恐れなどもあります。

自力でカビ取りをするよりも費用はかかりますが、健康や安全のことを考慮すると範囲が広すぎる場合には、業者へ相談し安全に除カビすることをおすすめします。

可能であれば引っ越しも検討を

カビがそこまで広がっている場合は、業者へ依頼すると共に、可能であれば「引っ越しをする」という選択肢もあります。家中にカビが生え、リフォーム工事なども必要な場合、費用が膨大にかかり引っ越しをした方がトータルで安く済む場合もあるためです。

ライフスタイルの事などもありますので、そう簡単に引っ越し...というのは難しいかも知れませんが、もしものために一応選択肢の1つとして入れておくと良いかも知れません。

【家中がカビだらけになった場合の対処方法】
①広範囲、手の届かない部分にもカビが広がっている場合には業者へ相談しよう
②特に、カビによる健康被害が既に出ている場合は早急に対策しよう
③可能であれば引っ越しも選択肢の1つとして入れておく

しかし、梅雨時期などでカビ取り業者とのアポイントがなかなか取れない場合や予算の関係で、すぐにカビ取り業者を依頼するのが難しい場合もあるかもしれません。

そこで、カビ取り業者が来るまでに今すぐに自分でできるカビの応急処置方法について解説していきます。。

カビが生えた際の対策手順は以下の5つです。

  1. 換気
  2. 不用品の処理
  3. 掃除
  4. 除カビ
  5. 除湿

家のカビを取り除く方法を順番に説明していきます。

業者が来るまでの間おうちで出来るカビ対策

準備

家の中のカビ対策をする際には、まずカビの胞子をたくさん吸い込まないように「マスク」を装着してください。

次に、長袖長ズボンを着用し、できれば目もゴーグルを着用しましょう。目的は「カビをなるべく吸い込んだり目に入れないこと」です。マスクがない場合でも布を覆うなどして、なるべくカビを吸い込まないようにしましょう。

カビ取り剤を使用する際には、ゴム手袋も着用するようにしましょう。

注意:夏の暑い時期は熱中症にも充分気をつけてください。水分補給をしっかりと行って、適度な休憩を取りながら行いましょう

①まずは換気

天気の良い日は、家中のすべての窓を開けて換気を行いましょう。空気の流れを作ることでカビの原因となる湿気を追い出します。雨の日や湿度の高い日は、換気扇を稼働させましょう。カビの生えている部屋に窓や換気扇がない場合は、空気清浄機の稼働も検討してみてください。

※ただし、1部屋だけカビが生えている場合には家中の換気をすることでカビの胞子が広がる可能性もあります。その場合は、カビの生えている部屋のみ空気清浄機やサーキュレーターを使って、これ以上カビが広がらないように対策しましょう。

②不用品の処分

家の中に不要な置物や衣類など、多く置いているとさらにカビ被害が広がります。

カビが家中に生えてしまった場合、物にもカビが生えている可能性があります。必要なものだけ残し、使用しないものや不要なものは、カビ被害がさらに大きくなる前に処分してください。

大切な衣類にカビが生えた場合は、酸素系漂白剤で落としたり専用のクリーニングに出すなどしましょう。着物など高級衣類の場合には、カビ専用のクリーニングサービスなどもあるので、活用しましょう。

■関連記事■衣類にカビが生えらクリーニングで落ちる?

③掃除

不要なものを処分したら、家中の隅々までお掃除します。ホコリや髪の毛などを掃除機で吸い込み、床を拭き掃除します。ただし、床にもカビが生えている場合は、掃除機を使うと胞子が排気から舞うため、消毒用アルコール次亜塩素酸水、希釈した逆性石けん等を雑巾に染み込ませ、拭き掃除します。

また、次の除カビ作業は一部屋ごと行いますので、大きな家具を移動させましょう。

④除カビ

壁や天井のカビ

カビを殺菌していきます。壁の場合は、まず消毒用アルコールを吹きかけてみます。カビの色素が沈着して消毒用アルコールでは除カビできない場合には壁専用のカビ取り剤もしくは次亜塩素酸水、希釈した逆性石けんを塗布してカビ取りしていきます。

■関連記事■壁に生えたカビを自力で除去する方法

天井など高い部分のカビは、カビ取り剤が落下して目に入らないように、ゴーグルを必ず着用しましょう。換気を行った上でカビ取り剤を使用するようにしてください。

また、手の届かない部分は、フローリングワイパーなどを使って液剤を塗布しましょう。

トイレやお風呂など水回り

トイレやお風呂場など、水回りのカビはカビキラーなど市販のカビ取り剤を吹きかけて15分~30分ほど時間を置き、洗い流します。

■関連記事■お風呂のカビ取り方法

同様に、他の部屋のカビも「基本は消毒用アルコール」を吹きかけ、固く絞った雑巾で拭きとり、色素が落ちない場合には「塩素系漂白剤」か「酸素系漂白剤」を塗布し、除カビしていきます。

ただし、壁紙の奥までカビが生えている場合には表面にカビ取り剤を吹きかけても除去できない場合があります。この場合、壁紙や塗装を剥がしてカビ取りをする必要があるため、業者に相談してください。

⑤除湿

全体的にカビ取りが終わったら、カビが再発しないように除湿を行います。

倉庫や靴箱など、密閉できる場所には市販の「除湿剤」を置いてこまめに湿気を取り除きますが、部屋全体の場合は除湿機など機械に頼りましょう。

除湿機をすぐに準備できない場合は、エアコンの除湿機能を稼働させて、湿気を取り除きます。特に雨や曇りの日など湿気が多い日にはこまめに除湿を行ってください。

業者と同レベルの液剤を使用する

業者が来るまでの応急処置として、業者レベルの液剤を使って、見える範囲だけでも除カビするという方法もあります。カビ取りマイスターキットは、業者レベルの液剤を家庭用にセット化したものです。

刷毛やカップもセットで付いておりますので、すぐにカビ取りしたい方におすすめです。

カビを防ぐ生活のコツ

以上、応急処置として、家の中のカビを抑えるコツを解説していきましたが、最も大事なことはカビを防ぐために生活スタイルに変えるということです。

立地や日当たりなどは簡単に変えられませんが、住んでいる人の工夫で少しでもカビの発生を防ぐことは可能です。

カビを防ぐためのポイント

  1. 1日に2回以上は全ての窓を開けて換気を行う
  2. 濡れた靴や衣類は必ず乾かしてから収納する
  3. 不要なものを買わない癖をつける(もしくは新しく購入したら、使わないものを処分するなど)
  4. クローゼットや押入れは開放して換気する
  5. 衣類は定期的に収納場所から出し、収納庫のお掃除をする
  6. トイレやお風呂は24時間換気を行う
  7. 寝具を使用した後は、干したり立てかけるなどして湿気を取り除く
  8. 床にモノを置かない
  9. 窓際の結露はこまめに拭きとる
  10. カーテンも定期的に洗濯する

など、普段からできることはあります。毎日は難しくでもお休みの日や季節ごとに行うようにして、脱カビ生活を心がけましょう。

家中がカビだらけになりやすい家の特徴

最後に、家の中がカビだらけになりやすい家はどんな特徴があるのでしょうか。現在、まだそこまでカビが広がっていない場合でも、以下の内容に該当する場合は、これからカビが家中に広がってしまう可能性もあります。

当てはまることがないか、チェックしてみてください。

①日当たりが悪く湿気がたまりやすい

日当たりが悪い家は、乾燥しにくく湿気が溜まるためカビが発生しやすくなります。同じ家の中でも、北側の部屋など日当たりの悪い部屋にカビが生えてしまうことはよくありますよね。それだけ、湿気とカビは密接に関係しているということなのです。

また、湿地帯や河川の近くで、湿気が上がりやすい家もカビが発生しやすくなります。3階以下の低層階も同様の理由でカビリスクは高まります。

②物が多い

物が多い家はどうしてカビが生えやすくなるかというと、家全体の通気性がダウンするからです。カビは湿気を好むため空気の停滞している部分に発生しやすくなります。そして、物が多いと一部にカビが生えたとしたら、他のものにもカビが胞子を飛ばして繁殖してしまいます。

物が多いと、ホコリなども溜まりやすくなりますよね。動かすのも大変なのでお掃除の手間もかかり頻度が落ちます。

その結果として、物が多い家はカビが多くなると言えるのです。

③エアコンがない

エアコンは涼しい風や暖かい風を流すだけでなく、ドライ機能で部屋の空気中の湿気を取り除く役割も果たします。カビだらけの家は、エアコンが設置されていなかったり機能していない場合も多いため、カビやすい傾向にあります。

④掃除が行き届いていない

掃除が行き届いていない家は、湿気やホコリが溜まりやすく、カビが発生しやすい環境となります。四隅のホコリやチリ、また髪の毛などこまめに取り除くようにしましょう。

また、掃除が行き届いていない家の場合はダニなどの害虫も発生しやすくなります。ダニの死骸やカビなどが空気中を舞うと体への影響もありますので、こまめな清掃は必要不可欠です。

⑤24時間換気を止めている

浴室やトイレには24時間換気が設置されている場合もありますが、電気代がもったいないからと換気システムを止めていると、うまく除湿できずにカビが発生してしまいます。

24時間換気は必ず回すようにしましょう。また、トイレやキッチンの換気扇もこまめに回すようにしましょう。

  1. 日当たりが悪く湿気が溜まりやすい
  2. 物が多い
  3. エアコンがない・除湿をしていない
  4. 掃除が行き届いていない
  5. 24時間換気を止めている・換気不足

    これらに該当する家は、カビが広がりやすいので注意が必要。

カビ取り業者より

今まで、家中に生えたカビにお困りの多くのご家庭で、除カビ・防カビ施工をして参りました。

カビは雨や湿度など条件が重なると、1週間程度でもあっという間に広がり、住宅の劣化を進めるばかりか、健康へも影響を及ぼしかねません。カビが家中に広がってしまうと、費用も膨大になってしまうため、出来れば広がる前の段階で、早めにご相談いただければと思います。

まとめ

家の中がカビだらけになってしまった場合、カビ取り剤やカビ毒により体調を崩す恐れもあるため、基本的には早めに業者へ相談されることをおすすめします。しかし、業者に依頼してから除カビまでタイムラインがある場合もあるため、換気不用品の処分など、カビをこれ以上広げないための対策をしておきましょう。

また、今回ご紹介した内容はあくまで応急処置です。基本的にはカビが広がる前に、対策することが大切です。日ごろから換気や掃除、除湿をこまめに行い清潔にすることがカビ予防になります。

ハーツクリーンではカビ取りに関する無料カウンセリングを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

家中カビだらけになった場合、どこから手を付けたら良いの?!カビの応急処置方法をカビ取りのプロが伝授