古い家のカビ対策

「賃料が安かったので、築年数の古い家に引っ越したところ、すぐにカビが大量発生し、家具や衣類までカビが生えて困っています。古い家のカビ対策方法を知りたいです。まず何から始めれば良いでしょうか」

新しい家であっても古い家であっても、築年数に限らず環境や通気性によってカビが発生します。しかし、やはり使い古されて長い間浸食された箇所や、風通しの悪かった部屋の床や、ヒビの入った壁にカビがたくさん発生しているというのはイメージしやすいのではないでしょうか。

(古い家の畳に白いカビがびっしりと生えているのも、よく見ます)

また部屋の立地によっても北側の部屋など日当たりの悪い場所は、カビが発生しやすいです。しかし、引っ越してすぐにカビが生えて衣類や小物類がダメになったら非常にショックですよね。また、どこから手を付けて良いのか分からない方もいることでしょう。

そこで、この記事では、古い家に住んでいたらいきなりカビが生えてしまった場合にどうすれば良いのか、カビの酷さに応じたカビ対策手順を解説していきます。

カビの好む環境

私たちの生活している住まいの中で見られるカビは20~30℃、湿度は60%以上(もっと増えやすくなるのは80%以上)でホコリや髪の毛、繊維質などの栄養源がある場所を好みます。

季節でいうと、ジメジメとして気温の高い梅雨時期のような環境がイメージしやすいでしょうか。しかし、カビの中には湿度がそれほど高くない場所でも増殖することのできる「好乾カビ」と言われる種類のカビもいます。

好乾カビの種類は、ユーロチウムアスペルギルス・レストリクタス、ケタマカビなどです。

そうすると、これら好乾カビと言われる種類のカビは、湿気がさほど多くない

  • リビング
  • 寝室
  • フローリング
  • 絨毯
  • クローゼット内

などでもカビが発生することがあるのです。好乾カビは湿度50%程度でも発生し、増殖してしまうので要注意です。

カビは胞子として空気中に存在しているので、良い条件の場所を見つけると「よい住処を見つけたぞ!」と、子孫繁栄してしまいます。

カビがどんどん増えるとどうなる?

カビの中には、味噌や日本酒の原料となるコウジカビなど私たちの生活を豊かにしてくれるカビや、無害なカビも多くあります。

しかし、中にはカビ毒を産生するものや、吸い込むことで呼吸器症状などのシックハウス症候群の原因となるカビも存在しています。日本は高温多湿な気候なので昔からカビの発生しやすい環境ではありますが、住まいのカビをそのまま放置していると健康へ影響が出ることもあります。

また、カビは放置しているとドンドン増殖し、他の部屋や衣類・小物類にも発生していく可能性があります。そこで、カビを発見したら健康に影響が出る前に、すぐカビ対策を行う必要があります。

参考:厚生労働省「シックハウス症候群とは?」

どうして古い家にカビが生えたのか

では、古い家にカビが生えた原因について解説していきます。

カビは、湿度を好むものや(好湿カビ)だけでなく、そうでないもの(好乾カビ)もありますが一般的にカビは

  • 湿度
  • 気温
  • 酸素
  • 栄養源

この4つの条件が揃う場所で増殖すると言われています。その中で酸素は減らすことができませんから「湿度」と「栄養源」がありこれらがどんどん蓄積されやすい場所が、カビの生えやすい場所なのです。

例えば…湿気の多い、浴室やトイレ、キッチン。また、結露の生じやすい窓や壁、日当たりの悪い玄関などです。また、古い家にカビが生えた理由として、以下のことが考えられます。

①インフラの老朽化

水道管や下水管の老朽化が原因で漏れて、床下や天井などに水漏れが生じカビが生えるというケースも多くみられます。築年数の古いマンションの場合、上の住人の水道管が漏水し、気づかない間にずっと下の階の天井部分に水気が溜まり、いつの間にかカビが生えていたということもあります。

②壁や外壁のひび割れ

壁がひび割れていたことから、雨天時に湿気が中に入り、カビが発生するというケースもあります。①のインフラの老朽化と同様、古くなることで傷が入り、水が浸入してしまうというケースです。これらの場合は、早急に修理し水の侵入を防ぎつつ、除カビをしてカビの発生を防ぎましょう。

③床下のカビ

床下に湿気が溜まり、カビが発生しているというケースもあります。水はけの良くない地域や、川の近い場所では湿気が溜まりやすく、これが原因で床下に湿気がたまり家中にカビが増殖してしまうことも。床下に湿気が溜まりやすい場合は、定期的に床下そうじを行い、サーキュレーターや除湿機を設置して通気性を良くしましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥2,480 (2020/06/01 15:26:30時点 Amazon調べ-詳細)

また、モノが置いてあることで床下の空気が循環しない場合もありますので、床下の空気の流れを止めないようにモノを置きましょう。

■関連記事■床下・床上浸水後のカビ対策

④日当たりが悪い

家の新旧に限らず日当たりが悪いと、湿気が溜まりカビが発生することがあります。また、日光にはカビの殺菌効果がありますので、日当たりが悪いということは「除湿」と「殺菌」の2つの意味においてカビの増殖を助けてしまいます。

日当たりの悪い家の場合、例えば湿気を多く吸い込むカーテンなどは定期的に干したり、洗濯して乾燥機にかけるなどして、カビの発生源とならないように清潔に保つことが大事です。

同じように、日当たりの悪い場所

  • 屋根裏部屋や地下室
  • 靴箱
  • クローゼットや押入れ
  • 部屋の四隅
  • 風呂やトイレ

などもカビの住処となりやすい場所です。これらの場所からカビの発生を防ぐには「通気性を上げる」ことと「こまめに掃除をしてカビの栄養源を残さない」ことです。また、カビが目で見えない状態でも”ちょっとカビ臭いな”と思った時点で、カビ取り剤や消毒用エタノールを吹きかけて、カビを除菌しましょう。

⑤見えない部分のカビ

古い家でも、リフォーム工事がされていて表面上は綺麗に見えるのに、いつの間にか裏でカビが発生しているということもあります。

この場合、例えば壁にカビが発生していても上にペンキを塗り重ねたり、除カビしない状態で壁紙を貼ってしまったことなどで、知らぬ間に見えない裏側にカビが発生することも。

この場合は、自力での対処は難しく専門の除カビ業者・カビ取り業者にカビ取りを依頼し、その後リフォームをしてクロスを貼り換える必要があります。ちょっと手間と料金もかかりますが、除カビをすると再発するグッと確率を減らすことができるので、あまりにカビ臭さやカビが気になる場合は検討してみましょう。

湿気や汚れの蓄積

また、古い家にカビが生える原因として「湿気や汚れが蓄積している」ことも考えられます。例えば水を床にこぼしたとして、表面を拭きとったとしても、床の奥まで浸透してしまった水分が長い年月をかけて蓄積してしまうということもあります。

また、皮脂や手垢などはカビの栄養源となりますが、見えない汚れはそのまま放置しているかも知れません。

そのため、すみずみまで綺麗にして除湿する必要があります。

ハウスクリーニングなどプロのおそうじ屋さんに委託をして、手の届かない天井や普段できない細かな部分のお掃除をするのもカビ予防となります。

古い家のカビ対策

では、ここからは古い家にカビが発生してしまった場合のカビ取り手順を解説していきます。自力でできる範囲のものから、専門業者に依頼が必要なものまでありますが、一度流れを理解するだけでも、今後のカビ予防につながりますので一緒に見ていきましょう。

まずは除カビから!

 

対策としては、まずカビが発生している場合とカビ臭い場合には
「除カビ」を行ってからのカビ対策となります。そのため、現在どの段階かを見極めて、カビ対策をしていきます。どうして除カビを最初にしなければならないかと言うと、カビの胞子を”種”だとイメージしてみてください。

種があるのに、上から土をかけたり、隠しただけでは、また種から芽が出てくるかも知れませんよね。同じように、カビもいくら見えないように隠して、カビの生えた衣類や小物類だけ処分しても、カビがまだ残っていて環境が変わっていないと、また再発する恐れがあります。カビの害を防ぐためにも、まずはできる限り”除カビ”をしましょう。では、除カビの手順を解説していきます。

①カビが目視できる場合

クローゼットや押入れ・靴箱・衣類のカビ対策

クローゼットや押入れ、衣類や小物類、靴箱にカビが生えている場合には「マスク」「ゴム手袋」「ゴーグル」を準備し換気をしっかり行った上で

  • 消毒用エタノール
  • 次亜塩素酸水

を全体的に吹きかけて、カビを殺菌します。白カビカビの色素が沈着していない場合などに効果的です。

■関連記事■カビ取り業者に聞いたクローゼットのカビ取り術

次亜塩素酸水などを吹きかけた後は、10分ほど放置して、乾いた布巾で拭きとります。

衣類の場合は、洗濯をし日光で干したり、カビ専用のクリーニングに出す、もしくは洗濯後にコインランドリーで30分以上高温殺菌するのも効果的です。

カビの色素が沈着している場合

衣類にカビの色素が付着して消毒用エタノールなどでは取れない場合には、衣類用の酸素系漂白剤を使用します。液体タイプや顆粒タイプありますので、使いやすい方を購入してください。液体タイプでおススメなのは「ワイドハイターEX」のスプレータイプです。ポイントで集中的に使用することができて便利です。

created by Rinker
ワイドハイター
¥1,450 (2020/06/01 14:36:12時点 Amazon調べ-詳細)

顆粒タイプでおススメなのは、コストコなどでも売っている「オキシクリーン」です。

created by Rinker
OXICLEAN(オキシクリーン)
¥465 (2020/06/02 01:11:54時点 Amazon調べ-詳細)

オキシクリーンは薄める必要がありますが、漂白パワーが凄まじいです。

オキシクリーンを使用する際は、ラベルに記載してある分量で薄めて、衣類のカビ汚れを取っていきます。長時間置きすぎると衣類が傷むことがありますので、つけ置きすぎは注意しましょう。

■関連記事■衣類についたカビを除去する方法

いずれにしても、衣類や小物類は収納場所の環境が悪いと再発する可能性がありますので、収納場所に除湿剤を置くなどしてカビを防いでいきましょう。

壁・風呂・トイレのカビ取り

壁にカビが生えている場合には

  • 次亜塩素酸水
  • 消毒用エタノール

を吹きかけてみて、まだカビの着色がみられる場合は

カビ取り剤を使用して除カビを行います。壁の場合は、壁専用のカビ取り剤を使用するか

created by Rinker
ビーワンコーポレーション
¥1,780 (2020/06/01 15:26:30時点 Amazon調べ-詳細)

ハイターを水で2倍に薄めて、雑巾や刷毛で全体的に塗り、時間を30分ほど放置して拭きとります。

ただし、塩素系カビ取り剤の場合は漂白効果がありますので、柄や色の付いている壁の場合は脱色しないか小さな部分で確認をしてから使用するようにしましょう。また、塩素ガスは毒性がありますので、マスクやゴーグルを着用した上で、換気を行いながら除カビ作業をしましょう。

お風呂やトイレには黒カビが発生しやすいですが、風呂用・トイレ用のカビ取り剤を使用します。目に入らないように全体的に吹きかけて時間を置いて、洗い流します。

created by Rinker
ハイター
¥720 (2020/06/01 15:04:03時点 Amazon調べ-詳細)

パッキン部分やタイル目地などのガンコなカビには、粘度のあるカビ取りジェルを使用すると良いでしょう。

created by Rinker
レック(LEC)
¥819 (2020/06/01 15:26:31時点 Amazon調べ-詳細)

②湿気対策

一通り除カビ作業を行ったら、次は湿気を取り除いていきます。除湿のためには

  • 窓を全て開けて1日に2回以上の換気
  • 換気扇を常に回す
  • エアコンの除湿機能を使う
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥13,751 (2020/06/01 15:26:32時点 Amazon調べ-詳細)

など、すぐにできる除湿対策もありますが、機械を使って

  • 除湿機や空気清浄機を使う
  • 扇風機やサーキュレーターを回す

などして、湿気を溜めないようにしていきます。また、いくら換気や除湿を行っても部屋の中にモノが多く通気性が悪いとまた湿気が溜まりカビが発生してしまいます。その場合は

  • 家具やモノの数を最小限にする
  • 家具を壁から離して設置する
  • 結露はすぐにふき取る

などして、部屋の中に空気が回るような環境に整えていきましょう。

③衛生対策

また、こまめな掃除もカビ対策のためには重要です。

すみずみのホコリや汚れを取り除き、カビの栄養源を溜めないようにしておきます。

水拭きの場合、日当たりが悪いとカビの原因となりますので「重曹水」や「消毒用エタノール」などを活用してフローリングや窓、絨毯や家具などを拭きあげましょう。

④自力でカビ対策してもカビが発生する場合

「除カビ」→「除湿」→「掃除」の手順を自力で行ってもそれでもカビが発生する場合は、一度カビ取りの専門家に依頼して徹底的に除カビしましょう。専用の薬剤を用いて安全にかつ除カビし再発も防ぎます。

それでも、建物の立地や構造が悪くすぐにカビが生えてしまう場合には、お引越しを検討しても良いかも知れません。そう簡単にできることではないかも知れませんが、カビによる健康の害を考えると、除カビか引っ越しどちらにしても早めの対策をした方が良いでしょう。

まとめ

古い家は、老朽化による漏水やヒビによる浸水、また通気性の悪化などによりカビが発生してしまうことがありますがカビを発見した後・もしくはカビ臭さが気になる際には

①まず除カビでカビを取り除く

そして一通りカビをキレイにしてから

②湿気対策

③掃除で衛生対策

という手順でカビ対策をしていきましょう。自力でのカビ取りに限界がある場合はカビ取り業者に依頼して、しっかりと原因を究明し徹底除カビをするのもおススメです。

しかし、それでもカビの害が気になる場合や、出産や子育てを控えていて早めに対処したい場合は、可能であれば「お引越しをする」という選択肢も検討してみてください。その際にはなるべく

  • 日当たりが良く
  • 窓が多く
  • 24時間換気の機能が設置してあり
  • 川や海から離れていて
  • 湿地帯や埋めたて地でなく
  • 3階以上

の物件を選ぶと良いかも知れません。

【ひどいカビにお悩みの方へ】

  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない

このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!

安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→

関連記事

  1. 【Q&A】床下・床上浸水後にカビを防ぐには?!

  2. メルカリで出品したい洋服をキレイにカビ取りする方法

  3. 消毒用アルコールが値上げor売っていない場合のカビ取り方法

  4. 【Q&A】布製品に生えたカビはどうやって除去すれば良いの?!

  5. ハーバリウムにカビが生える5つの原因とは?!

  6. アパートの1階にカビが生えやすい理由と対策方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。