畳に生えたカビを根こそぎ除去し、防ぐ方法

 

畳にカビが生えてしまった!すぐにできる対策方法とは?

爽やかな香りのする畳、気持ちいいですよね。最近では戸建てでも集合住宅でもフローリングの部屋が主流ですが、和の落ち着きや安らぎを求める人の間で和室の人気も根強いです。

しかし畳は、畳替えや天日干しが気軽にはできないことから、埃やダニ、カビが気になります。そして畳から変色や嫌な匂いが気になるとき、それはカビが原因かもしれません。今回はそんな畳のカビの除去方法と予防方法を知ることで、快適な畳生活を送れるようにしましょう。

1.対策の前に知っておきたい、畳のカビの原因は?

1-1.カビが発生する3つの要因と、カビやすい畳の条件

カビは適度な温度と湿気、エサがあれば発生することができます。カビが繁殖しやすい最適温度は20℃~30℃程度、湿度は60%以上です。

よってカビは梅雨から夏にかけては特に発生しやすく、冬場であっても暖房と加湿、窓の結露によってはカビが好む環境が作られます。また現代の高気密な住宅では換気をしなかったり、洗濯物を部屋干しすると、すぐに湿気がこもります。

よって、実は古くて隙間風が入り込むような家の方が湿度が逃げやすく、現代的な住宅やマンションのほうが畳のカビが発生する要因がそろいやすいのです。

また畳は新品のほうが原料であるい草の吸湿効果が高いことから、新しい畳のほうがカビは発生しやすいのです。このとき、埃や人間の体から出る垢や汚れ、髪の毛、食べこぼしなどがあると、カビはそれを温床にどんどん増殖します。つまり、畳のカビを防ぐには、お住まいの住宅事情や畳に合った水気・湿気対策と、カビのエサを蓄積させないお掃除が重要となります。

カビ取りのプロに相談

2.その方法で大丈夫?やってはいけない畳のカビ除去方法

2-1.カビを雑巾でふき取る

畳のカビに気づいたら、つい慌てて雑巾でふき取ってしまいがちです。しかし、水拭きでもから拭きでも、雑巾がけは逆効果です。

から拭きは、カビを生きたまま畳の隙間に押し込み、胞子を広げてしまいかねません。水拭きは、さらにカビが大好きな水分を与えてしまうことになります。また、カビが付着した雑巾を使いまわせば、きれいに洗ったつもりでも、他の場所にカビを拡散することになりかねません。

2-2.カビを掃除機で吸い取る

目の前からカビの存在を消すために、掃除機で吸い取るのも逆効果です。

また、畳の目の奥にもぐりこんだカビは掃除機では取り切れません。さらに仮に掃除機で吸い込むことができても、吸い込まれた生きたままの胞子が、掃除機の排気で部屋に拡散されてしまいます。むしろ胞子を拡散させてしまう事にもつながりかねません。

3.畳のカビを根絶やしにする除去方法

 3-1.畳のカビを除去するための基本的な考え方

カビを生きたままにしておくと拡散するリスクが高いです。カビの胞子を拡散させず徹底除去するための基本は、見つけたカビを必ず「死滅させる」ことです。

い草の繊維を編みこんだ畳はツルツルしたフローリング等と違い、カビを死滅させた後に「掻き出す」という作業が必要となります。

3-2.準備するもの

1 マスクとゴム手袋

created by Rinker
delfino(デルフィーノ)
¥1,058 (2019/01/21 21:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

カビの胞子を吸ったり直接触らずに済むようにしましょう。

2 エタノール

created by Rinker
健栄製薬
¥1,000 (2019/01/21 00:58:59時点 Amazon調べ-詳細)

エタノールにもいくつかの種類があります。無水エタノール‘(100%エタノール)を使う場合はそのままでは揮発性が高すぎて殺菌効果が得られにくいので、希釈が必要です。エタノール:水の割合が7:3になるように薄めます。消毒用エタノールとして売られているものはエタノールが70%程度なので、こちらを使うと手軽です。

3 スプレーボトル

無水エタノールを希釈して吹きかけるのに使います。スプレー付きの消毒用エタノールもあります。

4 歯ブラシや目地ブラシ

カビの範囲が少なければ古歯ブラシでもOKです。ただ、お掃除用の目地ブラシのほうがい草の奥まで届き、しっかりカビを掻き出せます。

5 雑巾またはいらないタオルなど

必ず乾いたものを使用します。不要な布でもよいですが、表面に凹凸のあるタオル地のほうが掻き出したカビをしっかり絡めとるのに適しています。

3-3.消毒用エタノールを使った畳のカビ除去方法


では、消毒用エタノールを使って畳のカビを「死滅させて掻き出す」方法を以下に記載します。

1 カビにエタノールをスプレーする

まんべんなく吹きかけて、カビを死滅させます。

2 歯ブラシや目地ブラシでカビを掻き出す

スプレーした場所を畳を傷めないようにやさしく、畳目に沿ってこすります。い草の隙間に潜り込んだカビを掻き出すようなイメージで行います。

3 雑巾または古いタオルで拭き取る

掻き出したカビをまたい草の奥に押し込んでしまわないように、やさしく、絡めとるように拭きとります。

4 仕上げにエタノールで除菌する

再び消毒用エタノールを吹きかけ除菌することで、カビの再発を防ぎましょう。

4.もうカビさせない!畳のカビの再発防止方法

4-1.畳のカビ再発を防ぐためにできること

きれいになった畳を再びカビさせないためには、カビが好む条件をできるだけ排除することが大切です。

日常的に行いたいのは、とにかく換気をすることです。窓を開けて風通しをよくしましょう。気密性が高い、風を通しにくい部屋は扇風機やサーキュレーターを使うとよいでしょう。湿度を下げることは最優先事項となります。

次に、カビのエサを放置しないよう、こまめにお掃除して清潔を保ちましょう。そしてお掃除の後には消毒用エタノールを散布することで除菌効果でカビ発生を予防できます。

また頻繁にはできませんが、お天気のよい日に畳を上げて天日干ししたり、汚れや劣化が進んだら畳替えも検討することも大事です。また手順をみて分かる通り、畳のカビ取りは非常に難しいです。専門の業者に相談してみるのも良いかもしれません。

5.まとめ

カビの特性と対策を知って普段から予防すれば、少しの手間で畳をカビから守り、長持ちさせることができます。小さなお子さんからお年寄りまで、心おきなく素足で畳の気持ちよさを楽しめるよう、畳のカビ対策のご参考にしてください。

カビ取りのプロに相談

関連記事

  1. 空気清浄機はカビの発生に効果があるのか

  2. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

  3. パッキンのカビを除去する方法と対策

  4. プラスチックにもカビは生える!除去方法と予防策について

  5. マットレスにカビが生えた場合の対処方法

  6. カーテンにカビが発生した場合の対処方法

  1. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

    2019.01.19

  2. ゴキブリの種類と退治する方法とは?!

    2019.01.12

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅…

    2019.01.12

  4. 家庭内で発症するカビアレルギー!予防のための5つの方法!

    2018.12.29

  5. カビを生えにくくするための整理収納法

    2018.12.23

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ