カビの生えたさつまいもは食べても大丈夫?!正しい保存方法は?!

 さつまいもを食べようといざ見てみると、表面にふわふわとしたものが付いていたり、触ると柔らかくなっていたりした経験はありませんか? さつまいもにふわふわとした綿のようなものがある場合、それはカビが発生している証拠です。 さつまいもは長期保存がきく食材のためカビが発生することは少ないのですが、長期保存しすぎてしまったり保存状態が良くなかったりするとカビが生えてしまいます。では、カビの生えてしまったさつまいもは捨てるしかないのでしょうか。 結論からお伝えすると、ごく部分のカビであればその部分を洗い流したり取り除いたりすることで食べることができますが、基本的には食べない方が良いでしょう。そこで今回はさつまいもの適切な保存方法とさつまいものカビを防ぐ保存方法をご紹介します

さつまいもに生えるカビの種類

さつまいもに生えるカビには一種類ではなく白カビ・青カビ・黒カビなどいくつか種類があります。まず、最も多くみられる白い綿状のふわふわしたカビです。 クモノスカビケカビとよばれるカビの代表的なものでさつまいもの表面についています。 青カビも生えることがあり、さつまいもの両端から発生することが多いです。また、バスルームなどでもみかける黒カビも生えることがあります。 では、そもそもどうしてさつまいもにカビが生えてしまうのでしょうか。その原因のほとんどが誤った方法で保存していることによるものなのです。

原因その①:冷蔵庫での保存

さつまいもは常温保存が基本です。さつまいもは温かい気候の土地で栽培されるものなので寒さにはとても弱い食材です。さつまいもの適切な保存温度は13~15℃ですが冷蔵庫や冷凍庫など10℃以下になる環境で保存してしまうと低温障害を起こし、寿命を極端に早めてしまいます。

原因その②:寒暖差のある場所での保存

常温保存をしているにもかかわらずカビが生えてしまった場合には寒暖差のある場所で保存してしまっている可能性があります。屋外やベランダ、窓際、車庫など昼夜の寒暖差がある場所での保存もさつまいもを傷ませ、カビを発生させる原因の一つになります。

原因その③:水気がついた状態での保存

さつまいもについた土や汚れをとるために洗ってから保存している方もいるのではないでしょうか。 さつまいもは寒さだけでなく水にも弱い食材です。水気がついた状態での保存もカビが生える原因になります。保存に適した湿度は85~95%になります。またさつまいも自身も人間と同じように呼吸しているので、ビニール袋やサランラップ、発泡スチロールなどで密閉保存すると水滴ができ、カビが発生し腐敗を進めてしまいます。

さつまいもの保存方法

つまり、さつまいもにカビを発生させず長期保存するには、適切な温度と湿度を保つことがポイントになってくるのです。ここからはご家庭でできるさつまいのも保存方法と、カビが生えてしまったときの対処法をお伝えしていきます。 先に述べたように、さつまいもは常温保存が基本です。以下の手順で保存するのがおすすめです。
  • さつまいもを1本ずつ新聞紙で包みます。
  • 包んださつまいもをダンボールに入れます。
  • 10~15℃の風通しの良い場所(冷暗所)で保存します。
さつまいもを新聞紙に包む際、畑から収穫してきたものは土付きのまま3日間天日干しし、完全に乾いてから洗わずに包みましょう。スーパーなどで購入したものは一度水洗いされていることがあるため、基本的な保存方法は同じですが早めに食べきる、または生の状態から加熱処理をして冷凍するようにしましょう。また、さつまいもは暖かい環境になると発芽してしまい、芽に栄養分が奪われ鮮度の低下につながってしまうため、20℃以上になる場所での保存も適していません。 保存場所はキッチンや玄関、床下収納庫、廊下などがおすすめです。 では、すでにさつまいもにカビが生えてしまっている場合はどうしたらよいのでしょう。

さつまいもにカビが生えてしまったら?!

さつまいもはもともと中身がつまっている食材のため、カビが生えていたとしても中までカビが広がることは少なく、表面に近い部分のみであることも多いです白カビで表面に少しだけ生えている場合は切り取って食べることも可能です。しかし、全体的に広がっている場合や黒カビ、青カビが生えている場合は食べない方が良いでしょう。 理由は、カビは目視で有毒なのか無毒なのかを半別することが難しいからです。
黒っぽい断面はカビじゃない場合も
また、切った断面が黒、または茶色っぽくなっていることがありますが、それはカビではなく低温での保存により低温障害が起きている可能性が高いです。低温障害により黒くなってしまった場合は、味は落ちているけれどカビではないので食べても大丈夫です ここで気をつけたいのが黒カビとよく間違えられるさつまいもの乳液であるヤラピンです。ヤラピンは、もともとは白色ですが酸化すると黒色になります。 黒カビと間違えてしまいそうになりますが、黒カビと違いかさぶたのような見た目をしています。さつまいもの両端についていることが多いのも特徴です。ヤラピンは乳液なので食べられます。

腐敗したさつまいもは食べないこと

さつまいもは「腐敗」の状態になると決して食べないでください。見分け方は以下の通りになります。
  • 酸っぱいにおいがする
  • 異臭がする
  • 黒く変色している部分が多い
  • ヌルヌルしている
  • 生なのにプニョプニョしている
このような状態のさつまいもは腐敗が進んでいるため諦めて廃棄してください。また、これら以外にも明らかな異常を感じた場合は食べないようにしましょう。

まとめ

今回は、さつまいもを長期保存する方法とさつまいものカビについてお話して参りましたが、最後にまとめますと
  • さつまいもは室温の変化の小さい、風通しの良い、日の当たらない場所で保存する(冷蔵庫・冷凍庫はNG)
  • 一度中まで火を通したものであれば冷凍保存は可能
  • カビが生えた場合、基本的には食べない方が良い。
  • 腐敗したものは食べない
です。さつまいもは栄養素たっぷりの万能食材ですから、適切な方法で保存するとともに食べられるものも捨ててしまうことがないようにしたいものですね。 【ひどいカビにお悩みの方へ】
  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない
このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?! 安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

カビ取りのプロに相談

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→