カビに影響を与える結露の上手な防ぎ方

窓ガラスにびっしりついた水滴…結露にお悩みではありませんか?結露があるとお部屋の中がじめじめしてしまい、そのまま放置すると壁やサッシにカビが発生してしまうことも。住居にダメージを与えないためにも、結露対策を徹底しましょう。今回はカビ予防に役立つ、結露対策の基本についてご紹介します!

自宅の結露を放置するとカビが大量発生!?

①窓ガラスに水滴が!結露の原因とは?

寒い日の朝、窓ガラスにびっしりついた結露に驚いたこと、ありませんか?窓ガラスやサッシがずぶ濡れになってしまい、カーテンもじめじめ。結露が起こると窓を中心にお部屋全体が湿ってしまい、困ってしまいますよね。

結露はお部屋の空気中に存在する水蒸気が、窓際で冷却されることによって水に変化したものです。外気と室内の気温差が高いと発生しやすくなります。

②結露のせいでカビ発生?カビの生育条件

カビは私たちの身近に存在する微生物です。カビが生育するためには水が不可欠で、水分が多い場所はどカビが増えやすくなります。また、カビは気温25度~35度ほどの温かい空間を好みます。

肌寒い日、室内は暖房をつけて温かく、外の気温は低い状態だと、結露が起こりやすくなってしまいます。結露により湿度が上がると、湿度・温度両方がカビの好みとなり、カビにとって居心地のよい部屋になってしまうわけです。

結露の放置は危険!窓や窓際にカビ

①結露を放置するとどうなる?

水回りのカビ対策は念入りに行っている方でも、窓の掃除や結露対策は、見落としてしまうことは少なくありません。結露を放置すると窓周辺にカビが発生してしまう恐れがあります。

②窓やサッシにカビ!住居へのダメージ

結露により、窓際の壁紙や窓のパッキン、カーテンなどにカビがこびりつくと、シミや変色の原因になりかねません。賃貸の場合は転居の際に余分な工事費が発生する恐れがあります。持ち家の場合も、長く住み続けるうえで住居をきれいに保つことは大事なことです。

カビ取りの専門家に無料相談

カビをよせつけない結露対策

①結露対策の基本は湿度管理

結露を予防するためには、水蒸気の元となる水分を室内に溜め込まないことが重要です。そこで、室内の湿度に気を配る必要があります。

壁際に湿度計を設置するのは1つの手です。また、日頃から室内の温度・湿度に気を配ることに加えて、窓のお手入れを行うことも大切ですね。

②毎日の習慣で結露対策を万全に

結露してしまいがちな窓のお手入れに、おすすめの対策をご紹介します。

窓を開けて換気

1日最低1回は、すべての部屋の窓を開けて換気しましょう。

換気というと、1つの窓だけを開ける人がいますが2か所以上は必ず開けて「通気」するようにしてください。

換気システムが充実している家でも、換気扇に任せきりにするのは危険。1回10分ほど窓を開けておくだけで、温度と湿度を適度に下げてくれます。起床の際や、外出からの帰宅時など、いつもの行動に組み込んで実践するのがおすすめです。

スクイージーで結露掃除

窓が結露で濡れてしまったら、スクイージーで水気を取り除きましょう。用意するものはスクイージーと乾いた雑巾。窓の上から下にスクイージーをあてて、こぼれた水を雑巾でキャッチします。窓全体にまんべんなくかけていきましょう。最後に窓枠とサッシの部分を乾拭きすればOKです。

お風呂にお湯をはりっぱなしにしない、蓋をする

家の中の湿度対策で、もっとも注意したいのはお風呂の使い方です。家族の入浴時間がバラバラのご家の場合、長時間にわたってお湯をはったままの状態にしていませんか?お風呂はいわば、大型の加湿器のようなもの。お湯を溜めておくと、室内の水蒸気をどんどん増やしてしまいます。スペースが限られているマンションや、気密性の高い住居の場合、浴室で発生した水蒸気が窓際に流れてしまう恐れがあります。

created by Rinker
オーエ(Ohe)
¥7,355 (2020/10/25 11:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

どうしてもお湯をはったまま残しておきたい場合は、しっかり蓋をして、浴室と脱衣所の扉は閉めておきましょう。ただし、この方法でもお風呂周りはジメジメした状態になってしまいます。子どもが夕方ごろに入浴し、パパが深夜に入浴するといったご家庭の場合は、いったんお湯を抜くのが最善でしょう。

アロマ加湿器や料理など湿度が上がる行動に注意

何気ない普段の行動で、湿度を上げてしまっている場合もあります。例えばアロマオイルを垂らして使用するアロマ加湿器。アロマの香りを楽しむことができますが、同時に、室内に水蒸気を蔓延させてしまいます。アロマオイルを使う際は、直接オイルを温めて使うキャンドルタイプがおすすめです。

まとめ

結露が起こってしまった場合は、なるべく早く水気を取り除くことが大切です。窓を濡れたまま放置するとカビが発生し、住居を傷めてしまう恐れがあります。窓が結露してしまったら、スクイージーを使ってしっかり乾かしましょう。また、普段の行動で湿度管理を徹底することも重要。結露対策に取り組んで、カビを予防していきましょう!

カビ取りの専門家に無料相談

【ひどいカビにお悩みの方へ】

  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない

このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!

安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→