青かびを掃除するとき、水拭きしたら取れたけど、それでいいの?

ご自宅でカビを見かけても、水拭きですぐ取れたからといって安心していませんか?カビはたまたま発生するものではありません。一度でも見かけたら、必ずなにか原因があります。原因を考え対処していかなければ、同じことの繰り返しです。また、カビは住宅を蝕み、わたしたちの健康にも害を及ぼします。

そこで、ここでは

・適切なカビの除去する方法と
・カビを予防する方法

を勉強していきましょう。

1.カビ掃除は水拭きだけじゃ不十分

先ほど説明したようにカビ掃除は水拭きだけでは不十分です。その理由を説明します。

1-1.カビは水分が大好き

たとえば家の中で1番カビが発生しやすい場所はどこでしょうか?と聞かれた場合、お風呂と回答される方が多いかと思います。お風呂場は高温多湿で水分が残りやすい場所なのがその理由です。水拭きをすると、これと似た状況をつくってしまうので、カビ掃除は水拭きだけでは不十分と言えます。

1-2.特に畳は要注意

畳は湿気を吸いやすいので特に要注意です。水拭きはもちろん、乾拭きや叩くこともNG。そうすると畳の中にカビを入りこませてしまいます。ですので、畳のカビに対しては柔らかいブラシなどを使って掻き出したカビを掃除機で吸う方法がおすすめです。(ただし排気にはくれぐれも注意してください)

次からは具体的に、カビが生えてしまった場合の対処をみていきます。

2.生えてしまったカビを除去する方法

それでは、汚れの種類別に生えてしまったカビを除去する方法を見ていきましょう。

2-1.軽いカビ汚れの場合

軽いカビ汚れの場合、乾式のモップで表面の汚れをとり除いたあと、固くしぼったクロスで表面を吹き上げます。表面が乾いたら、仕上げにエタノールスプレーを吹きつけ除菌します。エタノールは薬局などで売られている80%濃度の「消毒用」を使いましょう。

2-2.中度の汚れの場合

中度の汚れの場合、住宅用の中性洗剤で落とすことができます。まず、カビの飛び散りから身をまもるためにマスクを着用しましょう。対象面に洗剤をスプレーし、しばらく放置した後、固くしぼったクロスで拭き取ります。この際、洗剤の成分が残らないように2度拭きしましょう。最後に先ほどと同じようにエタノールスプレーによる除菌をします。

2-3.水回りの重度な汚れの場合

水回りの重度な汚れの場合、カビ取り剤(塩素系漂白剤)をつかいます。汚れが強いときには、カビ取り剤をかけた後にラップで密封し、少しつけおきすることで、より効果的にカビを落とすことができます。

カビ取り剤を使うときに注意する点は

・マスクとゴーグルを着用する
・窓をあけて換気する
・ゴム手袋を着用し、カビ取り剤が肌にふれないようにする
・肌についてしまった場合は流水で十分にすすぎ落とす
・酸性タイプの洗剤とは絶対に混ぜない(塩素ガスが発生するため)

となります。よく注意してつかいましょう。

以上がカビが生えてしまったときの対処法です。ただ、カビを除去できたからといって、カビが生えないように予防しなければ同じことの繰り返しです。次からはカビを発生させない環境づくりについてみていきましょう。

3.カビを発生させない環境づくり

ここでは再びカビを発生させない方法についてみていきます。

3-1.換気をこまめにしよう

現在の住宅は高性能になった断熱材により高気密、高断熱を実現しています。これにより夏はクーラーで冷えた空気を、冬は暖かい空気を持続させられるようになり、省エネにつながっています。しかし一方、外気と中の空気との温度差により結露が発生しやすくなっています。これはカビにとって良環境といえるでしょう。よってカビ対策のためには「換気」をしっかりとすることが重要となります。

・24時間換気扇をつけっぱなし
・朝や夕方に窓をあけて空気の入れ替え
・室内の整理整頓(空気の通り道を生成)

まずはこれらのことを見直してみましょう。

3-2.温度・湿度管理

またカビが発生しやすい条件に「湿度60%以上」「温度20〜30℃」というものがあります。これへの対策とし「温度・湿度管理」が重要となります。

・室内干しをしない
・必要以上に暖房の温度を上げない
・必要以上に加湿しない

まずはこれらを徹底してみてください。

3-3.掃除

カビが発生しやすくなるためのもう1つの条件が「栄養源があること」です。カビは食品や食べこぼしはもちろんのこと、塵やホコリも栄養源にすることができます。

・掃除機をかける
・モップ掛けをする
・空気清浄機を使う
などの方法で室内の環境をよいものにしましょう。

また、エアコンの掃除についても注意が必要です。内部にカビが発生してしまうと、エアコンをつかうたびにカビの胞子が空気中に舞ってしまいます。普段からフィルターのこまめなそうじをすることと、内部乾燥機能をつかってカビの発生を防ぎましょう。

4.まとめ

いかがでしたか?カビは拭いただけで除去できるような生易しいものではなく、一度生えてしまうと対処が面倒な代物です。しかも、そのまま放っておくと健康に害が及ぶことも。普段からカビが生えさせない予防が大切になりますので、上記の方法を実践し、カビを発生させない環境づくりを心掛けましょう。

  1. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

    2019.01.19

  2. ゴキブリの種類と退治する方法とは?!

    2019.01.12

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅…

    2019.01.12

  4. 家庭内で発症するカビアレルギー!予防のための5つの方法!

    2018.12.29

  5. カビを生えにくくするための整理収納法

    2018.12.23

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ