食器棚のカビ取り方法

食器棚の中がなんだかカビ臭い・・・。そこで食器を取り出してみると食器棚の底部分や側面にカビが生えていたという経験はありませんか?さらには虫まで見つけてしまったという方もいるかもしれません。

食器棚は私たちが思う以上にカビが生えやすい環境が整っているのです。

そこで今回は食器棚の中にカビが生える原因とその除去方法を、食器棚に発生する害虫についても触れながらご紹介していきたいと思います。

食器棚になぜカビが生えるの?

そもそもなぜ食器棚にカビが生えるのでしょうか。カビは一定の湿度と温度、栄養分があると発生します。

湿度は60%以上、温度は0~35℃(特に20~30℃)の環境下でそこに栄養源があると繁殖し、これは人が快適だと感じる環境でもあります。つまり、私たちの生活環境においては栄養源があればどこにでもカビは発生するのです。その中でも食器棚にカビが生える原因には次のようなことがあります。

原因その1 食器棚の扉によって通気性が悪くなっている

扉付きの食器棚の場合食器棚の中は密閉に近い空間になります。毎日の食事の際など定期的に扉を開閉する習慣がある場合はカビは生えにくくなりますが、普段あまり食器を使うことがないと食器棚の中に湿気がこもり、カビが生えやすくなります。

原因その2 食器を入れすぎている

食器棚に食器を入れすぎている場合も空気の流れが悪くなり湿気がこもりやすくなります。扉付きの食器棚で、なおかつ食器を詰めすぎていると食器棚の中にカビが生えてしまいます。

原因その3 食品を食器棚に入れている

食器棚に食品を入れている場合もカビが生えやすくなります。食品成分はカビの格好の栄養源になるため食品を食器棚に入れているとカビ発生のリスクは高くなります。

また、食器棚に食品を入れていることで発生するのはカビだけではありません。食器棚の中には食品をエサにする害虫も発生します。特に、「コナダニ」と言われるダニは小麦粉や乾物を好物としそれらを食器棚の中に入れていると発生します。

コナダニは0.2mmほどの白い小さなダニで梅雨~秋にかけて湿度の高い場所で繁殖します。大量に発生すると白い粉が動いているように見えます。人を刺すことはありませんが吸い込むとアレルギーのような症状が出ることもあります。

原因その4 チリや埃が溜まっている

溜まったチリや埃もカビの栄養源になります。食器棚の掃除をする場合、食器を一度すべて取り出し、最後に再び元に戻す必要があります。

大きな食器棚では労力が必要とされますし逆に小さな食器棚では、小さいからまあいいか、と掃除がおざなりになってしまいます。掃除の頻度が少ないと埃が溜まり、それを栄養源にしてカビが繁殖していきます。また、チリや埃はさきほどのコナダニのエサにもなります。

原因その5 水滴が残ったまま食器を片付けている

水気が残ったままの食器を食器棚に入れてしまうことも食器棚のカビの原因になります。蒸発した水分を食器棚が吸収してしまいカビが発生します。扉付きの食器棚の場合内側を乾かすことが難しいため食器棚内の水分は確実に蓄積されカビのリスクが高まります。

以上が食器棚にカビが生える主な原因です。ここで食器棚に発生する害虫についても触れておきたいと思います。先ほど食品をエサにする害虫としてコナダニを挙げましたが、他にも食器棚に発生する害虫はいます。害虫の代表ともいえるゴキブリはもちろんですが、木材をエサにする「キクイムシ」や、カビをエサにする「チャタテムシ」も発生することがあります。

■関連記事■カビと関係の深い害虫のチャタテムシとは?

キクイムシは体長3~5mmほどで赤~黒色をしています。名前の通り木を食べる害虫で、木材の内部から外に向けて浸食します。木材を食べる際に1~2mm程度の穴があき、その周辺には粉状のくずが落ちているのが特徴です。食器棚の中に粉状の木くずが落ちていたらキクイムシの存在を疑いましょう。

そして、カビと最も関わりのあるのがチャタテムシです。チャタテムシは体長1~2mmの淡褐色の小さな虫で多湿で薄暗いところを好みます。

チャタテムシはカビをエサにするため、カビのあるところに発生します。防カビ対策をしていないとカビだけでなくチャタテムシまでも引き寄せてしまいます。食器棚の中にカビが生えており、なおかつ淡褐色の小さな虫をみかけたらそれはチャタテムシである可能性が高いです。

食器棚の中はカビが生えやすいだけでなく、それにより害虫を引き寄せてしまうことがあることもお分かりいただけたと思います。

食器棚のカビ取り方法

では実際に食器棚にカビが生えてしまったらどうしたらよいのでしょうか。ここからは食器棚のカビ取り方法についてお伝えしていきます。カビ取りに必要なものは以下の通りです。

~用意するもの~

  • マスク
  • ゴム手袋
  • 消毒用エタノール
  • 清潔な乾いたタオルまたは雑巾
  • サンドペーパー(黒カビなどの色素沈着がある場合)

~手順~

① マスク、ゴム手袋をつけ身体を保護します。カビの胞子が飛散する恐れがあるため、窓を開けるなど換気をしながらおこないます。

② 食器棚から食器を全て取り出し、扉も外せる場合は外します。

③ 乾いたタオルまたは雑巾に消毒用エタノールをふくませ、カビの生えている個所を優しく拭き取ります。食器棚の中が全体的に汚れている場合は消毒用エタノールで全体を拭き掃除します。

④ 食器棚の中を完全に乾かします。

白カビや目視で確認できないようなカビの胞子は消毒用エタノールで除去することができます。しかし

黒カビのように色素のあるカビの色までは落とすことができません。

カビの色も取り除きたい場合はサンドペーパーを使って除去します。その際は、消毒用エタノールで表面のカビを除去し、完全に乾いた後におこないます。消毒用エタノールが乾いたら、サンドペーパーでカビの気になる部分を少しずつ削り、カビを取り除きます。

created by Rinker
角利産業(Kakuri Sangyo)
¥436 (2020/11/28 15:48:56時点 Amazon調べ-詳細)

ですが、このやり方にはデメリットもあります。食器棚の表面を削るわけですので表面がでこぼこする、

色が剥げるなど見た目が変わってしまうデメリットがあります。見た目が変わってもよいという場合はサンドペーパーを使って物理的にカビを取り除く方法を試してみてください。

もし、自力でのカビ取りが難しいようでしたらプロのカビ取り業者に依頼するという手もあります。カビがひどい、素材を傷めてしまわないか不安、害虫も発生しているという場合はカビ取り専門の業者に相談してみるのもおすすめです。

以上が食器棚のカビ取り方法です。食器は口に触れるものですから衛生的によい状態を保ちたいですよね。ここからは日頃できる食器棚のカビ対策をご紹介します。

食器棚のカビ対策

カビ対策としては、湿気を溜めず、カビの栄養分ができるだけない状態でいることです。具体的には、

  • 定期的に食器棚の換気・掃除をする
  • 食器は詰め込みすぎない
  • 食器棚に食品を保管しない
  • 食器は完全に乾いてから片付ける
  • 除湿シートを敷く

などがあります。

除湿シートは一般的な防カビ・除菌効果のあるものでもいいですが、防カビ・防虫の両方の機能を備えたものも出ています。過去に害虫が発生したことがある、ときどき害虫をみかけるなど害虫発生のリスクもある場合は防カビ・防虫の効果があるものを使うのもいいでしょう。

いかがだったでしょうか。今回は食器棚に生えたカビのカビ取り方法についてお伝えしてきましたがまとめますと、

  • 食器棚は通気性が悪い上、食器から蒸発した水分でカビが生えやすい。
  • 食器棚にはカビだけでなく様々な種類の害虫も発生する。中にはカビをエサにする害虫もいる。
  • 食器棚のカビは消毒用エタノールで除去する。色素の除去にはサンドペーパーを使用する。
  • 自力でのカビ取りが難しい場合はカビ取り専門業者に依頼する。
  • こまめな換気と掃除でカビを防ぐ。必要に応じて防カビ・防虫効果のあるアイテムを使用する。

となります。

食器棚のカビや害虫を防いで気持ちよく食事を楽しみたいですね。

(参考)

●アース製薬

【ひどいカビにお悩みの方へ】

  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない

このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!

安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→