壁や玄関のサッシに結露でカビが生えたときの対策法

冬になると起きやすくなる結露。ただ窓が濡れるだけと考える方もいるかもしれませんが油断は禁物です。そのまま放置していると根の深いカビが生えてしまうかもしれないのです。

●●●
カビ悩み子

よく、窓のサッシに結露ができるのだけど、忙しくていつも見て見ぬふりしていたわ

そこで今回は、そもそもなぜ結露が起きるとカビが発生しやすくなるのか、またその対策と予防方法について解説します。

●●●
カビのプロ

結露をそのまま放置すると、カビの原因となるのですぐに対策が必要です。今回は結露の原因から予防方法までご紹介していきます。

結露によってカビが生えやすくなる理由

そもそもなぜ結露が起きるとカビが発生しやすくなるのでしょう。これを知るためにはカビについての基本知識が必要不可欠。まずはカビが発生する条件とは何かについてご紹介します。

①カビが発生する条件

カビが発生する条件

カビが発生する条件は大きく分けると以下の5つになります。

・カビの栄養がある
・酸素がある
・カビが成長しやすい温度である
・カビが成長しやすい湿度である
・カビが成長する十分な時間がある

この条件のどれか1つでも断つことができればカビの発生を大きく抑制することが可能です。とはいえ改善が難しい条件もあります。

たとえばカビの栄養源は幅広く、ビニールやプラスチックですらも成長の糧にするほど。また酸素を断つのは難しく、たとえ実現したとしても今度は人間が生活できません。さらにカビが成長しやすい温度は0℃~45℃程度。これも人間が生活することを考えれば到底実現できないでしょう。

となれば、私たちが実質改善できるのは湿度と時間だけです。

カビは湿度が70%以上になると発生しやすいとされています。風呂場やシンクなど水場の周りにカビが生えやすいのはこれが原因。結露でカビが生えるのも湿度が高いことが大きな要因です。対策が難しいとはいえ、換気や乾拭きを行えば十分に防ぐことができる条件と言えるでしょう。

●●●
カビのプロ

カビが成長する時間についても、こまめな掃除を行うことで十分に対応が可能です。

②結露が起きる理由

結露とは空気中に含まれる水分が液体となって現れたものです。空気には飽和水蒸気量というものがあり、これはある一定の空気中に含んでおける水分の量を意味しています。簡単に言えば「空気に含んでおける水分には限界がある」ということです。飽和水蒸気量は空気の温度が高ければ高いほど多く、温度が低ければ低いほど少なくなります。

空気の温度が下がり、空気中に含まれる水分量が飽和水蒸気量を上回ると水分は液体に変化します。冬は室内の空気が暖房によって暖められ、反対に外の空気は冷たくなり、室内と室外の境界となる窓際や玄関では寒暖差が激しくなります。

室内の温かい空気が冷やされ、空気中に含まれていた水分が窓ガラスやサッシに付着してしまうのです。

結露ができてしまうと当然湿度は上がります。湿度が高い環境はカビにとって絶好の環境。結露が起こるとカビが発生しやすいのはこれが理由です。

●●●
カビのプロ

つまり、結露ができやすい家=カビが発生しやすい環境とも言えます。よって、結露対策を行う事でカビを予防していくことが大事なのです。

サッシに発生したカビを除去するためには

絶対にやってはいけないのが水拭きだけでカビ対策を済ませること。表面に付着した汚れが取れるため、カビが少し減ったように感じるかもしれません。しかし実際はカビが繁殖する手伝いをしているようなものです。

サッシのカビを除去するためには

  • 「汚れを落とす」
  • 「カビを除去する」

という2段階を踏まなくてはいけません。それぞれ解説します。

①表面の汚れを落とす

サッシの表面に住宅用洗剤を吹きかけてください。住宅用洗剤はない場合は食器用の洗剤を水に数滴薄めたものでも代用可能です。次に洗剤が汚れを浮かすまで5分~10分ほど放置します。最後に濡らした雑巾で洗剤を拭き取れば汚れ落としは完了です。

②カビを除去する

まずはエタノールを用意してください。エタノールはアルコールの一種ではありますが、お酒で代用することはできません。消毒用のエタノール、もしくは薬局で販売している無水エタノールを水と8:2で薄めたものを使用します。次に汚れを落としたときと同様、スプレー等でサッシにエタノールを吹きかけてください。カビが殺菌されるまで15分~30分程度放置し、拭き取りましょう。

created by Rinker
健栄製薬
¥900 (2019/09/15 14:06:00時点 Amazon調べ-詳細)

エタノールの使用にはいくつか注意点があります。エタノールは非常に燃えやすいため、火の近くでは使用しないでください。念のため窓を開放するなどして換気しながら使用しましょう。また、塩素系漂白剤との組み合わせは厳禁です。有毒なガスが発生する可能性があります。さらに、吹きかけるサッシの材質によっては白く変色することがあるため、できれば目立たないところで試してから使うと良いでしょう。

エタノールで落としきれないほど深く根付いたカビにはカビキラーなど市販のカビ取り剤を使用してください。

created by Rinker
カビキラー
¥826 (2019/09/15 13:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

カビキラーをカビの生えている場所に塗った後、下に垂れないようキッチンペーパーを重ねます。一度でカビが落としきれない場合は数回繰り返してみてください。3回、4回と繰り返していくたびに少しずつカビが薄くなっていけば成功です。ただし、カビ取り剤は薬剤として非常に強力なため、換気を十分に行い、手袋やマスクを装着して使用するようにしましょう。

created by Rinker
blossom
¥1,300 (2019/09/15 13:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

結露によるカビを予防する方法

せっかく取り除いても何の対策もせず放置していてはまたすぐにカビが生えてしまいます。そこで結露によるカビを予防する方法についてご説明します。

①湿気を減らす

「カビが発生する条件」でも述べた通り、結露でカビが発生する原因は高い湿気にあります。1日のうちに数回換気を行い、湿気が1か所にとどまらないようにしましょう。換気は1回につき5分程度で十分です。気づいたときに結露を拭き取るのも有効な対策となります。

また、湿度を管理するために除湿機を設置するという方法もあります。窓が無い部屋などに効果的です。

シャープ プラズマクラスター除湿機 コンプレッサー方式 衣類乾燥・消臭 除湿量~7.1L/~18畳 ホワイト CV-G71-W
シャープ(SHARP)

②こまめに掃除をする

カビは発生してすぐに深い根を張るわけではありません。1か月に1度程度、こまめに掃除すれば大きな手間がなく簡単にカビを除去できます。ときどきエタノールを吹きかけておくだけでもカビの予防に効果的ですよ。

●●●
カビ悩み子

エタノールを吹きかけるだけなら、忙しい時にもできそうだわ!

まとめ

カビは湿度が高い環境に発生しやすいもの。特に冬場や梅雨時は結露が起きやすいため、カビにとっては絶好の環境です。

すでに発生したカビはエタノールやカビ取り剤を使用して対策しましょう。カビを取り除いた後は換気や乾拭き、掃除をこまめに行い、カビがひどくならないうちに対処すればOKです。

もし、結露によって自分では対応しきれないくらい広範囲のカビが発生している場合には、カビ取りの専門業者にご依頼ください。再発しないコツやアフターフォローも含め、カビの無い快適な暮らしをご提案いたします。

カビ取りの専門家に無料相談

専門的な薬剤で、手早く安全にカビ取りを行いたい方におススメです。

関連記事

  1. カビに影響を与える結露の上手な防ぎ方

  2. カビによる困った被害

  3. カビの発生要因4つ

  4. 部屋にカビを生やさないためのインテリアの配置と選び方

  5. 同じカビでも強いカビ・弱いカビはあるのか

  6. 壁が結露する時の対処方法