タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

浴室とキッチンで特に悩ましいのがタイルの目地のカビ対策です。
凹凸があって掃除がしにくい、カビ取り剤が垂れる、カビが目地の奥まで根を張り専用カビ取り剤でも落ちない等々、
悩みは尽きません。また今行っている方法でカビをきちんと除去しきれているかどうかも気になります。
今回は効果的にタイル目地のカビを根こそぎ除去するポイントと、再発を予防する方法をおさえましょう。

1.その方法で大丈夫?危険なタイルの目地のカビ除去法と改善策

1-1.逆効果の危険もある?タイルの目地のカビ対策

タイルの目地にカビを見つけると、気になってすぐに対処したくなります。
よくあるやり方は古い歯ブラシなどでこすって落とす方法です。
確かに浴室用の洗剤をつけてこすってシャワーで流せば、ある程度カビが消えたように見えます。
しかし消えた様に見えても水や住居用洗剤でカビは死滅しません。
残念ながら洗剤がカビの餌となり、カビは広がり繁殖しやすい状態になる可能性もあります。
効果のあるカビ対策のためには、カビをよく知ることが大事なのです。

1-2.タイルの目地のカビを根こそぎ除去するポイントは?

洗剤をつけた古歯ブラシでこすり落としても、水シャワーでもカビは死滅しません。
浴室はカビが繁殖しやすい条件である湿度、温度、栄養が最も揃いやすい場所です。
よって、発生してしまったカビをしっかり死滅させてから繁殖をおさえることが必要です。

そこで重要なのが、次亜塩素酸ナトリウムが入った塩素系の漂白剤かカビ取り剤。
これを正しく使用できれば根こそぎ死滅させることが可能です。それではこれらの薬剤をどの様に使用すれば良いか、
これについて解説していきます。

2.タイルの目地のカビを効果的に根こそぐ除去方法

2-1.塩素系漂白剤を使うカビ除去法―コツと準備編

タイル目地の掃除で困るのは、漂白剤やカビ取り剤の液だれです。
とくに壁は目立つので困りますよね。液だれしにくい泡スプレーもありますが、それでも時間がたつと流れたりします。
また浸透力に不満を感じる人もいらっしゃるでしょう。
そこで液だれを防ぎ、タイル目地の内側までしっかり成分を浸透させるためのコツを2つご紹介します。

※注意※
なお塩素系漂白剤を使いますので、ゴム手袋、マスク、めがねを装着し、必ず換気のよい状態で行ってください。
またシャワーで流した塩素系漂白剤が足に触れないよう、バスブーツを履きましょう。

2-2.塩素系漂白剤の効果アップ―パック編

塩素系漂白剤の効果を高めるために、ラップでパックをしましょう。
そしてそのまま5分以上置いてからラップを取り、漂白剤を流します。
カビが根を張ってしつこい場合は、放置する時間を長めにとるか、間隔を十分にあけて換気をよくしてから同じ手順を繰り返します。

2-3.塩素系漂白剤の効果アップ―片栗粉ペースト編

カビが集中して繁殖している箇所には、片栗粉ペーストを塗り付ける方法がおすすめです。
洗面器などの器に漂白剤やカビ取り剤を少量取り、片栗粉を少しずつ加えてペースト状にします。
水分が多すぎるとペースト状にならずに液だれしますので、漂白剤やカビ取り剤は様子を見ながら少量ずつ出しましょう。
そして作成した片栗粉ペーストができたらゴム手袋を装着し、カビが目立つ箇所に指で塗りこみます。
5分以上たったらシャワーで洗い流します。

3.タイルの目地のカビ除去、仕上げと再発予防法

3-1.エタノール除菌で再発予防

せっかく死滅させたカビも栄養や水分があれば、カビの繁殖に適した浴室ではすぐに再発します。
よって普段からカビの栄養となる石鹸かす、シャンプーやボディソープの飛び散りなどはすぐに掃除しましょう。
またお風呂上りには水切り用のスクイージーで水滴を除去したり、バスタオルでふき取るなどしてみましょう。
湿度の低下、水気の除去はカビの繁殖を防げます。
また濃度が70%以上の消毒用エタノールは揮発性が高いので、スプレーしても水滴が残ることも少ないです。
殺菌効果が非常に高いので、カビの再発を防いでくれるので対策としておすすめです。

3-2.50℃シャワーで再発予防


他にも50度を越える温度の熱いシャワーをかけることもカビを抑える上では効果的な方法です。
特別な道具や準備は不要です。週に1回程度実行するだけで、カビの再発予防になります。
先程紹介したものに比べ、非常に安全性が高くお勧めです。しかし、やけどには十分に注意しましょう。
また使用後に水分を残すと意味がなくなるので、使用後はしっかりと換気を行うか、拭き取るようにしましょう。

4.まとめ

タイルの目地はカビが根を張りやすいので、目立つ汚れを取り去るだけではカビが生き残り、繁殖してしまいます。
カビをしっかり漂白・殺菌して、再発を防ぎ、気持ちのよいバスタイムを過ごしましょう。
今回は浴室を中心にしましたが、キッチンのタイル目地にも応用できますので、お試しください。

関連記事

  1. 天井のカビを放置すると危険!除去と予防法について解説

  2. 壁にカビが!!どんな被害が想定できる?