加湿器の中にカビが発生する?!アレルギーを防ぐ対処法!

加湿器のお水を補給しようと外したら…!

●●●
カビ悩み子

ナニコレ?!カビ?!加湿器にもカビが生えるの?!

ということはありませんか?!

しかも、ただの水垢だろうと放置していると…カビアレルギーなど健康に影響を及ぼすかも知れません。

●●●
カビのプロ

加湿器に生えるカビを放置しておくと、部屋中にカビをまき散らすことになります!

花粉だけがアレルギーの対象ではありません。もっと身近な家庭の中でアレルギー発症の原因となるもの、それは加湿器です。加湿器は室内の乾燥を防ぐために霧状の蒸気を噴き出しますが、実は湿気を好むカビにとっては絶好の繁殖場所でもあるんです。カビアレルギーを予防するためにも、加湿器のカビを取り除く対処法について説明します。

カビが引き起こすアレルギー症状とは?!

アレルギー症状では花粉症が最も有名ですが、家庭内ではカビが原因で引き起こされるアレルギーも多いのです。どのような症状があるかを知っておいてください。

喘息

風邪が治ったのに咳がなかなか治まらない場合、アレルギーによる喘息の疑いがあります。特に免疫力が低下している時などに、喘息の症状が出ることがあります。カビアレルギーが原因の場合は、梅雨時のようなジメジメとした季節に喘息の症状が出やすくなります。咳が治まらない時は医師の診察を受けるようにしましょう。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の特徴は風邪でもないのにくしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こることです。鼻水はサラサラの水のようで、止まらなくなります。カビアレルギーの場合も同じような症状が出ます。アレルギー性鼻炎の場合、つい花粉症の影響と考えがちですが、実は家庭の中のカビが原因となっていることも多いのです。夏や冬に閉めきった室内でエアコンをかけていると発症しやすくなります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎には遺伝によるものと、環境によるものがあります。余り知られていませんが、人間の肌にはマラセチアというカビの一種が住み着いています。風邪をひいたり睡眠不足で免疫力が低下すると、このカビが増えてアトピー性皮膚炎を発症することもあるのです。不安な人は血液検査をすれば、マラセチアに対するアレルギーがあるかどうか調べることができます。

加湿器の中に発生するカビ

↑こちらが、実際に我が家の加湿器に生えてしまったカビです。カビは1日であっという間に生えます。それはそうですよね。カビからしてみると、一日中「水分」と「温かい温度」(+栄養分)の贅沢な環境にいるようなものですもんね。

インフルエンザ予防のためには加湿器を止めるわけにはいかない!

空気が乾燥していると風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。その予防に役立つのが加湿器です。反面、湿気を好むカビを繁殖させてしまうというデメリットもあります。加湿器の中に発生するカビについて説明しましょう。

なぜ加湿器の中に発生するのか

加湿器にはいくつかの種類がありますが、そのなかでも特にカビが発生しやすいのがスチーム式です。

水をヒーターによって沸騰させて蒸気を作り出すので、やかんが沸騰するのと同じ原理です。長時間使っていると室内の湿度が高くなり、加湿の中に結露ができていきます。使い終わった時に掃除をしないで放置すると、結露からカビが生まれてしまいます。ほかにも、超音波式の加湿器であればタンクに水を入れるのですが、このタンクの中にカビができやすいという特徴があります。

(我が家の加湿器も超音波式!!なので、給水口にカビが生えてしまいました)

加湿器のカビは臭いでわかることも?!

加湿器の中にカビが発生すると臭いがします。いわゆるカビ臭くなるので、その時は使用を中止してカビを除去する必要があります。消臭作用がある重曹をぬるま湯に溶かし、加湿器のフィルターやタンクをつけ置きしておくとカビ臭さを取ることができます。

ただし、我が家の超音波加湿器の場合、アロマディフューザー代わりにも使用していたため「アロマの香り」でカビの臭いが分からなかったという盲点もあります…臭いで気付かない場合はとにかく毎日、お水を替える際にチェックしましょう。

加湿器の中のカビを取り除く方法

加湿器がカビ臭くなったら重曹で臭いを除去できることはお伝えしました。これと合わせて、カビを取り除く方法についてもご紹介しますね。

①クエン酸で洗浄する

クエン酸はドラッグストアで手に入ります。大さじ1杯を2リットルのぬるま湯に入れてかき混ぜ、加湿器内部のタンクに入れます。入れたまま1時間ほど運転してから、タンクのお湯を捨てて水ですすぎ洗いをすればカビの除去が完了です。フィルターに付着したカビについては、クエン酸を溶かしたぬるま湯にカビのついたフィルターを1時間ほど漬け置きします。終わったらすすぎ洗いをして乾かせばカビが消えています。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥250 (2019/09/15 12:44:50時点 Amazon調べ-詳細)

②消毒用エタノールで拭き取る

クエン酸で完全にカビが取りきれない時は、消毒用エタノールで拭き掃除をします。消毒用エタノールは薬局で買うことができますが、プラスチックを溶かす恐れがあるので、慎重に扱いましょう。

created by Rinker
健栄製薬
¥900 (2019/09/16 02:05:29時点 Amazon調べ-詳細)

③逆性石鹸を使用する

逆性石鹸というのは聞き慣れない製品ですが、これはいわゆる石鹸とは異なります。殺菌目的で使われる陽イオン界面活性剤のことで、洗浄能力ではなく消毒する働きをする薬品です。カビキラーやキッチンハイターなどの塩素系洗剤が使えないときによく利用します。有名なのが「オスパンS」という製品で、薬局で購入可能です。原液を200倍に薄めて、雑巾に含ませてからカビの部分を拭くときれいに除去できます。

created by Rinker
オスバン
¥689 (2019/09/15 12:44:50時点 Amazon調べ-詳細)

 

実際にアルコールで加湿器のカビ取りをしてみた!

では、実際に我が家の加湿器に生えたカビをアルコールで除去してみました。カビの生え方にもよりますが意外と簡単で「5分」もあればすぐにカビ除去できました!

①この状態の、気持ち悪い赤いカビが生えた加湿器の水分をまずは乾燥させます。

②加湿器にアルコールを吹きかけます。

(これでもか!!というくらいにアルコールをふきかけたので、逆にアルコールで水滴ができました笑)

③ペーパーでアルコールをしっかりと拭き取ります。

(↑アルコールでだいぶんカビが取れているのが分かりますよね)

④加湿器を乾燥させる

加湿器をかけたまま家を出ると、結局一日中加湿器を水にさらしっぱなしにすることになるので、家を出るときなどにお水を空にして、アルコールでふき取り乾燥されると良いでしょう。

加湿器にカビを発生させないためには?

最後に加湿器にカビを発生させない方法について説明しますね。これを守ればカビの予防対策になりますよ。

使わないときはタンクを空にする

加湿器に何日も同じ水を入れておくと雑菌が増殖し、カビの原因になります。また臭いもこびりつきます。タンクの水は1日で交換することが大事です。そして使わない時にはタンクを空にしておきましょう。

浄水器の水は使わない

今では各家庭に浄水器が設置されるようになりましたが、加湿器に使う際は必ず水道水を使うようにしてください。浄水器の水はカルキなどの殺菌成分が除去されているので、腐りやすくなっています。それによってカビが繁殖しやすくなるのです。

乾燥させる

カビが発生しやすいのは湿った環境です。そのためカビの発生を抑えるには、乾燥させることが基本となります。加湿器の場合は、使い終わったらタンクの中や周辺を乾燥させてください。

まとめ

部屋の乾燥を防ぐために効果のある加湿器ですが、内部にカビが発生しやすいことがおわかりになったと思います。加湿器は風邪やインフルエンザの予防に必要なものですが、しっかりカビ対策を行わないとカビアレルギーを招いてしまいます。ご紹介した予防対策を実践して、加湿器をより役立ててくださいね。

関連記事

  1. トイレのカビ取り手順まとめ