カビの生えた服をクリーニングに出す時に行うべきこと

カビが生えた服をクリーニングに出したいけど、このまま渡すのはお店に悪い気がする…どうしたらいいの?そんな経験はありませんか?

今回はカビが生えた服をクリーニングに出す際に気を付けたい注意点をご紹介します。

服にカビが生える原因とは?

カビが発生するための条件は、温度20℃以上、湿度60%以上、栄養分となるホコリや汚れなどの条件がそろえばどこでも発生します。

服を保管している場所の環境によっては、カビがあっという間に服に発生してしまうこともあります。

服の保管場所はタンスやクローゼットなどが多いと思いますが、タンスやクローゼットはときどき開放して湿気を放出させたりする必要があります。

服にカビが生えるとどうなるの?

服にカビが発生すると、見た目が悪くなるのはもちろんですが、服の繊維を傷めることになったり、カビによる不快な臭いがついてしまうこともあります。

白カビなど軽度のカビが発生した時点で対処していれば服に問題なくきれいに戻るものもあります。

しかし、黒カビになると服の繊維の内部にカビが根を張り、カビの色素が残ってしまいます。

■関連記事■衣類に生えたカビを落とす方法とクリーニングの出し方

クリーニング屋さんはカビが生えた服に慣れている!?

クリーニング屋さんはカビが生えた服を持ち込まれるのには慣れているので、そのまま出して大丈夫です。

カビは早期発見即対処するほどきれいに落とすことができます。

カビが生えている場合には通常のクリーニングよりも仕上がりまで時間がかかることもあります。

そのため、なるべく早くクリーニングに出すようにしましょう。

また、カビが生えている服をクリーニング店に出す際には通常料金にプラスしてカビを落とすための料金がかかりますので、事前にクリーニング店に確認しておくと安心です。

服に生えたのは白カビ?黒カビ?

服に発生するカビは、白い綿ボコリのような白カビと黒い点々の黒カビがあります。

白カビは黒カビと比較すると簡単に落とすことができます。

これに対して黒カビは落とせない場合もある厄介なカビです。

黒カビの場合には、普通のクリーニングでは落ちないので、漂白する必要があります。

しかし、色柄物の服の場合には、漂白すると色落ちしてしまいます。

そのため、服に生えた黒カビをきれいに落とそうとすると、一度服の色素も抜いてしまってから再度染め直す工程が必要になり、この作業は数千円から高いと10万円かかるということもあります。

お金がかかってもどうしても服のカビを落としたいのか、処分してしまうのか考えておく必要がありますね。

黒カビはクリーニング店に断られることも!?

服に発生した黒カビは落とすのがとても困難なので、クリーニング店に断られてしまうことも多いです。

特に、服の広範囲に黒カビが生えていたり、カビが発生してから日にちが経過しているものは落とせない可能性が高くなってしまうことから対応できないというお店が多いです。

しかし、黒カビが発生した服の状態次第では対応できるクリーニング店もありますので、インターネットで検索してみたり、お近くのクリーニング店に確認してみると良いでしょう。

また、クリーニング店によってカビを落とすための技術には差があります。

カビ取りやしみ抜きなどに力を入れているクリーニング店を見つけて依頼するのがおすすめです。

クリーニング店に服を出すときにすること

クリーニング店に服を出すときに気を付けることは以下になります。

汚れやゴミがつかないようにする。

クリーニング店に服を持ち込むときには、汚れがつかないようにビニール袋などに入れて持ち込むようにしましょう。

落としてほしい汚れを伝える。

落としてほしい汚れと箇所はできるだけ具体的に伝えるようにしましょう。

何も伝えずにクリーニング店に出すとあまり目立たない汚れや箇所の場合には見落とされてしまうこともあります。

そのため、事前にしるしをつけたり、伝えておくのがおすすめです。

また、合成皮革の服は購入してから3年程で経年劣化していきます。

クリーニングに出す際には、ボロボロになってしまうことがありますのでひび割れなどがある場合には注意しましょう。

付属品や飾りを外してから出す。

付属品のアクセサリーやボタン、スパンコールなどの飾りがついた服は外せるものはすべて外してからクリーニングに出すようにしましょう。

また、取れかけたりしている付属品や飾りがある場合には、事前にクリーニング店に申告しておくのが良いでしょう。

上下セットの服はまとめて出す。

スーツなどの上下セットの服を別々にクリーニングしてしまうと、色合いが変化してしまうことがあります。

そのため、上下セットのものはまとめてクリーニングに出すようにしましょう。

ポケットの中身の確認。

ポケットに紙類等が入ったまま自宅で洗濯してしまい洗濯物に紙がついて大変な思いをした経験はありませんか?

クリーニング店は事前にポケットの中身を確認するとは思いますが、大事なものがポケットに入ったままになっていると紛失の原因となることもあります。

トラブルを避けるためにも事前に自分でポケットの中身を確認してからクリーニングに服を出すようにしましょう。

服ごとに希望があれば伝える。

さらに、カビが生えた服をクリーニングに出す際には、カビの根や色素が完全に取れないこともあるということを念頭に置いておくと良いでしょう。

クリーニング店に持っていく場合には、いつごろカビが生えたのかなどを伝えておくと良いです。

インターネットなどで申し込み、宅配のクリーニング店であれば、事前に問い合わせし、カビが生えた服の写真や洗濯絵表示等の写真を添付して確認してもらうのがおすすめです。

クリーニングに出して受け取ったときにすること

内容と数量を確認

まずは、自分が出した服かどうか、数は合っているかどうかを確認しましょう。

汚れが落ちているか

出したときに伝えた汚れが落ちているかを確認しましょう。

紛失しているものはないか

上下セットや一緒に出した物など、欠けているものがなくすべてそろっているかを確認しましょう。

ビニールをはずす

服を持ち帰ったら、かぶさっているビニール袋をはずして風を通してからしまうようにしましょう。

クリーニング店選びも大切

クリーニング店は大きく分けて、チェーン店、個人店、宅配などがあります。

チェーン店はリーズナブルな価格で立地も良いなどのメリットがありますが、店員さんの専門的な知識が乏しい場合があります。

個人店はチェーン店と比較すると料金が少し高い場合がありますが、技術が高かったり専門的な知識が豊富であることがあげられます。

最後に宅配クリーニングですが、こちらは持ち込む手間がかからないというのが最大のメリットです。

忙しくてなかなか店舗に行けないという方やたくさん出したいので荷物の持ち運びが大変という方にはおすすめです。

宅配クリーニングの場合には、仕上がりまでに時間がかかる場合が多いということやインターネット上ですべてやりとりが完結してしまうなど細かいことを伝える手段がない場合もあります。

また、それぞれ品質に差がありますので、口コミなどを参考にするなどして信頼できる確かな技術のクリーニング店を見つけたいですね!

服を長期保管してくれるサービスもあります!

カビや害虫が発生しない環境に保たれた保管庫で服を有料で保管してくれるサービスがあります。

服だけでなく、革靴やブーツなどの保管もしてくれる業者もあります。

タンスやクローゼットに服を保管しておくスペースの余裕がない場合やカビが発生しないように管理をするのが面倒という方は利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

・カビは温度、湿度、栄養分の条件がそろえばどこでも発生します。

・服を保管する場所の環境に気を付けましょう。

・服のカビはしみ抜きなどに慣れているクリーニング店がおすすめです。

・クリーニングに出す際には、カビの箇所などできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

・カビが発生したら早めにクリーニングに出すようにしましょう。

【ひどいカビにお悩みの方へ】

  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない

このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!

安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→