クローゼットにカビが生えている場合、衣類にもカビが移るの?

お悩み

家を建てて10年たちます。最近、北側の部屋のクローゼットを開けたときにフワっとカビ臭さが漂う気がして

よく見てみると、クローゼットの壁面と床にポツポツとカビが生えていました。

以前から、湿気対策のために除湿剤は置いていたのですが、若いころから大切にしている思い出のワンピースやブランドバッグをカビから守りたいので

早急に、クローゼットのカビを除去して再発を防ぐ方法を知りたいです。

クローゼット内は大体、常に暗く、ひんやりとした場所です。特別な場合を除き、クローゼット内には湿気を好むカビではなく、乾燥に強いカビや乾燥を好むカビが生えます。

クローゼットにカビが生えていると、衣類にもカビ臭さがうつったり、カビが生える原因となります。衣類にカビが生えてしまうと、クリーニングや洗濯など大変手間もかかりますし、コストもかさみます。

またクローゼット内だけでなく天井や壁、部屋全体のカビにまで広がる恐れも!何としても被害が大きくなる前に食い止めたいところです。

今回は、クローゼット内の生えるカビの対策方法についてお伝えしていきます。

クローゼットにカビが生えた時の対策

こちらの対処法はいくつかの段階によって分かれますが、生えたということはカビにとって生えやすい環境であることが考えられるので『カビを生やさない方法』との併用してください。

いくつかの段階とはカビによる汚染度です。

①隅っこに少し生えた

②内面広く生えてしまった

③服などにも移って臭いも凄い

など、③は特にカビが広がっている可能性が高いでしょう。それでは①~③のカビ汚染度ごとのカビ対策方法について説明していきます。

①隅っこに少しだけカビが生えているとき

①は市販のカビ取り剤でカビを殺菌・漂白する、もしくはエタノールで殺菌し拭き取るなどでカビを取り除きましょう。

消毒用アルコールでカビ取りする場合

ステップ1

ゴム手袋とマスクを着用し、衣類や小物類をクローゼットから出します(革製品はアルコールで変色する恐れがあるため)

ステップ2

クローゼット内のカビが生えた部分やそのまわりに消毒用アルコールを吹きかけて、5分ほど置き、乾いた布巾で拭きとります。

ステップ3

乾燥させたら、衣類や小物類をもとに戻します。

軽度のカビであれば、消毒用アルコールでカビ臭さやカビが落ち着きます。カビの色素が沈着している場合には、消毒用アルコールで漂白できませんので、酸素系漂白剤や塩素系カビ取り剤を用いてカビ取りを行います。

酸素系漂白剤を使ってカビ取りする場合

クローゼットの内部に色柄がある場合は、塩素系カビ取り剤で変色する恐れもあるため、酸素系漂白剤をお湯に溶かした溶液でカビ取りをするのも1つの方法です。

酸素系漂白剤を使用する際はゴム手袋を着用し、手を保護しましょう。

ステップ1

オキシクリーンなど顆粒タイプの酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)キャップ1杯分を40℃程度のお湯4リットルに溶かします(希釈濃度は目安です。詳しくはラベル表示を参考にしてください)

ステップ2

酸素系漂白剤を薄めた液に、布巾を浸し、固く絞った後に、クローゼット内のカビが気になる部分に塗布していきます。

ステップ3

10分ほど時間を置いた後に、固く絞った布巾で水拭きしよく乾燥させます。

注意点

酸素系漂白剤は、ウールやシルクに使用すると傷む恐れがあります。クローゼットから衣類や小物類は全て出してカビ取りをするようにしましょう。また、直接皮膚に触れると肌荒れすることがありますので、ゴム手袋を着用してカビ取り作業をしましょう。

次亜塩素酸ナトリウムを使う場合

クローゼット内に結露や漏水が起こり、黒カビや青カビなどが発生している場合には漂白効果のある次亜塩素酸ナトリウム(塩素系のカビ取り剤)を使用します。ただし、クローゼットの素材によっては塩素系のカビ取り剤により変色する恐れがありますので、カビ取り剤のラベルや注意点をよく確認して、使用するようにしましょう。

また、クローゼットの天井部分にカビが生えている場合には、カビ取り剤を吹きかけると液が落下し、皮膚や目に入る恐れがあります。液だれしないように薄く塗布し、ゴーグルを着用して目を守りましょう。

また、自力では難しそうな場合には無理をせず、カビ取り業者に相談して、プロの手を借りるようにしましょう。

ステップ1

ゴム手袋、マスク、ゴーグルを着用し、窓を開けて換気します。

ステップ2

布巾に塩素系のカビ取り剤を吹きかけて、カビの気になる部分に塗布します。

ステップ3

10分ほど時間を置き、水を湿らせて固く絞った布巾でよく拭きとり、水気を乾燥させます。

塩素系のカビ取り剤の使用時には、塩素ガスが発生します。必ず換気をし、通気性を良くした状態で行いましょう。

カビ取り剤の主成分である次亜塩素酸ナトリウムは色を分解し退色させる作用があるので、服や塗装に付くと色が変わってしまう可能性があるので注意してください。カビ取りを行う際にはクローゼットの収納物を全て出してから行いましょう。

②クローゼットの内に広くカビが広がっているとき

②は場合によっては①の方法では対処しきれないと思います。内面に広くカビが目に見える形で生えてくるのは

『綿毛を携えたタンポポの集団が、綿毛についた種を飛ばして生息範囲を広げている様子』

と同じだとイメージしてください。

クローゼットや服に中に広がり、発芽し芽や根を伸ばしている場合は、倒しきるのが難しく、最悪の場合(③がそれに該当)

  • クローゼットを買い換える
  • 服を捨てる

などしなければならなくなるでしょう。①のように自力で除去すれば解決する場合もありますが、あまりにもクローゼットの全体にカビが広がっている場合には、カビ取り業者への相談も検討しましょう。

カビ取り業者に相談し対処するなど適切な対処を行えば、最悪の事態は避けられると考えられますが、生活環境中にいるカビを完全に消し去る事は不可能なので、『カビを生やさない方法』を心掛ける事が一番大切な事であるを忘れないでください。

③クローゼットだけでなく服にもカビがうつりカビ臭さもひどい場合

クローゼットの天井や壁、床などクローゼット中にカビが広がり、服にもカビが発生してカビ臭さも気になる場合には、自力での対処は限界があります。

この場合は、衣類をクリーニングに出したり、あまりにもカビがひどい衣類は処分するなどしてクローゼット内のカビ取りはカビ取り業者に依頼されることをおすすめします。

ここまでカビが広がっている場合、カビは菌糸を素材の奥深くまで伸ばしている可能性があり、自力で頑張ってカビ除去をしても表面しか取ることができず、再発する恐れがあるからです。

ここまで広がった場合には、プロの力を借りて、しっかりと再発を防ぐカビ取りをしましょう。

◆関連記事◆カビ取り業者に聞いたクローゼットのカビ取り術

日ごろからできるクローゼットのカビ対策

クローゼット内にカビが酷く広がって、洋服や収納している小物類にまで被害が出てからでは、膨大な時間や費用が掛かる恐れがあります。そのため、クローゼットのカビは見つけ次第すぐ対処し、カビを広げないことが大切です。

そのために、クローゼットのカビを防ぐポイントは「湿気を取り除くこと」そして「カビの栄養源をためないこと」です。

  • クローゼットを締め切らず扉を開けて換気する
  • 濡れた衣類を収納しない
  • クリーニングの袋から取り出して収納する
  • 除湿剤を設置する
  • 定期的に衣類を陰干しする

などして、湿気を溜めない環境づくりを行いましょう。

また、雨漏りや漏水が原因の場合はカビの再発を防ぐためにも早急に修理をする必要があります。マンションなどで起きた漏水の場合や管理組合や大家さんに相談して解決しましょう。

結露が生じている場合には、こまめに拭きとり、除湿剤や除湿機を設置して湿気を取り除きましょう。また日ごろからクローゼット内に消毒用アルコールで消毒をしたり、衣類を全て出して、風に当てるなどしてカビの原因を取り除くのも大切です。

荷物が多すぎる場合にもカビの原因となるので、定期的に不要な衣類は処分し、クローゼット内の通気性を上げてカビを防ぎましょう。

クローゼットにカビが生える原因

クローゼットにカビが生えてしまった原因を探るために、まずカビの特徴についてお伝えしていこうと思います。皆さん、カビって目に見えるものだけだと思っていませんか?パンやおもちに生えたカビは認識できるカビですが、実は私たちの目に見えない部分にもカビは存在しています。

カビは私たちの身の回りに存在している

通常、カビは胞子として、空気中や室内に必ず存在するものです。

では何故見かけないのか?

それは胞子が卵のように割れてカビのフサフサの元である菌糸を伸ばしだすには、生育するのに適した環境が必要だからです。

私たちが日ごろ「カビだ」と認識しているものは、カビの集合体です。イメージでいうと、カビ1つ1つは見えないけれど、カビの集合住宅なら目視できるような感じです。ですので普段からカビの胞子は空気中を浮遊し、私たちと共に生活しています。

しかし、目に見えない少しのカビは特に害がありません。中にはコウジカビのように人間にとって有用な働きをもたらすカビもいます。

では何が問題かと言いますと、大量に増えてしまうことで、素材をダメにしてしまったりカビ毒によりシックハウス症候群など私たちの身体へ影響を及ぼすことなのです。

では、カビが大量に増えてしまう場合とは一体どのような条件が揃ったときなのでしょうか。

カビに適した環境とは?

  • 温度
  • 湿度
  • 栄養素
  • 酸素

カビはこれら条件が揃うと彼らは生育を始めるのです。

クローゼットは室内にあり、温度は人が過ごすのにちょうど良いくらい(カビにもちょうど良い)なのです。

栄養素は服やそれら周辺についた埃や汗・皮脂などはほぼ全ての家で揃ってしまっているでしょう。

クローゼット内に湿気は溜めない

それでは何が発生原因になるかと言いますと

  • 湿った服をしまう
  • 密閉し空気の滞留が起きたことによる湿度の高い空気の残留

などがカビが生えるのにちょうど良いくらい位になると発生します。特にこれらが原因でカビが発生するといわれています。

この他、クローゼットにカビが生える原因として

①天井や壁からの漏水

②結露

③カビの生えた服

④雨漏り

⑤換気不十分

などが考えられます。家が老朽化している場合や水害により、漏水、雨漏りが起きた場合は配管や水道管などを修理する必要があります。また、カビの生えた服が原因の場合には、洋服をクリーニングに出したり消毒をしたり、取り返しのつかない場合には、処分するなどしてカビの原因を取り除きましょう。

カビをクローゼットに生やさないためには

まずは生やさない為の対処は

①湿度を高くしない

②こまめに掃除し埃などの栄養源が溜めない

の2点が重要です。

①の対処は市販されている乾燥剤・除湿剤などで充分です。

ただし、乾燥剤は微細な穴に水を吸着するシリカゲルや吸水するとゼリーの様になるものまでありますが、永久に使えるものはないので、時折まだ使えるのか確認して取り替えるなどの必要があります。これに合わせて市販の防カビ剤などを使用すると合わせて効果的であると言えます。

②は文字通りこまめに掃除をすることです。埃を吸取り、乾拭きし、栄養源が残らない様にするのです。

ここまで行えばカビ臭や黒カビを防ぐことができます。

まとめ

クローゼットにカビが生える場合、まずは臭いが気になると思います。キチンと掃除と除湿をする事でカビの発生を防止し、もし生えてしまった場合は、カビの汚染度にもとづきカビを除去しましょう。

掃除した後は、またカビが生えないように湿度コントロールなどの環境対策をしっかり行う事を忘れないで下さい。

ハーツクリーンでは、カビ取り実績に基づいた防カビリフォームも実施しております。

カビの再発を防ぐには、表面のカビ取りをするだけでもリフォームのみをするだけでもどちらか一方では、解決できない場合が多くあります。ハーツクリーン独自のカビ取り技術に防カビコーティング、そして内装のリフォームを組み合わせて行うことで、再発を防ぐために必要な施工を提案しております。何度取っても再発するカビやカビ臭さが気になる場合など是非ご相談ください。

カビ取りのご相談はコチラ

料金シミュレーションはコチラ