クローゼットにカビが生えている場合、衣類にもカビが移るの?

クローゼット内は大体、常に暗く、ひんやりとした場所です。特別な場合を除き、クローゼット内には湿気を好むカビではなく、乾燥に強いカビや乾燥を好むカビが生えます。

今回は、クローゼット内の生えるカビについて話していきます。

 

◆目次

・クローゼットにカビが生える原因

・クローゼットにカビが生えた時の対策

・まとめ

 

1.クローゼットにカビが生える原因

通常、カビは胞子として、空気中や室内に必ず存在するものです。

では何故見かけないのか?

それは胞子が卵のように割れてカビのフサフサの元である菌糸を伸ばしだすには、生育するのに適した環境が必要だからです。

つまり、温度・湿度・栄養素が揃うと彼らは生育を始めるのです。

クローゼットは室内にあり、温度は人が過ごすのにちょうど良いくらい(カビにもちょうど良い)、栄養素は服やそれら周辺についた埃や汗・皮脂などはほぼ全ての家で揃ってしまっているでしょう。それでは何が発生原因になるかと言いますと、湿った服をしまう、密閉し空気の滞留が起きたことによる湿度の高い空気の残留などがカビが生えるのにちょうど良いくらい位になると発生します。特に黒いカビの発生原因はこれです。

※カワキコウジカビなどの要因はどう説明しよう

 

まずは生やさない為の対処は、①湿度を高くしない、②こまめに掃除し埃などの栄養源が溜めない、の2点に尽きると言えます。

①の対処は市販されている乾燥剤などで充分です。ただし、乾燥剤は微細な穴に水を吸着するシリカゲルや吸水するとゼリーの様になるものまでありますが、永久に使えるものはないので、時折まだ使えるのか確認して取り替えるなどの必要があります。これに合わせて市販の防カビ剤などを使用すると合わせて効果的であると言えます。

※効果がなさそうな商品もあるのでどう区別を促すか

②は文字通りこまめに掃除をすることです。埃を吸取り、乾拭きし、栄養源が残らない様にするのです。

 

ここまで行えばほぼカビ臭がしたり、黒いカビが発生することはないでしょう。

2.クローゼットにカビが生えた時の対策

こちらの対処法は幾つかの段階によって別れますが、生えたということはカビにとって生えやすい環境であることが考えられるので『1.カビを生やさない方法』との併用してください。

幾つかの段階とはカビによる汚染具合です。

①隅っこに少し生えた、②内面広く生えてしまった、③服などにも移って臭いも凄いなど、③はほぼお目にしたことがありませんが考えられる事です。

①は市販のカビ取り剤でカビを殺菌・漂白する、もしくはエタノールで殺菌し拭き取るなどで大丈夫でしょう。ただカビ取り剤の主成分である次亜塩素酸塩は色を分解し退色させる作用があるので、服や塗装に付くと色が変わってしまう可能性があるので注意してください。

②は場合によっては①の方法では対処しきれないと思います。内面広く目に見える形で生えてくるのは『綿毛を携えたタンポポの集団が、綿毛についた種を飛ばして生息範囲を広げている様子』と同じだとイメージしてください。クローゼットや服に中に広がり、発芽し芽や根を伸ばしている場合は、倒しきるのが難しく、最悪の場合(③がそれに該当)、クローゼットを買い換える、服を捨てるなどしなければならなくなるでしょう。

③に到る前にカビ取り業者に相談し対処するなど適切な対処を行えば、最悪の事態は避けられると考えられますが、生活環境中にいるカビを完全に消し去る事は不可能なので、『1.カビを生やさない方法』を心掛ける事が一番大切な事であるを忘れないでください。

3.まとめ

クローゼットにカビが生える場合、まずは臭いが気になると思います。キチンと掃除と除湿をする事でカビの発生を防止し、もし生えてしまった場合はカビを除去しましょう。

そうするだけで臭いはかなり減るはずです。

掃除した後は、またカビが生えないように湿度コントロールなどの環境対策をしっかり行う事を忘れないで下さい。