フローリングに生えたカビの除去方法と再発防止法

板面にポツポツとカビが生えたり、目地がカビで黒ずんでしまったり…フローリングのカビに悩んでいるという方は意外と多いのではないでしょうか。衛生面も心配ですし、賃貸住宅なら、退去時の現状回復も気になりますね。ここでは、そんな悩みを解決するために、フローリングにカビが発生する原因や、生えてしまったカビの正しい除去方法について解説していきます。

●●●
カビのプロ

実は、ふだん何気なく行っている行為が、カビにとっては「逆効果」ということもあります。そこでフローリングにカビが生えた場合の正しい対処方法をまとめてみました。

フローリングにカビが生えた!原因は何?!

カラッとしているイメージがあるフローリングですが、カビの被害にあってしまうケースが、実は少なくありません。フローリングにカビが生える原因は、どのような点にあるのでしょうか。

①フローリングのカビの原因は湿気と栄養分

カビの発生にかかわる条件は主に「湿度」と「温度」「養分」です。カビが好む養分は、汚れやホコリなどです。フローリングの床の上には人の体からこぼれた皮膚や、皮脂などが無数に落ちています。カビはこれらの汚れを養分として、フローリングで成長するのです。また、カビに適した環境は、湿度:60%以上、温度:22~25℃程度です。フローリングの床には敷物を敷く場合が多く、その場合床と敷物の間は密閉され、湿度が上昇しやすくなります。22~25℃は、室温としてごく一般的な温度帯でしょう。

よってこれらすべての条件が揃い、フローリングの床にカビが発生してしまうケースは珍しくありません。

②フローリングにカビが生えやすいシチュエーションは?

フローリングにカビが生じやすくなるのは、主に次のようなシチュエーションです。

布団を直接敷きっぱなしにしている

フローリングの上で布団を万年床状態にしていると、カビが生える可能性が高くなります。人間は寝ている間に汗をかきます。そのため布団は湿気を含み、床と布団の間の湿度は上昇します。上に人が寝れば、温度も保たれるでしょう。さらに布団を敷きっぱなしにすればホコリや汚れも溜まるため、カビにとっては大変好ましい環境となってしまうのです。

カーペットを敷いている

カーペットの下も汚れが溜まりやすく、カビが繁殖しやすい環境です。水分をこぼして充分に乾燥させないなどの状況があれば、危険度はさらに上がります。

防カビ素材のカーペットや、電気カーペットで高温だから大丈夫と過信しないこと。カビはちょっとした湿気でも発生することがあります。

植物の鉢を置いている

観葉植物などの鉢を床に置いている場合、周囲の湿度が上がりやすくなり、カビを招くことがあります。

フローリングに生えたカビの正しい除去方法

もしもフローリングにカビが生えてしまった場合はすぐに除去しましょう。特別な道具や技術がなくても、自分で対処できる場合がほとんどです。方法をみていきましょう。

①フローリングのカビには拭き掃除が効果的

フローリングのカビに、基本的に拭き掃除で対処します。

もっとも一般的なのは「無水エタノール」を使う方法です。ぞうきんなどでフローリングの表面を拭いたあと、80%に希釈したエタノールをカビの部分に吹き付け、さらに拭き取ります。目地に入り込んだカビは、歯ブラシやつまようじなどで落とします。

created by Rinker
健栄製薬
¥1,295 (2019/12/12 06:17:38時点 Amazon調べ-詳細)

ただしフローリングの種類によっては、エタノールで色落ちしてしまいます。必ず最初に目立たない場所に塗布して、2、3日様子をみてください。また、エタノールで色落ちしてしまう床の場合は、薄めた「逆性石鹸」を使用するとよいでしょう。その際はエタノールと同じ要領で拭き掃除をしましょう。

逆性石鹸とは、一般的な石鹸と違い洗浄力はほとんどありませんが殺菌力の強い石鹸液のことです。衛生管理の徹底されている病院の食堂や医療の現場などで使用されています。カビの除去にも利用できます。

created by Rinker
オスバン
¥732 (2019/12/11 17:22:45時点 Amazon調べ-詳細)

フローリングのカビ掃除、こんな方法はNG!

フローリングにカビが生えたとき、焦ってさまざまな掃除方法を試すと、大きな失敗につながることがあります。とくに、次に紹介する3つのケースは絶対にNG。誤って行わないように気を付けましょう。

①掃除機を使った掃除

フローリング表面のカビを掃除機で吸ってしまうのはNGです。掃除機の吸気口から吸い込まれたカビの胞子は、フィルターを通り抜け、後ろの排気口から吐き出されてしまいます。その結果、それまでよりも広範囲に、カビのもとが撒き散らされることになるのです。同じようにエアコンのフィルターなども、掃除機で吸うとカビを拡散する危険があります。

②キッチン用・浴室用などのカビ取り剤の使用

「カビ取り剤ならなんでもいいか」と考え、キッチン用や浴室用などのカビ取り剤をフローリングのカビ取りに使用してはいけません。キッチン用・浴室用のカビ取り剤はとても作用が強いです。フローリングに使用すると、板材の傷みや色抜けを引き起こしてしまいます。

③酢・重曹の使用

浴室などのカビ取りには、重曹や酢が効果的です。しかし、フローリングのカビを除去するのに使うのは避けた方がよいでしょう。重曹には研磨作用があり、フローリングの表面を削り取ってしまいます。酢を使った方法も、べたつきが残ってしまったり、酢を養分に新たなカビが発生したりとさまざまなリスクがあるため、おすすめできません。

●●●
カビのプロ

フローリングにカビが生えたら、フローリング専用のカビ取り剤で除去しましょう。フローリングが退色したり痛むのを防ぎます。

まとめ

フローリングのカビの多くは、生育に適した湿気や、十分な養分が得られるシチュエーションのもとで発生します。該当する状況があれば、改善することで、カビを防ぐことができるかもしれません。

また、生えてしまったカビは、エタノールなどで拭き取ることで対処できます。掃除機やカビ取り剤、重曹や酢の使用は避け、適した方法でカビの除去を行いましょう。

関連記事

  1. 冷蔵庫のカビを除去する方法

  2. エアコンのカビを精油で予防する方法

  3. 浴室(お風呂)のカビを除去する3つの方法

  4. タンスのカビを除去する方法

  5. 倉庫においていたら物にカビが生えてしまった・・・どうしたらいいの?

  6. 押入のカビを除去する方法とその後の手入れ