床材のカビを除去する方法

毎日しっかりと掃除をしていても、汚れは出てきてしまうものです。水回りや収納は小まめにチェックしていても、床材は見落としがちということも少なくありません。実は床材にカビが生えてしまうことも多いのです。一度カビが生えてしまうと、何度も同じ場所に生えたり健康面に影響が出たりするなど、マイナス面がいっぱい。

●●●
カビ悩み子

カビの生えやすい床材などもあるのね、うちの床材は大丈夫かしら?!

こちらでは床材にカビが生える原因、床材に生えたカビを除去する方法と予防するための方法をご紹介します。

床材にカビが生えてしまう原因とは?

床材にカビが生えてしまうと、なかなか落ちないものです。では、カビが生えてしまう原因は一体どこにあるのでしょうか?

①そもそもカビが床材に生えてしまうのはナゼ?

カビの一番の原因となるのが湿気です。湿度70%、温度20℃を超えるとカビは活発に繁殖するとされています。

床材にカビが生える最大の原因は床材にそのまま布団を敷いていることです。その布団を昼間も畳まず、そのままにしている場合は特にまずいです。寝ている間に人がかく汗の量はなんとコップ1杯程度。その汗が湿気となり布団の下に溜まることによって、カビが発生しやすい条件をつくるのです。

また、冬の窓周辺の床材にも注意が必要です。室内が暖かく、外が寒い冬は夜の間に結露ができやすいのですが、その結露を放置すると窓の内側に水滴がつき、窓のふちや床材に落ちることでカビの生える原因となることも。湿気の多い梅雨の時期だけに限らず、年間を通してカビは生えやすいものです。最近の住宅環境はとても良いぶん、なおカビも生えやすくなっていると言えるでしょう。

●●●
カビのプロ

湿気の多い季節や、雨が続く時期、また一年を通して通気や日当たりが悪い部屋の場合は全体的にカビが生えやすいです。そのため、普段から換気をしたり掃除を行うなど、こまめなカビ予防を習慣化しておきましょう。

②床材のカビを放置しておくとどうなるの?

就寝時にクシャミや鼻水などのアレルギー症状が起こっていませんか?!

床材に生えたカビを放置しているとどんな影響があるの?と思う方も多いでしょう。実は、家の中にできるカビと一緒で、床材のカビは人体に影響をおよぼす可能性があります。

カビは胞子を飛ばして増殖します。よって、知らないうちにカビが舞っている環境で過ごしている、なんてことも珍しくありません。そのカビが体内に入ると、くしゃみや咳が止まらないなどのアレルギー反応が出てきたり、気管支炎や喘息の原因になったりすることも。また、皮膚への影響が出る場合もあり、かゆみや水虫を引き起こすことも考えられます。床材の上を裸足で歩きがちな夏などは、気付かないうちにカビが皮膚に触れていた、なんてことも多いでしょう。

カビをそのままにしておくのはとても危険です。影響が出る前に対処することを心がけましょう。

床材に生えたカビを条件するための方法

床材に生えたカビを除去するにはどんな方法があるのでしょうか?手のつけられない状態になる前に、一刻も早く除去を行うようにしましょう。

①雑巾でしっかりとふき取ることが大切

まず、濡れた雑巾をよく絞って、しっかりと拭き取ることです。できたばかりのカビであれば、この方法で問題ありません。ただ、それだけでは不安!という場合は、無水エタノールを80%に希釈したものを吹きかけてから拭き取ると良いです。無水エタノールはドラッグストアなどで入手できますし、他の場所で除菌のために使うこともできますから、購入しておくと便利です。

created by Rinker
健栄製薬
¥905 (2019/08/24 00:08:52時点 Amazon調べ-詳細)

②床材の隙間には雑巾と爪楊枝の使用が効果的

床材の表面のカビは簡単に除去することができますが、隙間の場合はそうはいかないことも。そこで活用したいのが雑巾と爪楊枝です。表面と同じく、水やエタノールで濡らした雑巾を床材のカビにかぶせて、その上から隙間に爪楊枝を当てて除去します。カビの除去はもちろん、汚れもしっかりとることができますよ。

created by Rinker
マルワ
¥211 (2019/08/23 17:45:03時点 Amazon調べ-詳細)

③これはNG!なカビを除去する方法

雑巾でカビを拭き取る前に掃除機をかけるのはNGです。なぜなら、吸引後にフィルターをすり抜けて後ろから空気と一緒に排出されてしまうから。そうすることで、部屋中にカビを撒き散らす結果になってしまいます。また、カビキラーなどの塩素系の洗剤は、床材の表面の色を落としてしまう可能性も。色によっては補正テープやクレヨンを使えますが、塩素系の洗剤は強力なため補正がきかないこともあります。カビキラー以外にも、メラミン系のスポンジは床材を傷つけてしまいやすいので使用は避けるようにしましょう。

●●●
カビのプロ

床材にカビが発生していたら、早く対処しようと掃除機をかけたくなりますが、部屋全体にカビの胞子をまき散らしているようなものです。まずは、雑巾で拭いてアルコールや床材を傷めないようなカビ取り剤で除去しましょう。

床材のカビを予防するための方法

そもそもカビが生えてこなければ、除去の必要はありません。そこで、床材にカビが生えることを予防するための方法を知っておきましょう。

①湿気対策することが大切

まずは湿気対策をすることを心がけ、風通しを良くするようにしてください。そして、床材に布団を敷くのであれば、畳む場所と置く場所を変えるなどして布団と床材の間に湿気がたまらないようにしましょう。また、布団の下にすのこを使うなどするのも有効な対策です。

家具の隙間の湿気対策としては、壁にぴったりつけずに5cm程度は離すこと。もしくは床下と離れたものを選ぶと良いでしょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,900 (2019/08/23 17:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

②小まめな掃除を心がける

部屋の模様替えをはじめ定期的に家具を動かすなど、気づいたときに掃除をすると良いでしょう。その際は床材にカビが生えていないかをチェックしながら、掃除を行うようにしてください。

まとめ

床材のカビなんて拭き取るだけで良いと思っていませんか?しかしカビを放置してしまうと人体に影響が出る可能性もあり、また繁殖することで掃除をしても除去できなくなることも。そうならないためにも、こまめにチェックすることは大切です。カビのない快適な暮らしができるように、日頃から心がけていきましょう。

関連記事

  1. 地下室にカビが生えやすい原因とは?対処・予防法を解説

  2. カビの生えやすい地下室のカビ対策方法

  3. 壁紙を変えただけではカビの再発リスクが高い!

  4. 食器にもカビが生えることはある!原因と対策について解説

  5. 押入のカビを除去する方法とその後の手入れ

  6. 壁に生えたカビも重曹で落とせる!?【重曹のカビ取り方法】