メラミンスポンジでカビを除去しないほうが良い理由

洗剤を使わなくても便利に汚れを落としてくれるメラミンスポンジ。

  • 軽度の油汚れ
  • こげつき
  • 水垢
  • 茶渋
  • 鏡の汚れ

であれば、その線維の研磨効果で洗剤がなくても水をふくませてこするだけで綺麗に落とすことが出来ます。

商品としては「激落ちくん」が有名ですよね!メラミンスポンジのことを”激落ちくん”と呼ぶくらい、人気な商品です。

では、そんなメラミンスポンジを活用して「カビ」は綺麗に落とせるのでしょうか?!

●●●
カビ悩み子

もしも、メラミンスポンジでカビが落とせるのであれば、それは手軽で嬉しいのだけど大丈夫かしら?

●●●
カビのプロ

メラミンスポンジは、カビ落としには向いていません。それは色んなリスクが伴うからです

そこで今回は、メラミンスポンジで行うカビ除去がなぜNGなのか、まとめていきたいと思います。

メラミンスポンジとは?!

メラミンスポンジは、食器などでも使用される”メラミン樹脂”をフォーム化してスポンジ状にしたもので、表面の硬度が高いことから研磨効果によって、削りながら汚れを落とします。消しゴムのようなイメージに近いですね。

また、メラミンスポンジは基本的に使い捨てで使用されるものが多い為、小分けタイプや切り取りして使うタイプなどもあります。

メラミンスポンジでカビを落としても良いの?!

では、実際にメラミンスポンジでカビ汚れを落として良いのかについてですが先に結論から言いますと

「基本的には、カビ落としには向かない」

ということです。

●●●
カビのプロ

メラミンスポンジは研磨効果が高い為、表面のカビを落とすことが出来ても壁の種類や場所によっては傷つけてしまうことがあります

では、なぜカビ除去に”メラミンスポンジが向いていない”のでしょうか。

メラミンスポンジがカビ除去に向かない理由

①表面のコーティングを剥がしてしまう

メラミンスポンジは、メラミン樹脂の研磨効果により汚れを削り取るといった特徴があります。その為、カビ汚れだけでなく

  • 浴槽の汚れコーティング
  • 防水コーティング
  • ステンレスの防水コーティング
  • トイレの汚れコーティング

など、素材自身のバリア効果であるコーティングを削ってしまう可能性があります。特に強くゴシゴシと力を入れすぎてしまった場合や、メラミンスポンジに含ませる水分が充分でない場合などはキケンです。

より汚れやすくなってしまっては、元も子もありませんよね。その為、もしも浴槽やトイレなどで使用する場合には

「たっぷりと水分をふくませて、優しくこすり取る」ようにしましょう。

②表面のカビにしか効果がない

また、メラミンスポンジでカビを落とした場合、一見きれいに除去できたように見えてもカビというのは深く根を生やして繁殖しているので、結局またカビが再発してしまう可能性があります。

一時的にキレイに見せるための効果はあるかもしれませんが、表面のコーティングを落とすリスクを担ってもまた再発してしまうのは悲しいことですよね。こういった点からもメラミンスポンジはカビ除去に向いていません。

③市販のカビ取り剤と一緒に使えない

また、メラミンスポンジは塩素系漂白剤と一緒に使用すると溶けだしてしまい効果が発揮できません。その為、カビ取り剤と一緒に使えないというデメリットもあります。

●●●
カビのプロ

メラミンスポンジと塩素系のカビ取り剤を組み合わせると、メラミンスポンジが溶けてポロポロと崩れてしまい上手く除去ができません。

この他、メラミンスポンジは

  • 表面に凹凸のある壁面
  • 溝や細かいスキマ

などの場所の掃除にも向きません。そのため

  • 凸凹の多い壁のカビ取り
  • 結露の多いゴムパッキンのカビ
  • すりガラスのカビ

などのカビ取りにも向いていません。

●●●
カビのプロ

また、メラミンスポンジは水分をたっぷりと含まれて使用するため、しっかりと使用後に水気をふき取らないとカビの原因になることも。

結論「カビ取りなら普通のスポンジがおススメ」

メラミンスポンジは、焦げ付きを落としたり軽い油汚れを落とす場合には非常に便利な優れものです。しかし用途が「カビ取り」となると

  1. 表面のコーティングを削ってしまう
  2. 奥のカビまで落とせず再発してしまう
  3. 市販のカビ取り剤だと溶けてしまう

など、上手くその効果を発揮できずかえってカビ再発の原因になることもあります。

その為「カビを除去」するのであれば普通の

  1. 掃除用のスポンジ
  2. ブラシ
  3. 濡れ布巾

など場所や用途に合わせて使い分けた方が良いでしょう。

created by Rinker
中村(Nakamura)
¥648 (2019/11/13 02:20:31時点 Amazon調べ-詳細)
●●●
カビのプロ

普通のスポンジを使用する際も、素材を傷つけないよう”優しく”こするようにしましょう

また、メラミンスポンジで表面のカビだけを落とすよりは

  • 市販のカビ取り剤
  • 熱湯消毒
  • 消毒用エタノール

などで、カビの根までしっかりと殺菌することをおススメします。

created by Rinker
ビーワンコーポレーション
¥1,480 (2019/11/13 02:20:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
カビキラー
¥29 (2019/11/13 02:20:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
健栄製薬
¥900 (2019/11/13 17:31:43時点 Amazon調べ-詳細)

もしも壁の裏までカビが浸透してしまい繁殖している場合には市販のカビ取り剤でも難しいケースもあります。

その際には、カビ取りの専門家にご相談ください。

 

カビ取りのプロに相談

関連記事

  1. 新築の家をカビから守るために知っておきたいこと

  2. 家具とカビ被害

  3. 増税前に買うべきカビ対策グッズ

  4. カビの発生要因4つ

  5. 【Q&A】カビ取り専門業者に依頼するか迷ったらチェックすべきポイントとは?!

  6. 壁や玄関のサッシに結露でカビが生えたときの対策法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。