新築だからこそ知っておくべきカビが生える原因と対策とは?

「最近、新築なのにカビが生えて困った!欠陥住宅?!」

「なんで新しいお家なのにカビが生えちゃうの?!」

そんな声が少なくありません。我が家は高性能だからカビなんて生えない、そんな悩みとは関係ないと思っていませんか?でも、実際はあなたの新しい家も、カビが生えやすい構造かもしれないんです。

そこでここでは、なぜ高性能なのに家にカビが生えてしまうのかといった原因をはじめ、壁にカビを発生させないためのコツを紹介します。

なぜ今どきの家ほどカビが生えるの?

古い建物だと隙間風が拭いていて暖房も効かない、夏は夏でエアコンが効かず暑、なんてことはよくありました。一方今どきの建物は、エアコンだけでも冬は暖かく夏涼しく、しかも省エネといいことづくめ。

なぜ、こんなにも家の快適さが大きく違うのか。それは家のつくりの進化、特に壁の構造が変化してきたからなんです。今は断熱材を使用した高気密・高断熱の家がスタンダード。逆に昔の家は、断熱材なんて入っておらずスカスカだったのです。しかしこの高性能の家だからこそ、外気との温度差が大きく結露しやすくなり、カビが生えやすい原因となるのです。

壁紙にカビが生える理由とは?

カビが繁殖するための条件は、栄養(埃・アカなど)、酸素、温度(20℃~30℃)、そして水分の4つになります。この条件がそろえば、カビは簡単に繁殖していきます。そして、この条件の中で私たちが一番コントロールしやすいのが水分

住居環境が快適になった反面、温められた水分をたっぷり含んだ空気が冷えることで結露し、新築でも数カ月で壁紙にカビが生えてしまった!なんて声も少なくありません。湿度や結露に関して、こまめにケアすることが大切です。

壁の内部に発生するカビの原因とは?

壁紙に発生するカビと違い、知らない間にどんどん増えるのが壁の内側に発生するカビです。

現在の一般的な住宅の壁の構造は、部屋と設定している面には防湿シート、さらに外壁側には空気の通り道、その間に断熱材という構造になっています。この断熱材の使用により、省エネでありながらも冷暖房が効くようになりました。

コンクリートの水分がカビの原因?!

木造の建物や軽量鉄骨造の建物であれば、漏水が無い限り壁の内部にカビが発生する可能性が低いのですが、鉄筋コンクリート造の場合はカビが生える危険性があります。鉄筋コンクリート造の新築時はまだコンクリートの水分が抜けきらず夏場の天井裏はかなりの湿度になります。それにより知らず知らずにカビが大量発生することがあります。部屋中カビだらけになって取り返しのつかない状況になる前に、しっかりと対策しておきましょう。

カビ取りのプロに相談

高気密の家だからこそ、こうしてカビを防ぐ!

カビを発生させないために私たちができることは、水分をコントロールすることです。

まずは、湿度計をおいて過度な加湿をやめ、除湿器を使いながら湿度を調整すること。これが基本です。とはいえ、寝ているだけでも湿気は出てきますし、暖房も冷房も使用しないわけにはいきません。となると、新築でも湿気をためないためにはどうしたらよいのでしょうか?

24時間換気止めてませんか?

新築の場合すべての部屋に24時間換気がありますね?それは平成15年以降に建てられた家では建築基準法により24時間換気の設置が義務化されているためです。

24時間換気の仕組みは、リビングをはじめ各部屋の給気口から外気を取り込み、浴室やトイレなどから強制的に空気を外に出す、といったものです。これにより、気密性の高い住宅でも空気の流れをつくることができ、換気がしやすくなりました。ただ、電気代が気になるから、使っていない部屋だからという理由でシステムの一部を止めたり、給気フィルターのお手入れが不十分な場合には、十分な空気の流れができません。そうするとよどんだ空気・湿気がこもる原因になってしまいます。

24時間換気はすべての部屋で常時ONとするのが基本です。

使っていない部屋も要注意!

リビングや浴室といった普段生活する部屋だけでなく、日常ではあまり使わない納戸などの部屋にも注意が必要です。その理由は、これらの部屋にもリビングなどから暖かく湿った空気が流れ込むからです。流れ込んだ空気は部屋間の温度差により結露し湿度が上昇、カビが生えやすい環境の形成に一役買ってしまいます。使っていない部屋でも、空気の流れを意識した換気が必要となります。

窓などがない場合にはカビ予防のために、小さいサーキュレーターでも設置しておくと良いでしょう。(自宅に眠っている扇風機でも大丈夫です)

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,943 (2019/04/24 18:58:38時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたか?壁の内側のカビは、現在の住宅が抱える新しい問題ともいえます。しかし、壁内部のカビによる健康被害については壁内部のカビが部屋側に出てくることは殆ど無いため、特に影響がないことが多いです。しかし今後何十年と住んでいくわけですので、工務店の中では1年点検や1年保証を設けているところもあります。

1年以内に天井裏をのぞいてみてカビが発生していないか確認してみましょう。もしカビが発生していた場合は、工務店に相談し新しいボードに交換するなど対応してもらうのがいいと思います。

また、新築の壁にカビを発生させないためには、結露を防ぐこと、湿度を上げすぎないことが最重要となります。まずは過度な加湿をやめ、24時間換気システムを使いながら湿度をコントロールすることが大切です。基本的なことになりますが、防カビの基本はこまめな掃除と換気、そして適度な湿度(60%以下)に保つことです。ぜひ参考にして頂き、快適な環境を維持してください。

関連記事

  1. 室内がかび臭い!カビの見つけ方と対処方法

  2. 賃貸でカビを生やしたら誰が負担するの?

  3. 同じカビでも強いカビ・弱いカビはあるのか

  4. 学習塾や教室はカビやすい?!勉強に影響がでることも?!

  5. 宿泊先のホテルがカビ臭いときどうしたらいいの?

  6. カビに影響を与える結露の上手な防ぎ方