カビで黒くなった長尺シートも新品同様にキレイになる

塩ビ系シート床材のひとつ、長尺シート。同じ塩ビ系の床材と比べると、硬くつくられているため丈夫なシートですが、これにもカビなどの黒ずみが発生してしまうことがあります。でも長尺シートはきちんとお手入れすれば、きれいな状態に復活することも。長尺シートのカビが気になるときのお手入れ方法などをご紹介します。

1.長尺シートの基本的なお手入れ方法

長尺シートなど、塩ビ系シートはキッチンやトイレなどに使われることが多い、比較的丈夫でお手入れも楽な床材です。でも、やはり日常的にきちんとお手入れをしておく必要はあります。そこで長尺シートの基本的なお手入れ方法をご紹介します。

1-1.ホコリや汚れを放置しない

日頃から長尺シートについているホコリなどの汚れは放置しないようにしましょう。掃除機を使用して掃除してOKです。もしホコリが固まってしまったら、ブラシなどを使用してお掃除するのもOK。細かな場所には歯ブラシも有効です。フローリングワイパーを使えば、ホコリと一緒に汚れも落ちますので便利です。

また、長尺シートにはつなぎ目がありますが、ここにはホコリがたまりやすいので注意してください。放置しておくとカビの繁殖原因にもなりますので、忘れずに掃除しておきましょう。

1-2.こまめに水拭きをする

長尺シートは水に強いシートなので、水拭きも可能です。かたく絞った雑巾で、定期的に水拭きをしましょう。

汚れが気になるときは、水ではなくお湯を使って拭くと良いでしょう。目立った汚れも、お湯を使うことでスッキリときれいに落ちてくれます。また、塩ビ系のシートに関しては中性洗剤を使用することも可能です。汚れが落ちない場合は台所用の洗剤などで磨くのも良いでしょう。

2.カビなどの黒ずみをきれいにする方法

日頃からお手入れをしていても、見落としてしまいがちな角などにカビなど黒ずみができてしまうことがあります。そんな時に役立つ、カビの黒ずみのお掃除方法をご紹介します。

2-1.消毒用エタノールで除菌する

カビに対して水拭きを行うと胞子を広げてしまうことになります。そこでカビを発見したらすぐに拭き取るのではなく、消毒用エタノールを使って除菌をするようにしましょう。

除菌の方法は、スプレー容器にエタノールを入れてカビ部分に噴射、あとはしっかりと乾かし、拭き取ればOK。黒ずみはすぐには落ちないかもしれませんが、何度も繰り返し行うことで次第にきれいになってきます。

2-2.メラミンスポンジを使う

表面を傷つける可能性があるので強くオススメはできませんが、メラミンスポンジを使用して汚れを落とす方法もあります。ただし繰り返しになってしまいますが、色が落ちてしまったり表面の加工が落ちてしまう可能性があるので、必ず使用前に目立たない場所で試してから実行してください。汚れは良く落ちますが、あまりこすりすぎないように注意してください。広範囲に使用するのではなく、しつこい汚れがある部分などに対してピンポイントで使用するようにしましょう。

2-3.ガンコな汚れには専用クリーナー

がんばっても落ちないガンコな汚れには、専用クリーナーを使用します。必ず塩ビ系シートで使えるものかどうかを確認してから使用してください。中性よりアルカリ性のクリーナーのほうが良く汚れが落ちる傾向があります。値段がそれほどしないものも販売されていますので、お家に1本用意しておくのもありかもしれません。

2-4.次亜塩素酸ナトリウム入りの洗剤を使う

カビによる黒ずみであれば、次亜塩素酸ナトリウムで驚くほど綺麗になることがあります。表面に油汚れや酸化汚れなどが付着していた場合、綺麗にならない場合があるため、ほかの汚れを除去してから、最後に次亜塩素酸ナトリウムの洗剤を使うとさらに効果的です。

3.長尺シートを長持ちさせるために

長尺シートは丈夫でお手入れも楽な床材のひとつですが、長く使用していると、どうしても傷みは出てきてしまいます。そこで少しでも長持ちさせるためのポイントをいくつかご紹介します。

3-1.漂白剤は使用NG!

漂白剤は基本的に使用しない方が良いでしょう。ただ漂白剤でも酸素系の場合は比較的マイルドなので、使用できる場合もあります。塩素系の漂白剤の場合は、色が落ちてしまったり、表面を傷つける原因になりますので、使用しないでください。

3-2.重いもの・尖ったものをのせない

丈夫な長尺シートですが、重いものや尖ったものをのせてしまうと、傷をつける原因になってしまいます。のせたまま引きずったりもしないようにしましょう。

3-3.タバコの火は要注意

耐熱加工もされている塩ビ系シートですが、タバコの火を落としたりすると焦げ跡はついてしまいます。くれぐれも注意しましょう。

3-4.ゴム製品と接触させない

長尺シートのような塩ビ系のシートは、ゴム製品と長時間密着すると着色してしまうことがあります。これをゴム汚染といいます。

テーブルや椅子の脚の先端部分がゴムであったり、ワゴンのキャスター部分がゴムでできている、ということはよくあります。そういったものを使用している場合はゴム汚染を防ぐために、床材と直接触れないよう、マット等布を敷いて使用したり、間に板などを挟んで使用したりといったことが必要です。

4.まとめ

長尺シートは水に強くお手入れも楽な床材です。毎日、大掛かりな掃除をするのは大変ですが、気づいたら汚れをさっと落とすことが大切。こまめな掃除を行うことで、長くきれいな状態を保てるようにしたいですね。

関連記事

  1. コンクリートのカビを除去・予防する方法

  2. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅で使ってみた

  4. 空気清浄機はカビの発生に効果があるのか

  5. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

  6. プラスチックにもカビは生える!除去方法と予防策について

  1. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

    2019.01.19

  2. ゴキブリの種類と退治する方法とは?!

    2019.01.12

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅…

    2019.01.12

  4. 家庭内で発症するカビアレルギー!予防のための5つの方法!

    2018.12.29

  5. カビを生えにくくするための整理収納法

    2018.12.23

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ