カビ取り業者に聞いた!天井のカビ取りをする際の注意点とは?!

天井に黒い模様がポツポツと発生。

最初は「模様かな?!」と思っていたものの、日に日に黒いポツポツが大きくなってしまう。

これは、もしかしたら天井のカビかもしれません。しかし、天井のカビ取りに関しては細心の注意を払わないと

  • ケガ
  • 身体への害
  • 労力の無駄

になりかねません。

代表 穂苅

天井のカビは非常に難易度の高いカビ取りの1つです。カビ取り方法を間違えると、カビがちゃんと取れきれないだけでなく、再発のリスクや身体への影響が出ることもあります。

天井のカビ取りは素人で行うには非常に危険が伴います。しかし一方で

  • そのまま放置はしたくない
  • 一刻も早く除去したい

という方もいるかも知れません。

そこで、この記事では「天井のカビを除去する際の注意点」についてカビ取りのプロであるハーツクリーン代表の穂苅氏に聞いてみました。

もしも今「天井の気になるカビを応急処置として自力で除去しよう」と意気込んで、この記事にたどり着いた方は

安全のためにも実際にカビ取りをする前にぜひご一読いただきたいと思います。

どうして天井にカビが生えるのか?!

では、まず天井のカビがどうして生えてしまうのか、実際に現場でカビ取りを多数行っているカビ取り業者に聞いてみました。

代表 穂苅

天井にカビが生える場合、いくつか理由がありますが、簡単に言うと”湿気”が原因です。

穂苅氏によりますと、天井にカビが生える場合には共通点があるとのこと。

例えば

  • 北側の部屋の天井
  • 風呂の天井
  • 結露の多い窓際付近の天井

など、湿気がたまりやすく日光が当たりにくい場所の天井にカビが生えやすいそうです。

代表 穂苅

北側の部屋で、外の冷気が中に伝わってきて結露ができて、青カビや黒カビが発生というケースを今まで多く見てきましたね

また、お風呂の天井の場合は湯気が原で、その水気をそのまま乾燥せずにおくことでカビが生えてしまうそうです。お風呂場の換気扇がききにくい場合や通気性が悪い場合は要注意ですね。

北側の部屋でや、玄関付近でも日当たりが悪く、通気性の悪い場所の天井でカビが発生しているケースは多々あるそうです。

(↑上部分の黒いすすのようなところは、全てカビです)

また、そのまま天井のカビを放置することでカビは重力に従って落下しますので

天井→床

とカビが発生しているケースも多かったそうです。

つまり、天井のカビを発見したらなるべく早く対策した方が良いということ(床や壁にも広がりますからね)では、実際に天井のカビを取る際の注意点についても聞いてみました。

代表 穂苅

正直なところ、天井のカビ取りは難しいので、薬剤が目や口に入ったり薬剤で体調を崩すリスクを考えると自力で取るのはあまりおススメできませんが、カビ取り業者が決まらず早急に対策がしたい場合や、ごく小規模のカビを何とかしたい場合などでご活用いただけますと幸いです。

天井のカビ取りで必要な準備は?!

まず「どんな薬剤でカビ取りをすると良いのか」「部屋の天井」「風呂の天井」の場合に分けて聞いてみました。

①部屋の天井の場合

  • 脚立(注意しながら乗りましょう)
  • ゴーグル
  • マスク必要
  • 養生テープ
  • ジェルタイプのカビ取り剤
  • 刷毛かスポンジ
  • 長袖長ズボン(皮膚に付着しないように)
  • 帽子や三角巾で髪の毛もガード
代表 穂苅

まず、必ず「ゴーグル」と「マスク」は準備してください!ゴーグルがないと、薬剤が垂れてきて失明のリスクもあります。マスクはできれば、防ガスマスクをおススメします。

また、カビ取り剤を塗布する際は、液体や泡などのように落下しやすい薬剤を使用するのではなく、ジェルタイプなどトロトロで粘度の高いカビ取り剤を使うなど、垂れにくいものを使用する方が良いそうです

(液だれしやすい泡タイプ、液体タイプはおススメしない)

created by Rinker
鈴木油脂工業
¥1,909 (2020/07/07 10:43:20時点 Amazon調べ-詳細)

また、カビ取り剤は吹きかけるのではなく「刷毛」「スポンジ」を使って”塗広げる”ようなイメージで塗布します。

created by Rinker
トラスコ中山(TRUSCO)
¥849 (2020/07/07 10:43:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
山本光学
¥1,000 (2020/07/07 15:35:09時点 Amazon調べ-詳細)

お風呂の天井の場合

風呂場の天井のカビ取りをする際に準備するものは、部屋の天井のカビ取りと同じものだそうです。

(泡タイプのお風呂用カビ取り剤を使用する際には液だれをしないよう、少しずつ塗布すること)

特に、お風呂は蒸気などで暑く半袖を着て薄着でカビ取りをする場合もあるかと思いますが(季節にもよりますが)

  • 衣類は脱色してもよいもの
  • 長袖長ズボン
  • ゴーグル
  • マスク
  • 刷毛

また、帽子(シャワーキャプでも)を着用し、皮膚にカビ取り剤が付着しないようにしましょう。

代表 穂苅

マスクが必要なのは塩素ガスが揮発して体調を害する恐れがあるからです。また直接、塩素系のカビ取り剤が皮膚に付着しないよう手袋やゴーグル、マスク等で必ず保護してください。

水泳用のゴーグルでも代用できる

もしも、カビ取りようのゴーグルが手に入らない場合は、水泳用のゴーグルで代用しても良いそうです。

水気が目に入るのを防ぐ水泳用ゴーグルはカビ取り剤が入るのも防ぐそう。逆に、普通の「めがね」は隙間からカビ取り剤が入るためおススメしないそうです。

天井のカビを自力で取る際に注意すべきことは?!

天井のカビ取りを行う際に注意すべきこともカビ取り業者の代表である穂苅に聞いてみました。

代表 穂苅

まずは換気は必ず行う事。そして「養生」を完璧に行ってください。また何度もお伝えしていますがマスクやゴーグル、長袖長ズボンで皮膚を保護することです。また、カビ取り剤を塗布する際は、液だれしないように少しずつ塗広げてください。

養生テープで養生し、変色させたくない部分や塩素系消毒剤で脱色してしまう金属部分を覆います。

created by Rinker
スリオンテック
¥270 (2020/07/07 10:43:24時点 Amazon調べ-詳細)

また、カビ取り剤を使用した場合は「カビ取り剤の除去」も重要です。市販の塩素系カビ取り剤の場合、注意事項に「使用後は流水でしっかりと洗い流しましょう」と記載があるものもあります。

お風呂場はシャワーで洗い流すことができますが、部屋の天井のカビ取りを行った際は、水気を含ませ固く絞った雑巾などでカビ取り剤を拭きとりましょう。

★注意★
市販のカビ取り剤(塩素系)は、塩素ガスが発生し、身体に害があることも。換気をしっかりと行った上で、皮膚や粘膜を保護し行いましょう。
またカビ取り剤は液だれしないように少量ずつ塗布し、使用後は固く絞った雑巾等でしっかりと除去すること。

見えない天井のカビも早めに除去しよう

天井のカビ取りを自力で行うのは、難易度が高いですが、かといってそのまま放置をして良いものでもありません。

天井のカビは、見えない間にも胞子を落として繁殖しています。湿度や栄養素などカビにとって好条件の環境の場合あっという間に増えてしまうので、早めの対策が肝心です。

代表 穂苅

基本は同じですが、天井のカビはカビの見えているところだけでなく、全部カビ取りすべきだと考えています。自力では大変ですが、本来ならば空間全てにカビ取り剤を塗布する方が望ましいです。

天井のカビはどんどん落下する

こちら↑の動画は、LIONの実験です。これは風呂場のカビがどのようにして増えていくのかを実験したもので

天井のカビは上から下にどんどん落下し増えていく様子を示しています。このように天井のカビを放置すると、床や壁(側面)にまでカビが発生する原因となるので天井のカビは(目に見えない場合でもカビ臭いと思った時点で)

  • 早急に取り去る
  • こまめに洗い流して掃除をしておく

ことが大切です。

天井のカビを自力で取ることが難しい場合

ここまで天井のカビ取り方法をお伝えしてきて「これだと、ちょっと自分でカビ取りするのは難しそう」と思った方もいらっしゃるかも知れません。その場合はやはりカビ取りの専門業者に頼みましょう。天井のカビ取りは薬剤が落下し、また面積も広いため特に難しいとのこと。

↑のライオンの実験動画でもあるように天井の一部分だけであっても。天井に生えていると、重力で落ちてきて部屋全体にカビが広がる場合があります。放置してカビが広がり取り返しのつかないことになる前に、早めに対策することをおススメします。

ここまで、天井のカビ取り方法や注意点を読んでいただいた方はもしかしたら「なんだ、結局カビ取り業者の宣伝か」と思う方もいるかも知れません。

しかし、もしも天井に生えたカビが既に大規模でかなりの労力を必要とする場合、市販のカビ取り剤では除去できない場合や設備上の問題で充分な換気が確保できない場合が、お住まいの地域のカビ取り業者へご相談ください。

専門の薬剤の方がより安全に、かつスムーズに行える場合もあります。

代表 穂苅

天井のカビ取りは難しいですが、行う際にはどうか皮膚や粘膜をしっかりと保護して、安全な環境でカビ取りを行ってください。また自力では難しい場合には、カビ取り業者にご相談ください

カビ取りのプロに相談

【ひどいカビにお悩みの方へ】

  • 自力でカビ取りをしても何度もカビが再発してしまう
  • カビ臭さをどうにかしたい
  • ひどいカビが発生して自力では対処できない

このように、ひどいカビにお困りの方は、一度カビ取りのプロ「ハーツクリーン」に相談してみませんか?!

安全性の高い薬剤で、自社オリジナルの厳しい研修をクリアしたカビ取りの専門業者だからできる技術力の高いカビ対策方法をご提案します。

カビ取りのプロに相談

  • お客様の声はコチラ→
  • カビ取りサービス内容はコチラ→
  • カンタン見積りシミュレーションはコチラ→