浴室(お風呂)のカビを除去する3つの方法

「どうして毎日浴槽お掃除しているのにカビが生えちゃうの?!」

毎日掃除しているのに、カビが頻繁に発生する場所…。それは、お風呂場。お風呂といえば1日の疲れを癒す場所。そんな所の天井や床にカビが付着していると気になりますよね。きれいに保ってリラックスしたいものです。今回はそんなお風呂場にカビが発生する原因や、お風呂掃除に役立つ洗剤の選び方などをご紹介します。お掃除の手順も解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お風呂の床や天井にカビが大量発生!?

(↑このようになる前に、普段からカビ対策を行うことが大事です)

癒しの空間が台無し!お風呂のカビ

お風呂に入ってホッと一息つくはずが‥‥浴室にこびりついたカビに気づいて、びっくりした経験はありませんか?1日の疲れを癒すはずの入浴タイム。お風呂場にカビが付いていると、リラックスタイムが台無しです。

特に目立つのはお風呂の床と天井

浴室の中でも、床と天井は特にカビが目立ちやすい場所です。湯船に浸かっている間、嫌でも目についてしまいます。お風呂は身も心もきれいにする場所ですが、そこが汚れていては意味がありません。きちんとカビ対策を行いましょう。

お風呂場は危険地帯!?カビ発生のリスク

カビの特性とお風呂場にカビが出やすい理由

見るのも不快なカビ。そんなカビは生きていくために、水分が不可欠です。よって頻繁に水を使用する浴室は当然、カビが頻発する場所となります。さらに厄介なことに、カビが増殖し始めた初期段階では、その姿を肉眼で見ることはできないといいます。よって、私たちの目に見えるようになった段階では、カビの増殖はかなり進んでいると考えられます。

お風呂場はカビが生えやすい場所。すでにカビが目で見えるくらい生えている=かなりカビの増殖は進んでいる!

3大リスク!湿度・温度・汚れに要注意!

突然ですが、石鹸カスや湯垢などまでちゃんと毎回おそうじしていますか?!

お風呂場には水滴、石鹸カスや湯垢などが溜まりがちです。

カビはこれらを栄養源に増殖してしまいます。また入浴後の室温が高くなるのも要因の一つです。暖かくジメジメとした浴室。掃除を怠るとカビの温床になってしまうかもしれません。きちんとお手入れしてカビを撃退したいものですね。

カビ取りのプロに相談

3.カビ予防におすすめ!お風呂の掃除法

お風呂掃除に使用する洗剤のタイプと特徴

お風呂掃除に使用する洗剤には、複数の種類があります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

①重曹

研磨材の効果があり、湯垢を落としてくれます。食用可能な商品もあり、安心・安全なことから「ナチュラルクレンザー」と呼ばれることもあります。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥267 (2019/09/16 08:48:29時点 Amazon調べ-詳細)
②クエン酸

酸味が特徴のクエン酸。こちらも食用として用いられることもあるお掃除グッズです。クエン酸には水垢を分解する作用があります。

created by Rinker
ミヨシ石鹸
¥250 (2019/09/16 08:48:30時点 Amazon調べ-詳細)
③セスキ炭酸ソーダ

洗浄力が強く、こびりついた頑固な汚れに用いることができます。
お風呂の汚れの特性によって使い分けるとよいでしょう。複数の洗剤から選ぶのが難しいという人は、複数のタイプの汚れに対応できるよう配合されている、お風呂専用の洗剤を使用してもいいですね。

created by Rinker
第一石鹸
¥498 (2019/09/16 08:48:30時点 Amazon調べ-詳細)

カビがまだ生えていない場合、まずはこれらの洗剤でカビの餌の除去を最優先に行いましょう!

お風呂掃除のおすすめ手順をご説明

続いて、お風呂場の掃除の流れをご紹介します。
行う際には手が荒れないようにゴム手袋をはめ、濡れてもいい恰好で行いましょう!

(1)小物類をどける

風呂おけやシャンプー、入浴剤など浴室内にある小物類をすべて取り出します。脱衣所に古新聞やバスマットを敷いておくとよいでしょう。

(2)シャワーをかける

浴室全体にシャワーをかけます。温度は火傷しない範囲で、高めに設定しましょう。床と天井は念入りにシャワーをかけてください。

(3)洗剤をふきかけ、ブラシとスポンジで洗う


浴槽、壁、床など1か所1か所洗っていきます。特にカビが付きやすい排水溝や床タイルは、ブラシとスポンジを併用して、カビをこすり落としましょう。

(4)シャワーで流す

再度全体にシャワーをかけます。石鹸カスなどが残らないよう、念入りにすすいでください。

(5)スクイージーで水滴を取り除く

最後に浴室内に溜まった水気を取り除きます。壁、床、鏡はスクイージーを使うとスムーズです。さらに、乾いた雑巾で全体を拭き、落とし損ねた汚れがないかもチェックしましょう。

created by Rinker
山崎産業 (Yamazaki Sangyo)
¥310 (2019/09/16 08:48:31時点 Amazon調べ-詳細)

上記の手順を終えたら換気扇をオンして、しっかり乾かしてくださいね。
全ての作業を行っても、乾燥を怠ればその効果は半減…。注意してください!!

お風呂掃除をした後は!再発予防を徹底!

せっかく浴室内をきれいにしても、予防対策を怠るとまたカビが発生してしまうかもしれません。カビの再発予防には、次の点を実践しましょう。

・毎回、浴室使用後にシャワーをかける


シャワーをざっとかけるだけで、汚れの大部分を落とすことができます。時間がたつと石鹸などはこびりついてしまいます。浴室使用後に毎回行う、と習慣づけするとよいでしょう。
・水分除去を徹底
使用後の浴室をびしょびしょのまま放置してしまうのは危険です。お風呂を使った後はスクイージーとタオルで水気を取り除くことが大切です。
・換気も重要!
換気扇を忘れずにつけ、浴室や脱衣所に窓がある場合はしばらく開けておき、空気を入れ替えましょう。これは家族全員で実践していきたいですね。

まとめ

浴室をきれいに保てれば、毎日お風呂に入るのが楽しみになりますね。カビが生えてしまったら、お掃除で徹底的に除去を。

  • 石けんカスなど汚れをこまめに落とす
  • 適した薬剤を使用する
  • しっかりとすすいで乾燥させる

などのポイントを押さえて浴室のカビ増殖を防ぎましょう。

そしてカビの予防対策を習慣化して、清潔な状態をキープしましょう!カビ対策を徹底し、リラックス空間を取り戻しましょう!!

自分の力ではどうしても取り切れなかった場合にはカビ取り専門の業者に相談することをおすすめします。

関連記事

  1. 食器にもカビが生えることはある!原因と対策について解説

  2. エアコンのカビで病気になるのか

  3. クッションなど布についたカビの除去とカビを防ぐ方法

  4. 衣類のカビとその対策

  5. 密室キケン!死にかけた!トイレの黒カビを除去する方法と注意点

  6. お風呂のカビを防ぎたいなら〇〇を集中的に!