天井のカビを放置すると危険!除去と予防法について解説

カビはどんな場所でも生える可能性があると考えるべきもの。
それは湿気がこもらないはずの天井であっても例外ではありません。
まだあまり目立たないからと放置すると見た目はもちろん、健康にも大きなデメリットを及ぼします。
そこで今回は天井にカビが生えることで起こりえる健康被害やカビ取りの方法、再発防止策についてご説明します。

1.天井のカビを放置して起こる問題

カビを放置すれば成長を続け、やがて胞子を散らします。
胞子は植物でいう種のようなもので、他の場所に生えるカビの原因となるのです。

また健康被害を引き起こす可能性もあるのがカビの恐さ。
特に天井に生えたカビの胞子は下に降り注ぐため、胞子を吸いこみやすいと言えるでしょう。
それではカビの胞子が人にどのような影響を与えるのかをご紹介します。

1-1.アレルギー反応

花粉やホコリと同じように、カビの胞子にアレルギーを持っている方も多いです。
また症状もその他のアレルギーと大きな違いはありません。鼻づまりやくしゃみといった鼻の症状のほか、
咳や皮膚炎といった症状が現れます。
特定の部屋にいるとひどくなったり、外出すると収まる場合はカビのアレルギーが原因かもしれません。

1-2.夏型過敏性肺炎

カビの胞子が原因で起こる最も有名な病気の1つが夏型過敏性肺炎。
トリコスポロンという種類のカビが主に引き起こす病気で、病名の通り肺に感染することで発症します。
夏型過敏性肺炎は長時間部屋にいることが多い主婦の発症率が高く、女性の患者数は男性の2倍とも言われています。
症状は咳や息切れ、微熱や体のだるさなど。病気の原因であるカビから離れると症状が和らぐという特徴があるため、
外出時に症状が軽くなるようであれば夏型過敏性肺炎の疑いがあります。
単純にカビを除去するだけで治ることもありますが、症状がひどければ薬を使った治療が必要になる場合もあります。

1-3.アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

病名にある通り、アスペルギルスというカビが引き起こす病気です。
アスペルギルス自体はどこにでも存在するカビ菌で、
ヘビースモーカーや結核などで肺にダメージを負っている人がかかりやすい病気とされています。
ただし健康だからといって感染しない、というわけではないため、注意するに越したことはありません。

2.天井のカビを取り除く方法

カビを取り除くにはカビ取り剤と考える方も多いはず。
しかし天井の材質によってはカビ取り剤が使えないこともあります。まずはカビ取り剤が使えるかどうかを確認しましょう。
確認するには目立たない場所で少しだけカビ取り剤を使います。
天井と壁が同じ材質だというご家庭がほとんどでしょうから、家具の裏にあたる壁などで試してみてください。

色落ちや模様に影響がでた場合はエタノールの使用をおすすめします。
エタノールは濃度70以上のものが最適です。これは薬局で消毒用エタノールといった商品名で販売されています。

※使用前には換気はもちろん、マスクやゴーグルといった防具の装着も忘れないようにしましょう。
カビの胞子から体を守るため以外にも、薬品から身を守るという意味もあります。

薬品はタオルなどの布に染み込ませ、叩くようにカビを拭き取ります。十分にカビが取れたら硬く絞った雑巾で薬品を拭き取りましょう。
エタノールには漂白効果がないため、カビは除去できても色は落ちないことがあります。
またカビの根が深い場合はカビ取り剤でも落ちないことがあるかもしれません。
また数回掃除をしても効果がない場合はカビ取り専門の業者を呼びましょう。

3.天井にカビが生える原因と対策

上でカビを除去する方法を紹介しましたが、カビが生えなければそれに越したことはありません。
それではなぜ天井にカビが生えるのか、その理由を知り発生前に対策を打ちましょう。

3-1.カビが生える主な原因

・天井裏に水が染み込んでいる
築年数がある程度経過していると、雨漏りとまではいかなくとも屋根に雨が染み込むことがあります。
マンションやアパートであれば上の階で発生した水漏れが原因となっている可能性も否定できません。
漏水があると一部にシミが出来て、常に一部が湿っている可能性がります。

・部屋全体の湿度が高い
夏の暑い時期は窓を閉め切ってエアコンをつけているという方も多いでしょう。
夏は特に湿気が高くなりやすい季節。その上窓を閉め切っていれば湿気の逃げ道がなくなってしまいます。
この場合、天井だけでなく壁や床などにカビが生えている可能性も。

3-2.再発防止策

誰でもすぐにできる対策は換気です。
定期的に窓やドアを開放し、空気を循環させて湿気を1か所にとどめないようにしましょう。

なお既に天井裏に水が染み込んでいる場合、根本的な解決は困難です。
掃除をすれば一時的にカビを取り除くことは可能かもしれませんが、すぐに再発してしまう危険性も高いです。
特に湿度が高いわけでもないのに何度も再発する場合はカビ取り専門の業者に相談し、カビの原因を突き止めてもらいましょう。

4.まとめ

カビが生えると見た目が悪くなるだけでなく、さまざまな病気を引き起こすことがあります。
特に天井に生えたカビの胞子は下に降り注ぐため、放置して良いものではありません。
今回紹介した方法を参考にカビの除去に取り組んでみてください。
またカビを除去した後は再発を防ぐために原因を究明することが大事です。
原因不明かつ何度もカビが頻発するようであればカビ取り専門の業者に相談することをおすすめします。

関連記事

  1. 壁にカビが!!どんな被害が想定できる?

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法