土壁のカビ取り方法

お悩み

実家の和室の、砂壁にカビが生えてしまいました。凸凹しているので、雑巾でふき取ると、繊維が残ってしまいます。先日、カビを落とそうと水拭きしたら、カビが再発してしまいショックを受けています。

何とか、砂壁のカビを取る方法はないでしょうか。

和室などでよく見かける塗り壁には

  • 土壁
  • 砂壁
  • 珪藻土
  • 漆喰
  • 繊維壁

とさまざまな種類があります。

土壁は練った土を塗り重ね、表面を漆喰や砂などで仕上げた壁のことで自然の風合いで趣があります。土壁には、湿度の調整や防臭という機能があるため、快適な空間となり、こだわりを持つ人には根強い人気があります。

しかし、土壁にカビが生えてしまうとどうなるでしょうか。壁の色合いは部屋全体の雰囲気を左右しますし、カビによる着色で部屋の明るさもどんよりとしてしまいます。

土壁は表面を強く触れるとはがれ落ちてしまいますので、掃除機をかけたり拭き掃除ができません。

そのため、土壁にカビが発生した場合の対処は非常に困難となりますので、カビ除去の専門業者に依頼することをおすすめします。

しかし、雨の続く時期や、大雨などの影響で、業者に依頼してもカビ取りに来てもらうまでに時間が空く場合も少なくありません。

そこでここでは、業者に依頼しカビ取り施工までの間、カビがこれ以上広がらないようにするための応急処置として活用できる方法をご紹介していきます。

1.土壁のカビにできる応急処置

1-1.消毒用エタノールを使う

使用するものは、◇消毒用エタノール、◇スプレーボトル、◇ぞうきんです。

マスクや手袋も必要に応じて用意しておくと安全に作業できます。

消毒用エタノールはドラッグストアやインターネットなどで購入できます。

土壁のカビを除去する前に、土壁のホコリなどをハタキなどで落としておきましょう。

①消毒用エタノールを吹きかける

まず、カビが発生している箇所と、その周辺の土壁に消毒用エタノールをスプレーで噴霧します。

エタノールで色落ちしてしまうこともあるので、目立たない場所で試してから全面におこなってください。

また、砂壁の一部分だけに噴霧すると色がそこだけ浮いて目立ってしまうこともありますので、噴霧するときは周辺の壁にもエタノールをまんべんなく噴霧した方が良いです。

②土壁をよく乾燥させる

次に、土壁をよく乾燥させます。部屋の換気をしたり

  • エアコンや扇風機
  • サーキュレーター
  • ドライヤー

を使用するとすばやく乾燥できます。消毒用エタノールはカビの殺菌ができますが、カビを漂白する作用はありません

1-2.塩素系のカビ取り剤は土壁に不向き

市販のカビ取り剤は、次亜塩素酸ナトリウムが主成分の塩素系ですが、土壁では洗い流すことが難しいため、あまりおすすめはできません。

通常の塩素系カビ取り剤はカビを取るだけでなく、漂白もするので土壁の色落ちや土壁にダメージを与えてしまいます。

土壁に使用できるカビ取り剤を使うか、消毒用エタノールで様子を見て、業者が来るまで待ちましょう。

1-3.どのカビ取り剤を使ってよいか迷うときには業者に依頼すること

土壁はデリケートな素材なので、カビを除去するためには専門的な知識や経験を必要とします。

自分で土壁のカビを除去しようとして取り返しのつかないことになってしまうということもあります。

さらに、カビの根が深い場合には土壁の剥離などリフォームが必要になってくる場合がありますので早めに専門のカビ取り業者へ依頼することをおすすめします。

専門のカビ取り業者へ無料相談

2.土壁にはメリットがたくさん

土壁は役に立つ機能がたくさん備わっています。

2-1.調湿機能

まず、部屋の湿度が高い場合には土壁が湿気を吸収し、乾燥しているときには湿気を放出する調湿機能があります。

この調湿機能によってカビや結露が発生するのを防ぐ効果があります。

2-2.消臭効果

さらに、土壁には気孔があり、においの素を吸着するため、消臭効果もあります。

そのほかにも、耐火性、断熱性、有害物質吸収分解能力などがあります。

これらの土壁の機能によって、部屋の湿度は快適に保たれ、カビや結露、においなどを防ぐことができるのです。

これだけのメリットを兼ね備えている壁材は他になかなか存在しません。

3.土壁のカビの原因とは?!

土壁は表面がデコボコしているため、ホコリや汚れが付着しやすいです。

普段の掃除ではたきやハケやほうきなどを使用してホコリなどを払い落とすことが大切ですが、ボロボロと土壁が剥がれて細かい粒が落ちるため、その下の掃除も必要となるので手間がかかり、なんとなく放置してしまいがちです。

土壁の長押や近くに家具などがあるとその裏側に湿気が滞留し、カビが発生していることもあります。

また、土壁は湿気を吸収してくれる機能があるのですが、換気をしないでいると土壁が湿気をためこんでしまい放出できずに限界を超えて、部屋の湿度を上げてしまいます。

カビが発生する条件は、「温度」、「湿度」、「栄養分」の三つの要素がそろった環境です。

カビが好む温度は、私たちが快適にすごせる20℃~30℃と同じなので部屋の中はすでにカビが発生するための条件の一つである「温度」を満たしている状態なのです。

さらに、湿度が高くなった土壁にホコリや汚れが付着することで「湿度」と「栄養分」の条件もそろってしまいカビが発生してしまうのです。

3-1.生活の中でどれくらい湿気が発生する?!

私たちは体から一日に4.0リットルも水分が発生するのです。

炊事では1.6リットル、家事で1.0リットルと、意外と多くの水分が発生しており、一日に発生する水分の合計はなんと9.4リットル、一か月で282リットルもあるそうです!

土壁がこの湿気を吸収し、換気をしないでいると部屋の湿度がすぐに上がってしまうことがわかります。

3-2.カビの発生を防ぐ快適な湿度はどれくらい?

カビが発生しやすい湿度は60%以上です。

そのため、湿度計を用いて湿度50%程度を目安に乾燥している場合には加湿を、湿度が高い場合には換気やエアコンのドライや除湿モード、除湿器を活用して湿度を下げましょう。

4.土壁のカビ予防方法

4-1.こまめな換気

換気が不十分で湿気が停滞すると、カビの原因となります。こまめに窓やふすまを開けて湿度の低い新鮮な外気を取り入れ、湿度が高く汚れた室内の空気を外に放出しましょう。

しっかりと換気をすることで土壁を乾燥させ、カビが発生するのを防いでいきます。

また、物が多い場合にも空気が停滞しカビの原因となります。不要なものは処分し、部屋の中に空気の通り道を作るようにしましょう。

4-2.除湿機やサーキュレーターを使う

換気ができないときにはエアコンのドライか除湿モード、除湿器、除湿剤の活用をしましょう。

家具を置く場合には土壁から少し離して(5センチ程)置くと風の通り道ができるので湿気が滞留しなくなります。

4-3.土壁を貼り換える

リフォームを行うことで根本解決とカビ再発防止をすることができます。もしも結露などが発生しやすく、何度も土壁からカビが生えているようであれば土壁を違う壁紙素材に貼り換える「リフォーム工事」もおすすめです。

土壁を剥離し、防カビ剤を噴霧し、防カビ仕様の壁にリフォームしていきます。

費用はかかりますが、もうこれ以上カビに悩まされたくない!という場合には貼り換えも検討してみましょう。

カビ取り専門会社が提案するカビ対策リフォーム「REAIR」

また、長押があることによって湿気や長押と土壁のすき間にホコリやゴミがたまってしまうことを防ぐために、すき間を埋めるのも有効です。

4-4.畳のカビ対策も併せて行う

土壁にカビが発生してしまう原因は畳の湿気による場合も考えられます。

土壁だけでなく畳のカビと湿気対策も併せて行うことで土壁のカビを防いでいきましょう。例えば、畳の上に大きな家具を置いていたり、布団やベッドを直置きしていると、湿気が発生しカビの原因となります。

そこから、土壁にカビが広がっていくというケースもあります。土壁にカビが生えたら、和室全体のカビ対策を行い再発を防ぎましょう。軽度のカビであれば、消毒用エタノールや乾燥などで解決できる場合もありますが、簡単にカビが落とせない場合には、畳を貼り換えたり、フローリングへの貼り換えも検討しましょう。

また、その際は必ず先にカビ取りを行ってから、貼り換えをしないと、畳の下からカビが菌糸を伸ばしてカビが再発する恐れがあります。いずれの場合にしても、カビ取り業者に一度ご相談ください。

畳にカビが生えてしまった!すぐにできる対策方法とは?

まとめ

土壁のカビ取りは、難易度が高いので、基本的にはカビ取り専門業者に委託した方が良いでしょう。

カビ取り業者が来るまでの間、応急処置としては「消毒用エタノール」がおススメです。しかし、カビの色素沈着は落とすことができないので、そのような場合には、土壁も可能な専用のカビ取り剤を使用すると良いでしょう。

カビの再発を防ぐ方法をまとめると以下の通りです。

  • 湿度の低い日にこまめな換気を心がけましょう!
  • 土壁のカビ取りには消毒用エタノールを使用しましょう。
  • カビによる着色の除去には土壁にも使用できるカビ取り剤を使用しましょう。
  • 土壁のカビ除去は専門的な知識や経験を必要とするため、業者に依頼するのがおすすめです。

土壁にカビが広がり取り返しのつかないことになる前に、早めの対策をしましょう!

ハーツクリーンでは、4000件以上のカビ取り実績をもとにカビ取り&カビ再発を防ぐリフォーム工事の提案を行っております。カビ取りのついでに壁紙やフローリングを新しくしたい方、中古物件を購入した時に、リノベーションとカビ取り・防カビ処理を行いたい時など、是非ご相談ください。

カビ取り専門会社が提案するカビ対策リフォーム「REAIR」

<参考文献>

・高橋矩彦『簡単!住まいのDIYマニュアル壁塗り[珪藻土・漆喰]』2016年、中央精版

・鈴木昌子『壁塗り実例&実践百科』2014年、学研

・西方里見『最高の断熱・エコ住宅をつくる方法』2014年、エクスナレッジ