実は逆効果?!カビ取り剤の間違った使い方とは?!

カビ取り剤、正しく使えていますか?

その使い方、もしかすると逆効果になっているかもしれません!せっかく時間をとってお掃除をするのであれば、なるべく効果的にカビを除去したいですよね。

そこで今回は、カビ取り剤の誤った知識を例に挙げ、より効果的にカビを除去・防止する方法をご紹介していきます。

手作りのカビ取り剤は逆効果?

カビを落とそうとした時、調べてみると「クエン酸」と「重曹」で作る手作りのカビ取り剤が紹介されているのをよく見かけます。強い薬品を使ったカビ取り剤と比べれば、自然素材の手作りカビ取り剤は安全とされていますが、果たして本当にカビに効いているのでしょうか?まずはここで、その疑問を解いておきましょう。

カビと細菌は似て非なる生き物

「除菌」と言ったらどんな菌でも殺せると思ってしまいませんか?しかし、一言で「菌」といってもそのなかには真菌・細菌といった種類があります。具体的に言えば、カビは真菌、糞便汚染指標最近として有名な大腸菌は細菌です。真菌と細菌には、体のつくりや生態に大きな違いがあり、いわば似て非なる生物なのです。

カビの真菌類は、DNAが核膜に包まれた真核生物ですが細菌類は核膜に包まれていない原核生物といいます。つまり、同じ微生物ではあるものの構造から違うのです。

参考:http://www.pf.chiba-u.ac.jp/medemiru/me02.html

クエン酸や重曹はどんな効果をもっているの?

お昼の番組のお掃除特集なんかでもよく見かける『クエン酸+重曹』のカビ取り剤。しかし、どんな効果でカビを除去できているのだろうと疑問に思ったことはないでしょうか?手作りのカビ取り剤に使われるクエン酸と重曹の特徴は以下です。

クエン酸

酸の性質を持ち、水垢や尿汚れといったアルカリ性の汚れを除去するのに役立つ。

重曹

弱アルカリ性で、油汚れや皮脂などの汚れを除去するのに役立つ。吸湿/消臭効果がある。

こうしてみると、どちらも酸性とアルカリ性の中和作用を用いて、汚れを剥がし落とす効果を発揮していることがわかりました。また、これら2つを混ぜ合わせると中和反応を起こし、もこもことした泡が発生します。この泡の刺激でより汚れを浮かせやすくする効果があるため、手作りのお掃除アイテムとしてよく紹介されるのです。

しかし、手作りのカビ取り剤のカビ除去効果は低い

『クエン酸+重曹』の組み合わせがしつこい汚れに効果を発揮してくれる、ということはわかりましたが、カビに対しては効果があるのでしょうか?残念ながら、その答えは『No』です。やはりクエン酸も重曹も『汚れ』を落とすことを得意とするアイテム。

たとえ、酸で除菌効果があるとしても、その菌とはいわゆる『細菌』に限ります。つまり、酸が直接的にカビに効くことは考えにくいのです。

ここでよく思い出してみてください。レモンやみかんもクエン酸の成分を含んでいますが、しばらく放っておくとカビが生えてはいないでしょうか?つまり、酸が直接的にカビに効くことは考えにくいのです。

『クエン酸+重曹』は、カビのエサとなる汚れを除去する意味ではカビ予防にはつながるでしょう。しかし、カビ自体を殺菌する力は無いということを覚えておく必要があります。なんにせよ、カビを生やさないためにはこまめな掃除が欠かせません。

市販のカビ取り剤を正しく使おう

材料をそろえ手間をかけて作った『クエン酸+重曹』のカビ取り剤が、カビに効かなかったら意味がないですよね。カビを効果的に除菌・殺菌したいのであれば、掃除アイテムを手作りするのではなく、市販のカビ取り剤を正しく使うといいでしょう。

お風呂のカビ取りではカビキラーが有名ですよね。知らぬ間に生えてきたカビにも強力な効果を発揮してくれるので、自宅にひとつ置いておくと安心です。

【カビキラー カビ取り剤 特大サイズ】

created by Rinker
カビキラー
¥420 (2019/12/14 20:22:05時点 Amazon調べ-詳細)

また、市販の除菌スプレーをふだんから用いることで、大きなカビ予防につながります。こちらの除菌スプレーは家中のどこでも汎用的に使えることができるタイプ。

【スクラビングバブル 除菌剤 アルコール除菌 あちこち用】

created by Rinker
スクラビングバブル (Scrubbing Bubbles)
¥1,038 (2019/12/14 05:51:14時点 Amazon調べ-詳細)

ただし、市販のカビ取り剤であっても間違った使い方をすれば逆効果になってしまう場合も。手作りのカビ取り剤のように、正しいと思い込んでいるだけで実際には思っているような効果を発揮していないとしたら…本末転倒ですよね。

そこで次に、カビ取り剤を効果的に使うコツをいくつかご紹介していきます。

カビ取り剤を正しく効果的に使うコツ

最も効果的にカビを除菌・殺菌するのならば、市販のカビ取り剤を正しく使うようにしましょう。効果的にカビを取るために、意識してほしい点が3つあります。

  1. 大まかに水気を拭き取っておく
  2. カビ以外の汚れを掃除しておく
  3. カビ取り剤の用途は適切か確認する

まず、水気はなるべく拭き取っておくこと。

例えば、風呂場の掃除ではカビ取り剤を使いたい壁や床がびしょ濡れのままである場合があります。市販のカビ取り剤は強力なので、多少の水で薄まっても効果は薄れませんが、あまりにも多い水が残っている場合は注意してください。また、カビの種類によっては水をかぶっているとバリアを張っている状態になってしますことも…。大まかに水を拭き取ったあとはカビ以外の汚れも落としておくことで、集中的にカビを落とすことができます。

また、実際に使用する前には、そのカビ取り剤の用途は適切かどうかを今一度確認しましょう。用途の異なるカビ取り剤を使ってしまうと、素材を傷つけてしまうことにもなり得ます。せっかく綺麗にしようとしたのに、素材そのものに脱色や染みができてしまっては逆効果ですよね。

風呂場には風呂場用を、トイレにはトイレ用を、木材には木材用を…といったように、用途に合わせたカビ取り剤を用意しましょう。

カビ取りのプロに相談

これも逆効果?カビ対策で注意したいこと

カビの除去だけでなく、カビの対策においても注意してほしいことがあります。間違った方法で対策していては、防げるものも防げません。ふだんのお掃除が逆効果になっていないか?と、改めてここで確認してみてくださいね!

掃除機でカビを吸い込まない

毎日忙しいと、こまめに掃除機をかけるのも難しいかもしれません。しかし、溜まりに溜まったホコリをそのまま掃除機で吸い込んではいませんか?実は、そのホコリの中にもカビが増殖している可能性が高いのです。

そのため、カビ付きのホコリを掃除機で勢いよく吸い込んでしまうと、フィルターから微細なカビが通り抜け、排気口から部屋中へ撒き散らすことになってしまいます。

そうならないためにも、掃除機をかける前に大きなホコリを取り除いてください。濡らした雑巾や、フローリングワイパーなどであらかじめ掃除することがおすすめです。また、掃除機のフィルターを詰まったままにしていると、そこでカビが増殖してしまうことも…!掃除機のフィルターは、詰まる一歩手前で交換するように心がけておきましょう。

浴室に『水』でシャワーかけない

お風呂場のカビ対策として、入浴後は浴室に『水』をかけてから出る、といったようなことをしばしば見かけます。皆さんは、水が乾きにくいことをご存知でしょうか?実際に、食器を洗うにしても水よりお湯のほうが乾きが早いのは一目瞭然です。

そのため、カビ対策としては蒸発のしにくい『水』ではなく『45〜50度くらいのお湯』が有効です。50度くらい熱湯では殺菌効果も期待できるのでおすすめ。また、風呂上りには湿気がこもることの無いようあわせて換気もおこなっていきましょう。

閉め切った空間で換気しない

先に述べたように、お風呂場では特に換気が欠かせません。しかし、浴室を締め切って換気扇を回すのは最大の効果を発揮できていないんです!かといって、浴室の扉を全開にしてしまうと洗面所や廊下まで湿気が広がってしまいますよね。ではどうするか。それは、空気の流れをうまく使い、換気するときは締め切るのではなく、空気が少し入る隙を与えておくとことです!

具体的には、浴室の扉を数センチ開けておくと浴室内に空気の流れが生まれ、湿気を滞らせることなく外に逃すことができます。ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

ここまでカビ取り剤の正しい知識や、より効果のある使い方、正しいカビ対策などをご紹介してきました。もう一度7つのポイントをおさらいすると以下の通りになります。

①クエン酸+重曹のような手作りカビ取り剤はカビへの効果が低い

②カビにはカビ専用の薬剤を使用する

③カビ取り剤でも「浴室用」「キッチン用」など場所によって使い分ける

④カビ取り剤を使用する前に、水気と汚れを落としておく

⑤掃除機でカビを吸い込まない

⑥お風呂の最後は”50℃以上のお湯”をかけて予防

⑦カビ取り時、換気扇だけでなくドアも開けてしっかり換気をする

よく考えたらわかることでも、なんとなくの思い込みで行ってしまうと効果が無いどころか逆効果になってしまこともあります。そのため、カビを除去・対策する際にはなるべく多くの情報をもとに、正しい知識を身につけていくことが最たる近道でしょう。もうカビの増殖を繰り返すことの無いよう、今この瞬間から意識してみてくださいね!

 

カビ取りのプロに相談

ライター:こいずみきょん

東京で猫と暮らすWebライター本と映画をこよなく愛し、酒場に生きる。趣味はカフェ巡りと、京都ひとり旅。https://twitter.com/___kkk0518

カビ取りのプロに無料相談

関連記事

  1. ひどいカビを再発させない5つのポイント

  2. 学習塾や教室はカビやすい?!勉強に影響がでることも?!

  3. カビに影響を与える結露の上手な防ぎ方

  4. 壁が結露する時の対処方法

  5. 室内がかび臭い!カビの見つけ方と対処方法

  6. クローゼットにカビが生えている場合、衣類にもカビが移るの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。