風呂タイルの黒カビに最も効果があるカビ取り剤はどれ?!

浴室の敵…といえば、『黒カビ』!ですよね。

(衝撃的な写真、ごめんなさい…)

出現する前に予防するのが一番ですが、梅雨でジメッとした時期にはいくら換気しても、わずかな水滴の残りからいつの間にかカビが発生していることもあります。

新築であればすぐに退治できる黒カビも、築ン十年だったり賃貸住宅だったりすると、あんがい浴室でカビが生息し続けていることもよくあること。

風呂タイルの黒カビに最も効果があるのはどのカビ取り剤?!

実際に風呂タイルに試してみたカビ取り剤3つがこちら

さて、こんな床にをキレイにするには、いったいどんな手段が有効だと思いますか?

個人的には小さな子供がいたり、室内で犬や猫など自由に動き回るペットがいると、なるべく自然派でいきたいと思っているのですが、しっかりとカビを除去できないと意味がありませんよね。

そこで、今回はよく「カビ取り剤」として利用されているものを準備してみました。

右から

  • 住宅清掃用の重曹パウダー
created by Rinker
レック
¥270 (2019/10/22 15:46:17時点 Amazon調べ-詳細)
  • 無水エタノールと薄めるための精製水
created by Rinker
健栄製薬
¥921 (2019/10/22 15:46:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
健栄製薬
¥97 (2019/10/22 15:46:18時点 Amazon調べ-詳細)
  • 浴室用漂白剤(強力カビハイター)
created by Rinker
ハイター
¥508 (2019/10/22 02:03:54時点 Amazon調べ-詳細)

すべてドラッグストアやAmazon、楽天など大型通販サイトで手に入るものですが、一番活躍してくれるのはいったい……?

①まずはエタノールから試してみた

まずは最近流行りといわれる無水エタノールです。

薄めずにそのままかけると、純粋なアルコールであるため、カビ除去効果を発する前に蒸発してしまうため、8:2(エタノール:精製水)に薄め散布します。

10分後…

アレっ?!

特に変化はありません。

これで効果があれば、あまりがちな消毒エタノールの消費先が見つかったのですが…消毒用エタノールは、カビの除去や殺菌には効果があるものの、黒カビの色素の除去には効果がありませんでした。

②次に万能洗剤の”重曹”を試してみた

次に『万能住宅洗剤』のひとつとしてすでに有名となった重曹を同じく精製水で溶いたものを塗布します。

同じく10分後…

わかりづらいのですが、ほんのわずかに白い溝が増えました!ほんのわずか!!!!笑

あれ?重曹ってカビ取りに有効なんじゃ……?と思ったのですが、重曹は弱アルカリ性をもつので酸性の汚れ除去や、クレンジング効果が優れてていても、黒カビの色素を漂白する効果は…なかなか期待できない模様です。

うん、つまり、重曹はカビ予防や除去は出来ても、色素の除去には向かないということのようです。

③強力カビハイターを試してみた

では最後の綱…いやいや、ケミカル代表の住宅用漂白剤(強力カビハイター)です。今度こそ期待してるぞ!!

また10分後

筆者の手際の悪さで、明らかに薬剤のかかり具合にムラができてしまったのですが、明らかに白い部分が増えています!

やっぱり、ケミカルの威力すさまじい。名前に「強力」って書いているだけあります。

created by Rinker
ハイター
¥508 (2019/10/22 02:03:54時点 Amazon調べ-詳細)

カビハイターは塩素系漂白剤なので、黒カビを殺菌し除去するだけでなく色素の漂白までしてくれました。ただし、薬剤としてはもっとも強力なので、換気をしっかり行い肌に触れないように注意を行う必要があります。

タイルの黒カビにはカビハイターが一番効いた

結論からいえば、「カビ取りに劇的な効果がある」といえるのは、やはりケミカルタイプの漂白剤カビハイター

黒カビを漂白するという点においては、圧倒的に効果があるのです。

ただし、その使い方には注意や問題点が多々あります。

塩素系漂白剤を使用する際の注意点

まずは『匂いがきつい』のです。

漂白剤といえば塩素系の鼻をつくような匂いがありますが、これは汚れとアルカリ剤が混じり合うことによる化学反応といえるものです。

つまり汚れがひどければひどいほど漂白剤もきつく匂ってしまう…という悪循環。

また、エタノールが蒸発するように漂白剤の主成分である次亜塩素酸も蒸発します。

換気は必ず行いましょう!

浴室内をケミカル薬剤で漂白掃除をする時には「必ず換気をして下さい」という注意書きがあったり、眼鏡やゴーグルで目を保護する、ゴム手袋をすること…などがあるのは、こういった薬剤から自分を守るためでもあります。

筆者自身の体験となりますが、浴室の床いっぱいに洗剤を噴射して10分後…勢いよくシャワーで洗剤を流しつつ、死ぬかと思うようなきつい塩素系匂いと喉や目の粘膜に刺激を感じて逃げ出したことがあります。

換気のために窓を開けてはいましたが、シャワーを温水にしていたため、飛沫によって飛び散った薬剤の他に、その温度で揮発した次亜塩素酸を吸い込んでいたのです。

つまり、塩素系漂白剤を使用する際の注意点は「お風呂掃除の際は水泳ゴーグル&マスク&ゴム手袋&必ず給湯器の電源は切る」ということ。

温水が出なければ、たとえうっかりシャワーの温度設定を低温にし忘れても、次亜塩素酸を揮発させる手助けを最小限に抑えられます。

喉の痛みなどが少しある場合には、しっかりとうがいをしてください。

まとめ

カビの予防として重曹やエタノールは大活躍!

さて、結局はケミカル系の洗剤でキレイな状態に戻った浴室ですが、できればこの状態を長く維持したいもの。

ここでまた銀イオン燻製剤などを使ってもよいのですが

せっかくなので無水エタノールと精製水を浴室全体に噴射することでカビの発生を抑え、塩素系漂白剤の使用を減らすことも可能です。

また壁や床一面が黒カビに覆われてしまう前であれば重曹ペーストを塩素系漂白剤の代わりに使い、カビケアを行うことで、経済的にも家族的にもグッと健全な入浴時間を長く過ごすことができます。

また、塩素系漂白剤で何度カビ取りをしても黒カビが再発する場合には、見えないカビの胞子がたくさん風呂内に舞っている可能性があります。

  • 「ひどい風呂タイルの黒カビを取っても取っても発生して辛い」
  • 「カビ取りをプロにお願いして徹底除去してほしい」

という方は、カビ取りのプロにいちど相談してみましょう!

カビ取りのプロに無料相談

関連記事

  1. 家具とカビ被害

  2. タンスのカビを除去する方法

  3. 引っ越しでカビの生えにくい物件を選ぶコツ

  4. 壁が結露する時の対処方法

  5. 押入れやクローゼットがカビ臭いときの対処方法

  6. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。