学習塾や教室はカビやすい?!勉強に影響がでることも?!

志望校を目指すために、学校後や夏休み・冬休みなどお子さんが長い時間を過ごす「学習塾」。成績を伸ばすために頑張っている場所だからこそ、良い環境で受けさせたいですよね。

しかし、実はこの学習塾や習い事の教室は「カビが発生しやすい場所」でもあるんです!

●●●
カビ取りプロ

意外かもしれませんが、学習塾からご依頼を頂くことも結構多いです。

そこで、今回もカビのプロフェッショナルに以下の↓↓

1:学習塾にカビが発生しやすい理由
2:学習塾のカビを防ぐ方法
3:カビの生えにくい学習塾の選び方

3つについて詳しく聞いてみました!

Q「どうして学習塾にカビが発生しやすいの?!」

A「湿気がたまりやすく、逃げにくい環境だからです」

塾は、冬になると感染予防のため加湿器をつけ、夏は冷房により結露が生じることで、カビが発生しやすい環境が出来ているのだそうです。
これまで施工してきた学習塾は書類も多く段ボール箱が積んでいるところあり、どかしてみたらカビが大量に発生していたってこともかなりの確率でありました。

●●●
カビ取りプロ

また、外気の湿度が入りやすい低層階や加湿器などを多用するような場所ではカビが生えやすい傾向にあり、太陽光が入らない箇所などもカビが生えやすいです。

★つまり、学習塾にカビが発生しやすい理由は以下の通りだと推測されます。

①加湿器や空調で湿気がたまりやすい
②大量の書類や紙がある
③大人数集まるので結露も生じやすい

これらの理由から、学習塾にはカビが発生しやすいそうです。

Q2「学習塾に発生しやすいカビの種類はどんなものですか?!」

A「環境によりますが黒カビと青カビが多かったですね」

★学習塾では黒カビや青かびが生えやすい?!

種類については、周辺の環境によって異なるので、どんなカビが増殖しているのか特定するのは難しいとのこと。しかし、今まで施工してきた学習塾では、黒カビと青カビが多かったそうです。
これらのカビは肺炎やアレルギー症状などを引き起こす危険性があるそうです。生徒さんの中にカビアレルギーの方がいたり、風邪などで免疫が落ちている方が居た場合、病状が悪化することもあります。自宅は清潔に保っていても塾や教室でアレルギー発症してしまうこともあるなんて、ちょっと怖くなってきましたよね。

では次に「実際にあった学習塾のカビによる健康被害」について聞いてみました。

Q3「学習塾や教室にカビが生えるとどんな影響がありますか?」

A「子供の集中力が下がるなど保護者からのクレームの原因に」

アレルギーを持った生徒さんがいると、咳が止まらない、目がチカチカするなど集中力を著しく削がれますし、周りの生徒さんにも悪影響が出るとのこと。

●●●
カビ取りプロ

実際にこれまで施工を行った学習塾では、保護者の方から息子が塾に行くと咳が止まらなくなり集中できないというクレームが入り緊急で施工をしたことがありました。

子供の体調を守りたいという保護者の気持ちはすごく分かりますよね。特にそれで成績へも影響が出たら学習塾に通う意味がなくなりますしね。学習塾は清潔で集中できる環境で勉強できるというのは必須の条件ですよね。

Q「学習塾のカビをすぐに除去する方法はありますか?!」

A「市販のカビ取り剤や次亜塩素酸水で除去しましょう」

●●●
カビ取りプロ

目に見えているカビであれば、市販のカビ取り剤を使い除去します。カビが目に見えずかび臭い場合は、次亜塩素酸水やアルコールで、カビが生えやすい箇所(段ボールの裏側や部屋の四隅など)を除菌し掃除してください。

ただし、学習塾に生えたカビが広範囲である場合、自力での除去は難易度が高いとのこと。また、目に見えているカビを除去したとしても既に見えない箇所でカビが増殖していている可能性がある為、カビ臭さが気になる場合やアレルギー症状を出す生徒が多い場合には、一度カビ取り専門業者に無料相談されることをおススメします。

カビ取りのプロに相談

Q「普段からカビを予防するためにやっておいた方が良いということはありますか?!」

A「湿度管理と清掃をしっかりとおこないましょう」

●●●
カビ取りプロ

一番は、除湿になります。湿度40%~60%であれば、感染症にも罹りにくく、カビも生えづらくなります。湿度コントロールが最も重要になります。換気を休憩時間毎に行うのも良いですし、除湿機の設置でも予防になりますね。

それ以外に、こまめな掃除も重要になります。カビは、埃を餌にするため段ボールの裏側や四隅など埃が溜まりやすいところは、頻繁にチェックしてこまめに掃除すると良いそうです。

やはりこまめな清掃って大事ですよね!

Q「保護者目線でカビの生えにくい学習塾の特徴などありますか?!」

A「太陽がしっかり入り、清掃が行き届いた施設です!」

●●●
カビ取りプロ

これまで地下~5階までの問合せが8割以上を占めます。そのため5階以上で、太陽がしっかりと入る場所、掃除がしっかりと行き届いている清潔な学習塾は、カビも生えにくいですし、カビ・ハウスダストなどのアレルギー症状も出ない為、勉強に集中できる環境だと思います。

つまり、太陽光がちゃんと入る6F以上の高層階、そして清掃をこまめに行っている学習塾だとカビが発生しにくいとのこと!これは、実際にカビ取り業者に聞かないと分からない話ですよね。ですのでお子様の学習塾選びにはこれら「立地」も条件の1つとして選ばれると良いかも知れません。

カビ取りのプロから学習塾オーナー様へ

最後に、カビ取りのプロから学習塾を運営されている方へのメッセージをご紹介します。もし既にカビの発生や生徒さんのハウスダスト症状でお悩みの場合は参考にされてください。
当社では、年間を通してカビが生えづらい・インフルエンザなどの感染症になりづらい環境を作りをサポートする、環境管理サービスを行っております。年に数回、専門員が訪問してカビが生えていないかチェックし、怪しいところは除カビ・防カビ対応致します。
学習塾に通う目的は、成績を伸ばし、志望校に合格するためなので、より集中できる最善の環境を提供したいですよね。だからこそ、空調や設備をしっかり整備して、子供たちの目標達成を応援したいものですね!

関連記事

  1. 同じカビでも強いカビ・弱いカビはあるのか

  2. ハーバリウムにカビが生える5つの原因とは?!

  3. 部屋にカビを生やさないためのインテリアの配置と選び方

  4. カビと関係性の深い害虫とは

  5. カビ除去時、体調不良にならないためにやってはいけないポイント3つ

  6. 賃貸でカビを生やしたら誰が負担するの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 専門家に「カビ予防アロマスプレー」の作り方を聞いてみた

    2019.03.22

  2. カビと地震の関係「カビが生えやすい家は地震にも弱いの?!」

    2019.03.18

  3. 部屋にカビを生やさないためのインテリアの配置と選び方

    2019.03.16

  4. お布団に生えたカビを除去する方法

    2019.03.11

  5. 押入のカビを除去する方法とその後の手入れ

    2019.03.10

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ