新築の家をカビから守るために知っておきたいこと

念願のマイホーム、しかも新築物件での暮らしなんて、一生のうちに何度も経験できることではありません。ピカピカのマイホームは清潔で気持ちの良いものです。しかしそこでカビの増殖を許してしまったら、大切な家の資産価値を下げてしまうことにもなりかねません。

そこで、新築の家をカビから守るためにどのような点に注意しておくべきか、まとめてみました。
念願のマイホーム、しかも新築物件での暮らしなんて、一生のうちに何度も経験できることではありません。ピカピカのマイホームは清潔で気持ちの良いものです。しかしそこでカビの増殖を許してしまったら、大切な家の資産価値を下げてしまうことにもなりかねません。

そこで、新築の家をカビから守るためにどのような点に注意しておくべきか、まとめてみました。

1.新築なのに、カビが生えるのは異常?

1-1.新築の家に入居する前はどうだったか思い出せますか?

入居の時点で既にカビ発生に気づいたり、室内に湿気が多いなあと感じたことはありませんか?実は建築工事ミスが原因で、カビが大発生ということも全く無いとは言えません。床下など目に見えない部分の調査は専門家でなければわからないことばかりですが、まずは室内を見回ってカビが生えていないか、原因は明白かどうかを考えてみましょう。

1-2.生活のスタートがカビ増殖の原因かも

現代の住居は、防音、断熱効果が高く、災害にも強い構造に進化しています。古くなった家ならどこからか隙間風が入り自然換気になっている、なんてこともありますが、新築物件の場合そんなことはないでしょう。

人間が生活をすれば、キッチンや浴室は水蒸気で、寝室は呼気や寝汗で温度・湿度が逐一変化します。外部との温度差で結露する窓ガラス。そしてそれを覆うように取り付けたカーテン。水分を吸った敷物。付着していく汚れやホコリ。

新築住居では人間が生活を始めることで、カビの繁殖条件が急速に揃ってしまとも考えられます。その場合、窓を開放したり換気扇を回しても、気密性の高い住居内部をくまなく換気するのは難しく、カビの増殖スピードが勝ってしまうのでしょう。

1-3.カビの発生原因と条件

カビは「胞子」と糸のような「菌糸」から成り立っています。カビの胞子は空気中を浮遊しており、私たちの服に付着したり、換気のためにと開けた窓からも家の中に侵入してきます。

カビの胞子は、栄養源、水分、温度、酸素の4つの要素が揃うことで発育、根を張るように菌糸を伸ばして定着します。梅雨時期などカビの発育し最適な時期は1週間程度で多くの胞子を作り、これを周囲に飛散させ

ることで、広範囲に増殖して行きます。

1-4.住宅内部にはカビの栄養源がいっぱい

カビの栄養源は多岐にわたります。パン、菓子類などの食品、動物の皮脂汚れ、石鹸カスといったわかりやすいものから、接着剤・塗料・プラスチックの成分まで実に様々です。

さらに、乾燥している場所を好むカビもいます。コンクリート、クロス、カーペット、畳などにカビがいると「なぜこんなところに?」「異常現象なの?」と不安になる気持ちもよくわかります。

実は特殊なカビが増えている、というわけではなく、カビは本来どんな環境下にあっても生命力が強く、繁殖力が強いものです。建築技術が進歩した今だからこそ、それを認識させられているだけなのかも知れませんね。

2.掃除したつもり、でも逆効果だった?!ということもあるカビ対策

2-1.実は間違いだらけの室内掃除

よくありがちな失敗例です。

・強すぎるカビ取り剤を使用した結果、水拭きを何度もすることになり、周囲を水浸しにした
・雑巾やスポンジで擦り過ぎて、建材や家具を傷つけた

これはカビ菌を周囲に飛散させ、傷跡という家を提供しているようなものです。

この場合は下記の対策が有効です。

・掃除は適量の洗浄液を使用し、室内を水浸しにしない
・汚れた雑巾を極力使用しない。最後の仕上げはきれいな布かペーパータオルを使用する
・洗浄した箇所は放置せず乾燥を見届ける

今までの何気ない掃除が、もしかしたらカビ対策には逆効果だったのかも?と、見直すことは大切なことです。

 

2-2.家の中には「カビ取り剤が使えない」箇所がたくさんある

カビ対策と言えば強力なカビ取り剤、と思われがちですが、使用上の注意に記載がある通り、どこでも使用可能なわけではありません。室内の掃除をしていると、「柱にカビが付いてる」「革靴にまでカビが!」など、いろんな「カビ取り剤では対処不能」な現象が出てきます。

2-3.住宅用の洗浄剤は「適材適所」が大原則

そこで活躍するのが業務用洗剤です。業務用といっても、今はインターネット通販で購入が可能です。内容量は多めですが、一般家庭向けにコンパクトなものもあります。

業務用洗剤の良い点は例えば「木部用」「壁紙用」「墓石用」などといった風に、使用する素材、部位に適した洗剤が用意されていることです。新築住居の場合は家を傷つけないという点でも、建材や設備に対してそれぞれに適した洗浄剤を選んで使用することをおすすめします。

3.新築の真新しい室内をカビから守っていくために今からやるべきこととは

3-1.湿気の多い場所、換気しにくい場所の特定と見張

新築の家を守るには、敷きっぱなしのカーペット裏、家具・家電の背後、シンクの下など、普段覗かないような場所も、気にかけて見回りすることが肝心です。

危険な場所を特定したら、すぐ対策を取りましょう。例えば、床や壁の通気を妨げている家具の位置変えをする、壁との隙間を広げて配置しなおす、防カビ効果のあるカーテン素材に取りかえる、などです。できることから行動開始していきましょう。

3-2.定期的に防カビスプレーで保護コーティングを

汚れやホコリを取ったあとは防カビスプレーでカビ予防をするとなおよいでしょう。ただし防カビ効果は次第に弱まっていきますので、定期的にスプレーしなおしましょう。

3-3.エアコンの除湿機能やドライヤーは頼もしいハウスキーパー

エアコンは暖房と冷房だけ、と思っていませんか?実は、気密性の高い新築の家では除湿機能も有効に働きます。常に除湿機能をONにしておけばカビに対してかなりのダメージとなるでしょう。

エアコンの無い部屋の場合でも、除湿剤を置いたり、壁との隙間や濡れた家具の木部にヘアドライヤーの風を当てて乾燥を早めることで、簡単かつ有効なカビ対策が可能です。

4.まとめ

「食パンにカビが生えたから諦めよう」という人はいても「家にカビが生えたから諦めよう」なんて人はいませんよね。まして新築であれば、何が何でも家を守りたいはずです。
カビ対策は日常の見回りから始めて、すぐさま行動に移せる態勢を整えておきましょう。新築の快適さを長続きさせることは、資産価値を守ることにも繋がりますよ。

  1. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

    2019.01.19

  2. ゴキブリの種類と退治する方法とは?!

    2019.01.12

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅…

    2019.01.12

  4. 家庭内で発症するカビアレルギー!予防のための5つの方法!

    2018.12.29

  5. カビを生えにくくするための整理収納法

    2018.12.23

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ