自分では気づきにくい車のカビ対策方法

アレ?このニオイってもしや車のカビ?!

友人や家族を車に乗せたとき、なんだかカビ臭いと言われたことはありませんか?

自分では気づかなくても、他人にとっては嫌な臭いだと感じることは多いです。自分でも自覚できるほどの臭いがあるとなれば、カビは既に大量に発生している可能性があるので今すぐに対処が必要だと考えた方が良いでしょう。

そこで今回は車のカビの主な原因とそのカビを除去する方法、カビの再発を防ぐための対策方法についてご説明します。

1.車のカビ臭さの原因

車内でカビが生えやすい場所は以下の3か所。

  1. シート
  2. フロアマット
  3. エアコン

それぞれ車の中にカビが生える原因を紹介しますので、あなたにも心当たりがないかチェックしてみてください。

1-1.シートのカビ

車内のシートに生えるカビは雨や汗、飲みこぼしの染み込みが原因です。カビは湿度の高い場所に発生しやすいもの。これはお風呂場にカビが生えやすいことからもお分かりいただけるでしょう。シートに染み込んだ水分はそのまま湿気の原因となり、カビが成長するのに適した環境を作ってしまうのです。

また、車内の環境的な要因も影響します。例えば日の当たらない駐車場に長時間車を停めている場合。太陽の光が車内に入ればシートは乾燥しカビもいくらか殺菌されますが、日が当たらない環境ではそれも期待できません。

シートにカビが生えていればすぐに分かるだろうとお考えの方もいるかもしれません。しかし直接座る面など目に見える部分だけではなく、ドアとの隙間など一見して分からない場所にもカビが生えていることもあるのです。

1-2.フロアマットのカビ

靴に付着した汚れや水分が直接触れるフロアマットは、車の中でもカビが生えやすい場所です。特に梅雨時は十分に乾燥する間もありません。フロアマットは取り外しができて洗いやすい箇所ではありますが、掃除をサボってしまう人も多いでしょう。カビがないように見えても一度取り外し、裏側までチェックしてみてください。

1-3.エアコンのカビ

エアコンから出る異臭の原因はさまざま。タバコを吸っている方であればその臭いかもしれませんが、カビの臭いである可能性も否定できません。実はエアコンも車の中ではカビが生えやすい場所に該当します。

エアコンにカビが発生しやすい理由は結露が起きるから。夏はクーラー、冬は暖房として活躍するエアコンですが、それゆえに外気との温度差が激しくなります。この温度差により結露が発生し、湿度が上昇、結果としてカビが発生するというわけです。

2.車内のカビを除去する方法

続いて上で紹介したカビの除去方法についてご説明します。以下の情報を参考に車内のカビを一掃しましょう。

2-1.シートのカビ

シートのカビの除去にはエタノールや酸素系の漂白剤を用意します。

created by Rinker
ドーバー酒造
¥580 (2019/01/21 07:18:20時点 Amazon調べ-詳細)

カビ取りといえばカビキラーに代表される塩素系のカビ取り剤もありますがこちらの使用は厳禁

カビ取り剤というだけあり、カビを除去するにはもってこいの道具ではありますが、同時に強力な漂白作用もあるためシートの色を落としてしまうのです。シートの素材によってはエタノールや酸素系の漂白剤でも変色や色落ちする可能性もあるため、本格的に使用する前に目立たない場所で問題がないか確認してから掃除を始めましょう。

エタノール、漂白剤は直接かけると多すぎるので、タオルなどに染み込ませて使います。タオルでカビを拭き取った後、濡らして硬く絞ったタオルで薬品を拭き取ってください。これを数回繰り返し、カビが取れたら仕上げに乾いたタオルで水気を拭きとって、ドライヤーなどで乾かして終了です。

2-2.フロアマットのカビ

まずは車内フロアマットを取り外します。取り外した車内フロアマットは掃除をする前に日当たりの良い場所で乾燥させると良いでしょう。これにより泥が取れやすくなりますし、太陽の紫外線でカビの殺菌にもなります。

次に車内フロアマットの汚れを払い落とします。カーペットタイプのマットなら掃除機をかけることでより効果的に汚れを除去できるでしょう。

表面の汚れを軽く落とした後は水をかけながら洗剤で洗います。これで大体の汚れもカビも落ちるはずですが、それでもまだ残るカビがあるようであれば車内シートと同じカビ取り方法も試してみてください。

2-3.エアコンのカビ

車内エアコンのカビを掃除するのは難しく感じるかもしれませんが、実は意外と簡単に対処できます。なぜならカビは熱で死滅するから。エアコンを暖房に設定し、一番高い温度・一番強い風で作動させてください。早くて数分、遅くとも10分程度動かし続ければカビの臭いがなくなっていきます。

3.車内のカビ再発を防ぐために大事なこと

カビが成長するためにはある程度の時間が必要です。そのため、こまめな掃除を行っていれば車内のカビは発生しなくなります

当たり前だろうと感じる方もいるでしょうが、洗車をする習慣があっても車内清掃をこまめにしている方は少ないもの。2週間に1回程度でも十分ですので、車を清潔に保つためにも定期的な掃除を心がけましょう。

車内用のコードレス掃除機

4.まとめ

車のカビ臭さはいつも乗っている自分では鼻が慣れ、気づかないことがあります。他人を車に乗せたときにカビ臭いと思われないように、今のうちにカビを一掃しておきましょう。

車内でカビが発生しやすいのはシート、フロア、エアコンの3か所。今回の記事で紹介した掃除方法をぜひとも参考にしてみてください。

カビ取りのプロに相談

関連記事

  1. ベランダにカビ!?お掃除方法とカビ対策

  2. カビで黒くなった長尺シートも新品同様にキレイになる

  3. 空気清浄機はカビの発生に効果があるのか

  4. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

  5. 珪藻土はカビが生えやすい?壁には使える?!珪藻土の基本知識とカビ対策の話

  6. 地下室にカビが生えやすい原因とは?対処・予防法を解説

  1. 危険?!カビが生えた餅は削れば食べて大丈夫?!

    2019.01.19

  2. ゴキブリの種類と退治する方法とは?!

    2019.01.12

  3. カビのプロが発明したカビ取り剤「クリーンプロテクション」を自宅…

    2019.01.12

  4. 家庭内で発症するカビアレルギー!予防のための5つの方法!

    2018.12.29

  5. カビを生えにくくするための整理収納法

    2018.12.23

  1. カビは換気で湿度を下げれば自然に死滅するのか

    2018.12.14

  2. タイル目地のカビを除去する方法と再発予防法

    2018.12.12

  3. お風呂に生えたカビを撃退するポイントは「エプロン」だった?!

    2018.12.01

  4. パッキンのカビを除去する方法と対策

    2018.11.16

  5. 自分では気づきにくい車のカビ対策方法

    2018.10.23

アーカイブ