トイレの壁にカビが生えた…その原因とは

トイレの便座だけでなく壁にも生えるカビ

カビは条件が揃えばさまざまな場所にできる可能性があります。それはトイレの壁も例外ではありません。
トイレの壁にカビが生えてしまう原因とは何なのでしょうか?
今回はトイレにカビが生えてしまった時の対処法、今後カビを生やさないようにするための対処法について詳しく紹介していきます。

1.トイレの壁にカビが生える原因

1-1.湿気がこもりやすい

この下の写真を見てみてください。トイレに生えた黒カビの写真なのですが壁に水滴が付いているのが見えますよね

このようにジメジメとした”湿気”もトイレにカビが生える原因となるのです。

トイレにカビが繁殖してしまう原因の1つに、湿気がこもりやすいことが挙げられます。
トイレは家の中でも湿気がこもりやすい場所です。よってカビが少しでも生えていると一気に増殖してしまう可能性があります。

またトイレは水を使う場所ですので、時折トイレの壁に水が飛び、それが発生要因になる可能性もあります。
これはトイレ内に飛び散った尿が壁に付着することによっても同様の可能性が発生します。
よってトイレ掃除をする際には、便器や床以外に壁紙にも水分や汚れが付いていないかチェックすることが重要です。

1-2.室温が高くなりやすい

トイレの壁にカビが生えるもう1つの原因として考えられるのは、トイレ内の室温が高くなりやすいという点です。
カビは20度から30度という温度で繁殖しやすいとされています。
家の中でもリビングやダイニング、寝室などは人が長時間いることが多いので、室温も人に合わせて適度に調整されますが、
常時人がいるわけではないトイレの場合は、暑い時期であれば室温が上がりやすい傾向にあります。

特にトイレは密室のため、室温が上がりやすいという特徴があるのでカビやすくなってしまいます。
トイレの壁にカビを発生させないために換気を回し、湿度・温度管理も気にかけてカビが生えないように普段から気を付けておきましょう。

2.トイレの壁に生えたカビの対処法

では、実際にトイレ内にカビが生えてしまった際の対処法についてをご紹介します!

2-1.掃除に使用すると良い洗剤

トイレの壁にカビが発生してしまった場合、状態によっては自分で対処できることもあります。

もしそこまで酷くない場合には、塩素系のカビ取り剤や消毒用エタノール、重曹水などを使うのがいいでしょう。
ちなみに重曹水とはその名の通り、重曹と水を混ぜて作ったものです。基本的には小さじ1の重曹に対して水100mlを使用します。

※注意※
塩素系の薬剤には漂白効果があります。使用の際にはまずは目立たないところに使用し、
色の変色の有無を確認してから使用するようにしましょう。また使用の際にはゴム手袋・漂白されても良い服に着替え、
換気を怠らないようにしましょう。

2-2.しつこいカビは専門の業者に依頼する

トイレの壁に生えたカビの状態によっては、自分で対処すると状態が悪くなってしまう可能性も十分にあります。
そういう場合には、専門のカビ取り業者にお願いして対処してもらうことも1つの方法です。
また自分で掃除できた場合にも、時間の経過とともにカビが再発生してしまうことがあります。

専門のカビ取り業者の場合、使用する薬剤が市販では売っていないような特殊なカビ専用の薬剤であることも多いので

根本的な対処が可能です。本当にトイレのカビが酷い場合は専門家に一度相談してみると良いでしょう。

プロのカビ取り職人

3.トイレの壁にカビを生やさないためには

ここでは、トイレの壁にカビが生えないように予防するためのコツについてご紹介します。

3-1.こまめに換気をする

トイレは水を使う場所なので、こまめに換気をしてトイレに湿気がこもらない環境をつくることが大切です。
最近はトイレに24時間換気の設備がある住宅も増えています。
ご自宅にそのような設備がある場合は手間なく換気をすることができるので、ぜひ利用してください。

24時間換気システムがない場合は、トイレにある窓をこまめに開けて、空気の入れ替えを行う習慣をつけましょう。
いちいち窓を開けて換気を行うのは面倒だと思うかもしれませんが、習慣化してしまえばそれほど苦になる作業ではありません。
気付いた時に窓の開け閉めをするよう、軽く心にとどめておくといいですね。

大事なことなので、もう一度繰り返します!

「トイレにカビを生やさないようにするため」には

  • 24時間換気扇を回して換気を徹底すること
  • 窓を開けて換気を徹底すること

つまり、カビ対策のためはまず換気が最も大切なのです。

3-2.壁に水分が残らないよう掃除する

カビの発生を防ぐには、トイレ掃除をこまめに行うことも大切です。

壁に飛び散った水分をこまめにふき取り、掃除を行うよう心掛けてください。

↑この写真のように、トイレは水が非常に飛び散りやすい場所です。手洗い後に水気が飛んだり

尿が飛び散ることもあります。そして、そのまま放置するとカビの原因になります。なので、こまめに水気をふき取ってカビ対策を行いましょう。

また日々の生活の中で、ご自宅のトイレを使う機会はたくさんあるかと思います。
がっつりと掃除をしなくても良いので、トイレの壁に少し注意を向けておき、汚れに気付いたり、
水分が飛び散っているのを見つけたりした時には、その都度こまめに掃除するようにしてみましょう。

4.まとめ

トイレにカビが生えた時の原因から対処法、カビの予防法までご紹介してきました。
カビは思わぬところに生えてくるもので、トイレの壁も例外ではありません。
普段からこまめな換気と掃除を心がけ、万一カビが生えてしまったとしても慌てず対処していきましょう。
湿気がこもりやすい梅雨の時期や、トイレの中が高温になりやすい真夏は特に注意が必要です。
日々の小さな心がけを積み重ね、カビを遠ざけていきましょう。

既に生えてしまったトイレのカビをどうにかしたい人
  • 「トイレの換気は常にしている」
  • 「既に生えてしまったカビを根本的に簡潔したい」

という方には、専門のカビ取り業者に委託するというのもおススメです。

専門の薬剤を使ってカビの生えにくいお家に根本解決してもらいましょう!

 

関連記事

  1. 食器にもカビが生えることはある!原因と対策について解説

  2. お風呂で最もカビが生えやすいのはエプロン!?