窓枠に生えたカビを除去し、再発を防ぐ方法

忙しいとついつい掃除が後回しになる窓。気がつくと窓枠に黒い汚れがびっしり…ということはないでしょうか。この黒い汚れはカビですから、対策を間違えたり、放置しておくと増殖させてしまう危険もあるのです。

●●●
カビ悩み子

窓枠のあの黒いやつってカビだったのね!早く何とかしたいわ

窓はカビ対策においても換気のために大切な場所です。生えてしまった窓枠のカビを効果的に除去する方法と、再発防止のために気を付けたいポイントを押さえて、大事な窓をカビから守りましょう。

窓枠の黒い汚れはカビ?その原因と対策は?

①ほこりに結露など窓枠にカビが生える原因

窓は換気のための大事な場所、部屋のカビ対策の要です。同時に、窓は常に雨や大気中の汚れ、ほこりなどにさらされる、カビが大量発生しやすい場所でもあります。外気の気温と室温の差による窓の結露を放置すると窓枠、とくにゴムパッキンの部分に黒い汚れが目立つようになります。その正体は黒カビです。そのまま放っておくとカビは室内にも拡散し、カビ臭や健康被害につながりかねません。

②ふき取るだけで大丈夫?窓枠のカビ対策のポイントは?

窓枠の黒カビを見つけたらとりあえず雑巾でふきとり、見えなくなれば安心と考える人も多いでしょう。しかし、ふき取るだけでは目に見える汚れは消えてもカビの菌は生き残り、かえってカビの範囲を押し広げてしまうことも。さらにぬれた雑巾を使ってしまった場合、カビが大好きな水分を与えることに。

また、長年放置された黒カビはパッキンの内部に深く根を張っていることもあります。窓枠のカビ対策は、とりあえずの対策ではなく、今あるカビを根こそぎ死滅させること、そしてカビが再び増殖する前にこまめに殺菌することが大事なのです。

●●●
カビのプロ

窓枠のカビは、水拭きして安心していても再発する恐れがあります。しっかりと薬剤を使って根本的に除去していきましょう。

窓枠のカビを根こそぎ除去する方法

準備として窓ガラスもキレイにしておこう

黒カビが生えた窓枠だけを掃除しても窓ガラスが汚れていれば、そこに生きているカビや雑菌、ほこりや水滴がすぐに窓枠のカビを復活させてしまいます。窓枠掃除の前に窓ガラスの汚れを落とし、消毒用エタノール等で除菌しておきましょう。窓枠のカビ汚れも、ふき取れるところはふき取っておきます。

created by Rinker
健栄製薬
¥828 (2019/04/24 13:53:38時点 Amazon調べ-詳細)

パッキンのしつこいカビは「パック」して落とす

しつこいカビには殺菌・消毒作用と漂白作用のある次亜塩素酸ナトリウム配合の塩素系カビ取り剤か、塩素系漂白剤が効果的です。しかしそれらを使っても、長年放置した汚れカビの場合一度では落とし切れないこともあります。そんな時は、キッチンペーパーなどを使った「パック」でカビ取り剤を浸透させましょう。

①準備

塩素系漂白剤を使用する際は、必ずゴム手袋、マスク、めがねやゴーグルを装着しましょう。また、窓を開けて換気の良い状態で行いましょう。

②キッチンペーパーでパック

窓枠のパッキン部分にぬらして固く絞ったキッチンペーパーを貼り付けます。そこに塩素系カビ取り剤をスプレーするか、塩素系漂白剤を含ませます。スプレータイプでない場合は、液だれ対策として床に新聞紙などを敷いておきます。15分以上そのまま放置してからパックを剥がし、固く絞った雑巾かキッチンペーパーなどでよく拭きます。汚れがしつこい場合は、キッチンペーパーを三つ折りにしてパック効果を高めたり、パックの時間を長くとります。ただし、パックが乾いてしまうと効果がないので、一度で取り切れない場合は時間を置いて、換気を十分に行いながらこの作業を繰り返しましょう。

●●●
カビのプロ

パックで使用する際のキッチンペーパーは、吸水率が高く、破れにくいリードクッキングペーパーのようなフェルトタイプのものだと尚よいでしょう。液だれを防ぎます。

created by Rinker
リード
¥323 (2019/04/24 10:29:45時点 Amazon調べ-詳細)
③濡れ雑巾で拭いたパッキンが乾いてから、仕上げにエタノールを吹きつけて殺菌

殺菌効果が高いのは「消毒用エタノール」として売られているエタノールを70%程度に希釈したのものです。「無水エタノール」を使用する場合はあらかじめ、エタノールと水が7:3となるように水で薄めてスプレーボトルに入れましょう。

根強い汚れにはゴムパッキン用のカビ取り剤を

上記の方法でも残ってしまうしつこい汚れには、市販のゴムパッキン用カビ取り剤を試してみましょう。チューブタイプで塗りやすいのが特徴です。こちらも必ずゴム手袋を装着して取り扱いましょう。1の準備を行ってから、ゴムパッキン用カビ取り剤をパッキンの汚れが気になる部分に塗ります。この際液だれを防ぎ、カビ取り効果を高めるために、ぬらして固く絞ったキッチンペーパーを貼り付けておくとよいでしょう。15分以上置いてから、しっかりとぬれ雑巾でふき取ります。一度で落ちない場合は、間をおいて数回繰り返しましょう。最後に窓枠やパッキンをよく乾かしてから、仕上げに消毒用エタノールで殺菌します。

created by Rinker
レック (LEC)
¥540 (2019/04/24 10:29:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ジョンソン
¥306 (2019/04/24 10:29:46時点 Amazon調べ-詳細)
●●●
カビのプロ

市販のカビ取り剤を使って、窓枠のカビ取りを行う際もしっかりと換気を行いましょう。

窓枠のカビの再発を防ぐ方法

①こまめな掃除と換気

窓枠の汚れを溜めこむと、上記のような方法でも一度で落とし切れず、大掃除で時間も労力も使うことになります。また、カビを放置すると部屋の空気の汚れや体の不調につながりかねません。ほこりや結露はこまめにふき取りましょう。

空気の入れ替えを習慣化し、カビが根を張らないよう月に1度はエタノールスプレーで殺菌をしておくと、かなり繁殖を抑えることができます。

②結露を防ぐ方法は

結露対策にはこまめな換気が一番です。しかし、気密性が高く、室内外の気温差が激しい住宅では、換気や拭き掃除が追い付かないこともあるでしょう。結露対策に効果のある窓用の断熱シートや結露防止シートを貼る

冬の暖房の室温を上げすぎないなどの対処法もありますが、根本的な解決とはなりにくいです。可能であればリフォームの際に、断熱性が良く、遮音性も高く、結露が生じにくい複層ガラス(ペアガラス)を入れるか二重窓にすると、2枚のガラスの間に空気の層ができ、結露対策になります。最近ではDIYで、低コストでも作れる簡易二重窓のキットなどもあります。

お部屋のカビ対策は窓枠から

どんな場所のカビ対策にも換気が大切ですが、その換気のための窓そのものにカビが生えていると、換気の際にお部屋のなかにカビをまき散らしかねません。お部屋をカビの害から守り、新鮮な空気を循環させるためにも、窓枠のカビをしっかり除去して、カビを寄せつけないようにしましょう。

関連記事

  1. エアコンのカビで病気になるのか

  2. 食器にもカビが生えることはある!原因と対策について解説

  3. 床材のカビを除去する方法

  4. 【お悩み別】お風呂のカビ取り記事3選

  5. 本(書籍)に生えたカビを除去し、再発を防ぐ方法

  6. 台所のカビの原因と危険地帯は?カビを大量発生させない方法