増税前に買うべきカビ対策グッズ

2019年の10月より、いよいよ消費税が10%になります。今回は軽減税率制度ということで、食品など一部据え置きのものもありますが、カビ取りやカビ対策に関するグッズやサービスは消費税が10%にアップします。

(参考:国税庁HPより)

まだ増税までに少し期間はありますが、カビ取り対策で必要なものは消費税が上がる前に準備しておいた方が良いかもしれません。そこで、増税前に購入しておいた方が良い「カビ取りグッズ・サービス」をご紹介したいと思います。増税だからと焦ってやみくもにそろえる必要はないですが、もしも今検討中で

「購入していた方が良いかな」

とずっと迷っていたものがあれば、増税前に購入されてはいかがでしょうか。

増税前に買うべきカビ対策グッズやサービス

カビ対策家電編

①除湿機

まず、増税前に準備しておいた方が良いものは「除湿機」です。

特に湿気の多い家の場合は

  • 北側の部屋
  • トイレ
  • 倉庫

など小さいものを複数個置くのも良いでしょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥12,800 (2019/10/22 15:31:43時点 Amazon調べ-詳細)

カビの発生条件は

  1. 湿度
  2. 温度
  3. 酸素
  4. 栄養素

この4つですが、特に「湿度対策」が非常に大事になります。通気性の良い室内だったら良いのですが、構造上どうしても通気性が良くない場合には、除湿機などを使用してカビの原因となる湿度を下げましょう。

特に、シャープの”プラズマクラスター”のように浮遊カビや菌を空気清浄化する機能のある除湿機は、除湿力も高いため部屋干しなどが多い家庭などにおススメします。

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥29,455 (2019/10/22 15:31:44時点 Amazon調べ-詳細)
②空気清浄機やエアコン

空気清浄機もカビ対策グッズとして大変おススメで、増税前に購入した方が良い家電の1つです。

空気清浄機は、除湿機とまた違いカビだけでなく

  • 花粉
  • ホコリ
  • ウイルス

なども綺麗にしてくれる効果があります。大通り沿いのお家などで窓がなかなか開けられない場合や、赤ちゃん、ペットがいるご家庭の換気対策としても有効です。特に、パナソニックの”ナノイーX”は、浮遊しているカビを付着させる効果があるそうです。

単価は40,000円台となかなか高価かも知れませんが、このように金額の大きいものこそ増税前の購入がお得です。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥49,300 (2019/10/22 15:31:44時点 Amazon調べ-詳細)

プラズマグラスターの空気清浄機も編集部イチオシです。部屋の広さや機能、予算に応じて条件に合いそうなものを選ぶと良いでしょう。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥30,000 (2019/10/21 16:11:16時点 Amazon調べ-詳細)

また、もしエアコンが古くなっていて増税前にエアコンの購入をと検討している場合には”空気清浄機能のあるエアコン”などもあります。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥57,270 (2019/10/22 15:31:45時点 Amazon調べ-詳細)

(※ 家電の価格は変動します)

③ふとん乾燥機

湿気が多い日本では、雨や曇りの日が続くと、お布団やベッドも湿気ますよね。この寝具の湿気が原因で壁や押し入れがカビてしまうということも。

そこでおススメなのが、ふとん乾燥機です。ふとん乾燥機はただふとんを温めるだけではなく、ふとんの湿気をカラッと乾燥させてくれます。

また、ふとん乾燥機の種類によっては「靴乾燥機能」「室内干乾燥機能」があるものも!

(ホースが2つ付いているアイリスオーヤマのふとん乾燥機は、同時に2つの布団を乾燥できて便利です!)

靴や部屋の乾燥にも活用したい場合は、袋タイプではないふとん乾燥機を選ぶと良いでしょう。

これ↑本当に便利です(編集部 談)

ふとん乾燥機は比較的リーズナブルに購入できる家電なので、除湿機まで買う予算がない場合などに活用すると良いでしょう。クローゼットや押入れの乾燥をする際にも活用できます。

編集部

実際に、アイリスオーヤマのふとん乾燥機をもっていますが、お布団がフワフワになるだけでなく、靴の乾燥や雨が続く日のお部屋の乾燥などにも使えてとっても満足しています。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥7,500 (2019/10/22 15:31:46時点 Amazon調べ-詳細)
④ドラム式洗濯乾燥機

洗濯ものを部屋干しすると、室内の湿度が上がるのでカビが生えやすくなります。そこで、大物家電としては乾燥まで済ませてくれるドラム式洗濯乾燥機が非常におススメです!

編集部イチオシは、パナソニックなのですが

アイリスオーヤマの洗濯機は、ドラム式洗濯乾燥機あるんです。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥67,330 (2019/10/22 15:31:47時点 Amazon調べ-詳細)

普通の乾燥機能付き洗濯機ではなくドラム式洗濯乾燥機をおススメする理由は、乾かす時に空気により触れることから洗濯物がフワフワになりやすいからです。ただし、自宅の洗濯機置き場のスペースに置けるサイズかどうかをしっかりと確認してから使用するようにしましょう。

⑤ロボット掃除機

直接的なカビ対策ではないのですが、カビ予防として忙しい方におススメなのが「ロボット掃除機」です!

ロボットが隅々までホコリを取ってくれるので、とっても便利です!1時間ほどで足元のざらつきなどもなくなります。中にはアプリなどで留守中に操作までできるロボット掃除機も!

ルンバなど高価なものも使い勝手がよく人気なのですが、2万円以下のお掃除ロボットでも充分に良い仕事をしてくれます。増税前に揃えたいカビ対策(間接的ですが)家電の1つです。

カビ対策サービス編

お家のリフォーム

いきなり、スケールの大きな話になりましたが、金額が大きいからこそ2%の増税で大きな差額が生まれますよね。そこで、増税前におススメのカビ対策サービスが”おうちのリフォーム”です。

既に、カビの浸食によって壁紙や床や窓際が破壊されていませんか?!このような場合は、専門業者による工事を依頼した方が良いでしょう。

●●●
カビのプロ

リフォームを依頼する際は、先にしっかりとカビ取りを行ってからお願いすることをおススメします。

カビ取り施工

  • 北側の部屋のカビがずっと気になっている
  • お風呂やトイレの壁にカビが大量発生している
  • 窓際の結露からカビが広がっている
  • 掃除をしてもしても部屋がカビ臭い

このようなひどいカビにお困りの方、市販のカビ取り剤での除去が難しい場合などは増税前にカビ取り施工を依頼してみてはいかがでしょうか。

カビ取りのプロに無料相談

まとめ

焦って”増税前だから”とたくさん購入する必要はないですが、もしも

  • 「ずっと購入を検討していたのよね」
  • 「部屋の施工をしようと思っていたのよね」

と思っていたものに関しては、これを機に買ってみてはいかがでしょうか。特に額が大きくなればなるほど増税後の負担も増えます。カビ対策グッズは食品のように賞味期限があるのもでは無いので、いずれ買うつもりであれば、今のうちに購入するのは賢い選択かも知れません。

関連記事

  1. 壁や玄関のサッシに結露でカビが生えたときの対策法

  2. 湿気が多い時期のカビ対策

  3. カビと関係性の深い害虫とは

  4. 新築だからこそ知っておくべきカビが生える原因と対策とは?

  5. ひどいカビを再発させない5つのポイント

  6. カビ対策でアルコールを効果的に使う方法とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。