カビアレルギーの症状とカビ取り掃除をする際の注意点とは?!

カビの生えた部屋にいるだけで辛いカビアレルギー

ハウスダストの方や、カビアレルギーの方にとって部屋に生えた少しのカビも見逃すことは出来ません。最初はクシャミや鼻水、目の痒みなど花粉症に似た症状なので気が付きにくいですが、進行していくうちに肺炎など重症をきたす可能性も?!

カビが生えないように注意はしているものの、部屋の立地や季節によってどうしてもカビが生えることが避けられない場合もあります。そして、生えてしまったカビは早めに除去してしまいたいもの。

●●●
カビに悩むAさん

カビアレルギーだから、カビ取り掃除をするのも怖いのよね

そこで、カビアレルギーの人がカビ取りをする際に注意すべきポイントをまとめてみました!

カビアレルギーと症状は?!

カビが原因(抗原)となり発症するアレルギー症状のことで、高温多湿な日本ではカビアレルギーの患者さんは多くいると言われています。シックハウス症候群とも言われます。基本的な症状は

  • 目の痒み
  • クシャミや鼻づまり

などですが、ひどくなると「喘息」や「気管支炎」「肺炎」などの原因になると言われています。

原因となるカビの種類

  • 黒カビ
  • ススカビ
  • 青カビ
  • 毛カビ
  • 赤カビ

などで、じゅうたん、床や壁、お風呂場やエアコンのフィルター、窓のパッキンなど至る所に存在しています。

また、カビによって脂漏性湿疹や水虫など皮膚炎の原因になることもあるので、カビアレルギーの人にとって抗原であるカビのある家というのは症状を悪化させる恐れのある環境とも言えます。その為、カビアレルギーの悪化を防ぐために住環境を整える必要があるのです。

(参考:厚生労働省のカビに関するプレゼンテーション資料

カビアレルギーを最小限に抑えるために必要なこと

では、この恐ろしいカビアレルギーの症状を抑えるためにまず大事なのが「カビを発生させないこと」そして「発生したカビを除去すること」です。

例えば「一時間に一回は換気を行う」など計画的に換気を行うようにすることも大事ですし、日当たりの悪い部屋の場合はサーキュレーターを設置したり、除湿器や空気清浄機を置いてカビの発生しにくい環境を作ることも大事です。

また、一度発生してしまったカビは目で見えなくても”胞子”という形で部屋中を飛び回ってカビアレルギーの人のQOL(生活の質)を下げてしまう恐れがあります。その為、カビを除去することも大事です。

ですが、カビアレルギーの人にとってカビは大敵です。その為、カビアレルギー、ハウスダストなどシックハウス症候群の方はカビを極力体内に入れないような形で防備して、カビを取り除く必要があります。

カビアレルギーの人がカビ掃除する際に気をつけるべきポイントとは?!

カビ取り掃除で体調を悪化させないために

では、カビアレルギーのカビ掃除を行う際には何を気を付けるべきでしょうか。以下にまとめてみました。

①換気を充分に行いながらカビ掃除をしよう

カビ取り掃除を行うと、カビが空気中にたくさん舞ってしまいます。そのカビを吸い込むとカビアレルギーが悪化する原因に。そこでカビ取り掃除をする際はしっかりと通気を確保しながらカビ取り掃除を行うようにしましょう。窓やドアなどを開けてる、換気扇をつけて部屋の空気が回るようにしましょう。

窓や換気扇がない場所の場合は、サーキュレーターや扇風機を置くなどして、風邪の通りをよくしましょう。

②マスクやゴーグルを付けてカビ掃除をしよう

また、カビアレルギーの人がカビ取り掃除を行う際に非常に重要なポイントが「マスクを絶対に装着する」ことです。ゴーグルなども装着するとさらに良いでしょう。普段使っている花粉や風邪予防のマスクでも良いですが、身体へのカビの影響を減らす為にできれば医療用のマスクをおススメします。

③カビ取り掃除後に体調が悪くなったら?

カビ取りをした直後の部屋は、付着していたカビが表に出てきて空気中にカビがまだ舞っている状態です。そこで、カビ掃除直後はしばらく換気を続けるか、部屋から1時間ほど出るようにしましょう。それでも体調が悪くなってしまったら無理をせずアレルギー科や主治医に相談されることをおススメします。

まとめ:カビアレルギーを悪化させないために無理は禁物

しかし、カビアレルギーの人にとってカビ取り掃除というのは、非常にリスクの強い作業です。重度のカビアレルギーの方はあまり無理をせず、カビ取り専用の業者にお願いすることをお勧めします。

カビアレルギーの人がカビ掃除をきっかけにカビを吸い込みさらに症状が悪化するパターンもあるそうなので、無理をせず自分の身体と相談をして対策していきましょう!

カビ取りのプロに相談

関連記事

  1. カビと関係性の深い害虫とは

  2. タンスのカビを除去する方法

  3. カビ対策専門会社が教えるカビキラーが効果的な理由

  4. 【Q&A】岩盤浴やヨモギ蒸しサロンにカビが生えやすい原因は?

  5. 同じカビでも強いカビ・弱いカビはあるのか

  6. 死に至ることも?!カビが身体に及ぼす影響と対策

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。