死に至ることも?!カビが身体に及ぼす影響と対策

カビを単なる汚れの1つ程度に考えている人も多いですが、カビは時に健康被害を引き起こす原因になります。
特に見えない場所にあるからといって放置するのは危険です。
カビアレルギーがある方や小さなお子様のいる家庭では特に気をつけなければいけません。
そこで今回はカビが身体にどのような悪影響を及ぼすのか、
また特に身体に影響を与えやすいカビと健康被害を防ぐ方法について解説します。

1.カビが身体に及ぼす影響

カビが原因で起こる鼻のムズムズ、目のチカチカ、気になりませんか?!カビは知らず知らずのうちに私たちのカラダに悪影響を及ぼしていることがあります。

その為に、まずはカビが体に与える悪影響とはどのようなものかを知りましょう。
危険性を知ることが、安全への第一歩です。

1-1.アレルギー疾患

花粉による花粉症、ホコリなどによるハウスダストなどのアレルギーと同様に、
カビの胞子などを吸い込むことによりアレルギー反応が起こる場合があります。
アレルギーの症状としてまず挙げられるのが喘息。
梅雨時期や夏など、湿気が多い時期に咳がひどくなるならカビアレルギーかもしれません。

次に鼻炎。くしゃみや鼻づまりなど、一見すると風邪のような症状が現れます。
風邪による症状との大きな違いは鼻水の質。アレルギーの場合は透明でサラサラとした鼻水になります。
鼻炎は1年を通して症状が出ますが、カビが原因の場合は窓を閉め切った状態にするとより悪化するといわれています。

アレルギー疾患は風邪と似た症状だけではありません。例えばその1つとして、皮膚炎を引き起こすことがあります。
特にアトピーを患っている人は症状も重くなりがち。
カビが原因である場合、掃除をする際にはゴム手袋を着用するなど、肌に触れさせないよう一層の注意が必要となります。

1-2.肺の病気

トリコスポロンというカビは夏型過敏性肺炎という病気を引き起こします。
トリコスポロンは台所やキッチンなどの水回りに生えやすい白カビの一種。
夏型過敏性肺炎は発熱や咳、だるさが主な症状として現れます。

この病気はカビのある環境から離れるだけでも症状が和らぐことが多いです。
外出時に症状が軽くなるようであれば夏型過敏性肺炎の疑いがあります。

1-3.皮膚の病気

足のかゆみを引き起こすことで知られる水虫もカビが引き起こす病気の1つです。
水虫は白癬菌(はくせんきん)というカビが足で繁殖することによって引き起こされます。
ひどくなるとかゆみだけでなく、皮がむける、痛みが出る、腫れるといった症状が現れることも。
治療から完治するまでには短くても数か月かかるやっかいな病気です。

1-4.目の病気

角膜真菌症という病気もカビが引き起こす病気の1つです。
コンタクトレンズに付着したカビや目に入ったホコリやチリに含まれるカビが目に移り発症します。

初期の症状は異物感や痛み、充血。悪化すると角膜が白く濁ってしまうことも。治りにくく治療が長引くことが多いのも特徴です。

チカチカが気になる場合は眼科検診も

カビの影響を防ぐためにも、コンタクトレンズは清潔に保ち、目がチカチカする場合には眼科で診断を受けることをおすすめします。

1-5.死に至る例も

黒カビの原因となる菌の1つに、エクソフィアラという菌があります。
この菌は小さな傷口から体内に侵入し、傷口にひどい炎症を引き起こします
。血流で身体中に運ばれ、脳や肝臓に膿瘍をつくることがあり、それが原因で実際に亡くなった例もあります。

カビくらいでと放置していませんか?

たかがカビされどカビ。カビを放置していると体調不良だけではなく慢性疾患の原因に繋がることもあるので

早めの対策が重要になるのです。

プロのカビ取り職人

2.身体に影響を与えるカビとは

私たちの身の回りで特にどのようなカビが身体に影響を与えるのか、具体的な例を見てみましょう。

2-1.食べ物のカビ

カマンベールチーズに生える白カビやブルーチーズの青カビなど、食べても問題ないカビもありますが、
一般的にカビは食べていいものではありません。
たとえば放置した食パンに生えるカビ。
少量であれば問題ないとされていますが、できればカビが生えた食べ物は食べずに捨てましょう

2-2.壁紙のカビ

カビは十分に成長すると胞子を散らします。
壁紙に生えたカビは室内に胞子を広く散らし、他の箇所にカビが生える原因となるほか、
先ほど紹介したようなアレルギー症状や病気を引き起こします。

2-3.エアコンのカビ

エアコンといえば室内の空気を循環させるのが役割です。
しかしエアコン自体にカビが生えていると、部屋中の隅々までカビの胞子を飛ばすことになりかねません。
エアコンの近くで異臭がするならカビが生えている可能性が高いです。十分に注意しましょう!!

特に季節の変わり目で、久しぶりにエアコンを稼働させる場合、表面部分だけの掃除で済ませていませんか?!

部屋中にカビをまき散らす前に、エアコンもカビ対策をして健康への影響を最小限に抑えましょう。

3.カビによる健康被害を防ぐために

カビに健康を害されないためには、カビそのものを発生させないことが大事です。
ここではカビを掃除する上で気をつけること、カビを予防するために気をつけることの2つに分けてご説明します。

3-1.掃除する上で気をつけること

カビ掃除を行う上で一番気を付けなければならない事が掃除によるカビの胞子の飛散です。
よって掃除を始める前には必ず窓やドアを開け放ち、換気を行いましょう。
またマスクをしてカビが鼻や口に入らないようにすることも重要です。
そしてほこりが上がりそうな場合は、先に固く絞った雑巾などでカビの表面を拭いて、胞子が巻き上がらないようにしましょう。

※注意※
カビ掃除に使う薬品はカビ取り剤など、使い方によっては人体にも悪影響を及ぼすものが少なくありません。
使用上の注意は必ず一通り確認してから使いましょう。

3-2.カビを予防するために気をつけること

カビを予防するためには湿度を高くし過ぎないことが重要です。
1週間に1度程度を目安に定期的に換気する、夏場であれば除湿器を使用するなどの対策が有効です。
理想は常に湿度が60%を下回っている状態がベストです!

とは言っても気をつけていてもカビが発生してしまうことはあるでしょう。
よって、少しでもカビを見つけたら小さいうちに対処しておくことも大事です。

カビの存在は見た目が悪いだけでなく健康にも悪影響を及ぼします。
自分のためにも家族のためにも、カビの除去を始めましょう。

不調の原因がカビかも?!と思ったら

家のカビは放置しておくと、恐ろしい身体への影響をもたらす可能性があります。

鼻炎や喉のイガイガなど体の不調がもしかしたら「カビ」かも?!と思ったら早めの対策を行うことをおすすめします。

関連記事

  1. カビと関係性の深い害虫とは