エアコンのカビで病気になるのか

部屋の温度を適切に保ってくれるエアコン。日常を快適に過ごすことができますアイテムですが、弱点も存在します。それは、内部にカビが生えやすいということ。実際にエアコンをつけてみて、何だか変なニオイがしたこと、ありませんか?その場合、かなりの確率でカビが発生しています。

今回は、エアコンのカビが原因でどんなことが起こるのか、病気にはなるのか、エアコンのカビ対策と除去方法について詳しく解説していきます。

エアコンのカビを放置することによる危険

エアコンに生えてしまう嫌なカビですが、変なニオイがするくらいだし放っておいても別に良いかな、などと思っていませんか?しかし放置すると、危険な目に合うことも…

●●●
カビのプロ

エアコンから、カビ臭いにおいがしたら、そのまま放置するとカビアレルギーを発症する恐れが…すぐにカビ取りを行いましょう!

①体に悪影響を与える可能性が高い

冬は暖房、夏は冷房と、1年を通して使用頻度の高いエアコン。実は、エアコンの内部にはカビが潜んでいることが多いのです。

その状態で運転をすると、カビがエアコンの風によって部屋の中に巻き散らされることになります。それを体内に吸い込んでしまうとアレルギーを引き起こしたり抵抗力が低下したりなど、さまざまな悪影響を受ける可能性が。実際、エアコンのカビによって、喉の痛みや咳が慢性化し喘息や肺炎などの病気を患ってしまうケースもあります。そのため、少しくらいと侮ってはいけないのです。

目がかゆくなる、鼻水が止まらない、皮膚のトラブルなど症状には個人差がありますが、一般的には弱っている部分に出ることが多いです。免疫力が弱い乳幼児や高齢者がいる家庭の場合は特に危険です。

●●●
カビ悩み子

あら、大変!いつもエアコンのカビ臭いのをそのまま放置して使っていったわ。どおりでくしゃみが出ると思ったのよね…

②エアコンにカビが発生しているかの確認方法

エアコンにカビが発生しているかを確認するための方法はいくつかあります。エアコンの送風を開始したときのニオイに違和感があるか?が一番のポイントですが、その他に「吹き出し口の黒ずみ」「風量の低下」なども目安となるでしょう。また、エアコンをあまり使用していない場合でも、掃除をしなければカビは発生するものです。では、エアコンにカビを発生させないためにはどうしたらいいのでしょうか?それは次の項で説明していきます。

エアコンにカビを発生させないためにできること

それでは、エアコンにカビを発生させないためにできることを説明していきます。どんな方法があるのか?手間がかからないかどうかをチェックしていきましょう。

①定期的にエアコンを掃除する

定期的にエアコンを掃除することは、カビを発生させないために欠かせないことです。エアコンの表面やフィルターだけでなく、分解して内部の掃除を行うとより効果的です。

1.フィルターを取り外して掃除機をかける
2.フィルターを水洗いして日陰干し
3.前面パネルが取り出せるのであれば、水洗いもしくは中性洗剤で拭き上げる
4.吹き出し口を拭き上げる

この流れで行います。また、エアコンの掃除が終わったあとにカビ防止効果がある「カビ防止スプレー」を使ってみるのも良いでしょう。なお汚れやケガ防止のため、電源プラグは抜いておくこと。また故障防止のために、電装・電極部分には注意し、体重や力をかけないよう掃除をしてください。

created by Rinker
らくハピ
¥568 (2019/04/25 03:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

②エアコンを使った後の送風がポイント

エアコンを使った後はそのままにしがちですが、送風運転を行うこともカビ予防に有効とされています。

エアコンは機能上、内部に結露が発生しやすく、それが原因でエアコンにカビが発生してしまいます。そこでエアコンを使い終わったら、20〜30分ほど送風運転をしてください。そうすると結露を蒸発させることができます。もし外出の予定がある場合は、タイマーを使ってカビ対策をするのも良いでしょう。

カビ対策するのは面倒!そんなときはどうする?

エアコンとカビの関係性について理解できたものの、定期的に掃除することは面倒だと感じる方もいることでしょう。そんなときは、人任せにすることも方法の一つです。

①信頼できる業者を探して依頼

エアコンを安全に隅々まで掃除することは難しいですし、自分でやるには面倒に感じる手順が多いもの。できればやりたくない!と思う方であれば、専門の業者に掃除を依頼する方法があります。プロの手で行うため、エアコンの分解や組み立ても安心してお願いできますし、驚くほどきれいな状態に仕上げてもらうことができます。ただし、エアコンのメーカーによっては掃除しにくいものもあるようです。事前に添付されているメーカーの取り扱い説明書を参考にした上で、業者にお願いしてみると良いでしょう。

エアコンお掃除

エアコンの掃除にお金をかけることに前向きになれない方もいるかもしれません。しかし、病気になった場合はさらにお金がかかってしまいますよ。

②業者選びに失敗しない方法

エアコンを掃除してくれる業者の中には優良な業者もいれば、そうでない業者もいます。また、作業のレベルや仕上がりの技術にも大きな差が出ることがあります。お金を払って失敗した!なんてことにはなりたくないですから、業者選びについても事前に知っておくようにしましょう。

基本的には使っているエアコンのメーカー、機種、使用状況や年数によって掃除の方法が変わりますので、エアコンを購入した販売店、もしくはメーカーに問い合わせて業者を探してもらう・紹介してもらうのが一番安心です。

その他、業者選びに失敗しないためのポイントとして、以下の点に気を付けてみてください。

・ホームページに運営者の情報が記載されている業者
・作業の具体的な価格を明示している業者
・エアコンを掃除することの必要性、タイミングを詳細に説明できる業者
・最近の主流でもある、フィルター自動掃除機能つきエアコンの掃除ができる業者
・明朗会計で追加料金などが発生しない業者

エアコン内部の油汚れまでしっかり落とす「おそうじ本舗」エアコンクリーニングがおススメです。



まとめ

定期的にエアコンを掃除したり、使用後に送風を行ったりすることで、エアコンに発生する嫌なカビへの対策は可能です。または業者に掃除を依頼する方法もあります。健康で安心した毎日を過ごすために、できることを行うようにしましょう。

関連記事

  1. 天井のカビを放置すると危険!除去と予防法について解説

  2. 冷蔵庫のカビを除去する方法

  3. フローリングに生えたカビの除去方法と再発防止法

  4. トイレの壁にカビが生えた…その原因とは

  5. 青かびを掃除するとき、水拭きしたら取れたけど、それでいいの?

  6. 押入のカビを除去する方法とその後の手入れ