カビによる困った被害

カビは発生するとただそこに存在しているだけでなく、栄養を摂取後に排泄物を出したりします。この生き物としては当たり前の行動によって引き起こされるのが、『カビによる困った問題』として私たちに襲い掛かってきます。今回は実際に人の生活環境内にカビが発生し続けるとどの様な問題が発生するのか。これについて触れて行こうかと思います。

カビの臭気

カビ臭いということは既に〇〇が発生している?!

●●●
カビ悩み子

カビは生えていないんだけど、なんだか部屋がカビ臭いのよね

ということはありませんか?!

人が五感の一つである嗅覚で化学物質を感じとる事を『におう』といい

その対象物質が人にとって好ましい場合を『匂い(または香り)』、嫌な場合を『臭い』と言います。

『におい』の原因物質は、とても小さな揮発しやすい物質であり、カビは生活する上でこの臭いを排出します。
味噌やコウジカビ、一部のチーズの匂いもカビの排出物によるものですが、これらは好ましい例です。問題なのは部屋の隅などからする、『カビ臭』でしょう。
臭い程度ならと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、臭いがする程にカビが室内で群生していると考えて下さい。またカビの臭い物質は揮発性の化学物質ですので、化学物質過敏症等の原因となる場合があります。

本当は怖いカビの毒素

カビ毒が原因で引き起こされる健康障害とは?!

カビが作り出す毒を、mykes(ギリシャ語でカビ)、toxicum(ラテン語で毒)を組み合わせて、マイコトキシン(カビ毒)と言います。マイコトキシンには様々な種類の毒素が存在し

  • アフラトキシン
  • オクラトキシン

などカビの種類によって様々なカビ毒が作られます。発生しやすい食品とカビ毒の例を以下にまとめてみました。

主にカビ毒は

  • アオカビ
  • アカカビ
  • コウジカビ

の仲間が作り出します。
カビ毒は高い濃度で接種すれば急性毒性を示し、少しの濃度を長期間接種すると慢性毒性を示します。急性毒性としては下痢・嘔吐・肝障害・腎障害など、慢性毒性としては発がん性、崔奇形性などが知られています。

(参考:HACCP関連情報データベース「化学的危害要因”マイコトキシン”」

●●●
カビのプロ

カビ毒は、このように発がん性など強い毒性を持つものもあります。また、食べるだけでなく呼吸器で吸い込むことによる健康への影響もありますので要注意です。

※こちらではカビの危険性についてお話していますが、無論作らないカビも多数存在しています。代表的なものは、日本酒・味噌・醤油などに使われる麹カビ、チーズに使われるアオカビやシロカビなどです。

カビによる劣化

カビは

  • 呼吸
  • 食べ物から栄養を吸収
  • そして排泄

をしながら成長します。先程はその過程においてカビ毒が発生するお話をしましたが、他にも悪影響を及ぼす化学物質が分泌されます。例として挙げられるのが栄養源を消化する際に用いた消化酵素です。この消化酵素は衣類などの場合は繊維を痛めつけボロボロにし、穴をあける事に繋がり、金属やプラスチック製品の場合には劣化速度を著しく早める結果などに直結します。また繁殖の過程では根を張る事で物理的に周りの物を押しのけて破壊する結果にも繋がります。


食品でこの作用が起こった場合、悪臭を放ったり毒素を作りだしたりして人が食べる上で好ましく無い状態になります。勿論発酵食品の様に劣化が良い結果を生み出すことはありますが、それはあくまでも管理の上で生まれたものである事を理解して下さい。

小物や衣類がカビてしまったら?

まずは、市販のカビ取り剤やアルコール消毒剤を吹きかけて乾拭きしカビを除去しましょう。小さなカビであればこれで落とすことが出来ます。しかし、全体に広がってしまっている場合や着物のように布地が広いものの場合はガス滅菌をして除去するという方法もあります。特に高価な衣類やブランド品のカビにはコスパの高いカビ取りと人気です。

カビ取りの専門家に無料相談

カビが原因で起こる疾患とは?!

カビが原因の疾患には主に

  1. カビによる感染症
  2. カビが作り出した毒が原因の中毒症状
  3. カビ自体がアレルゲンとなって引き起こされるアレルギー疾患

この3つが挙げられます。
感染症には、体内の臓器に感染する深在性真菌症と、皮膚など表面に感染する皮膚真菌症(表在性真菌症・深部皮膚真菌症)があります。水虫等であればまだ良いですが、臓器に起こる感染症は発見が遅れれば完治が特に難しく、非常に厄介なものが多いです。

カビ毒による中毒症状

カビ毒による中毒症状は、毒を接種してからすぐに症状が出る急性毒性、長い時間をかけて症状が出る慢性毒性があります。急性及び慢性毒性は毒素の接種量に起因するものと言われていて、一種類の毒素でも多量接種をすれば急性毒性を示し、少量を長期間接種すれば慢性毒性を示します。

●●●
カビのプロ

カビによる慢性毒性も急性毒性も非常に恐ろしいです。少量だから大丈夫という訳でもないので、カビにはなるべく触れない方が良いでしょう(無毒のカビもありますが肉眼では見分けが難しい)

カビ毒によるアレルギー疾患

カビが原因となるアレルギー疾患には、カビ自体の吸入による

  • 気管支
  • 肺の疾患
  • 皮膚

への付着による疾患、カビ由来の揮発性物質(臭気等)による化学物質過敏症が挙げられます。このアレルギーが出始めたら感染症のリスクなども大幅に高まっている事を念頭に置いて下さい。

●●●
カビのプロ

カビの被害を最小限に抑えるためにも、カビを発見したら市販のカビ取り剤やアルコール消毒剤などでカビ除去しましょう。

created by Rinker
健栄製薬
¥900 (2019/09/15 14:45:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ハイター
¥498 (2019/09/15 14:45:13時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回はカビによる被害として

  • 臭気
  • 毒素
  • 劣化
  • 疾患

と分けて話をしました。いずれもカビによる被害を調べた時の大きな分類枠となるキーワードです。いずれも個々に独立している訳ではなく、相互に関連し合い、カビによる被害を引き起こしています。
この様にして全体像を把握する事でカビによる被害の実態が掴みやすくなり、対策を立てるきっかけとなりますので、参考にしてみてください。

関連記事

  1. 新築の家をカビから守るために知っておきたいこと

  2. 死に至ることも?!カビが身体に及ぼす影響と対策

  3. 増税前に買うべきカビ対策グッズ

  4. カビを発生させないための対策方法

  5. カビの発生要因4つ

  6. 賃貸でカビを生やしたら誰が負担するの?